1アカウントわずか200円から!kincone(キンコン)の料金・評判・使い方は?

最終更新日 

kinconeとは、勤怠管理と交通費精算がICカードタッチで簡単にできて、即日導入と低コストでの導入が可能なクラウドサービスです。交通系ICカードを読み取るだけで、勤怠管理と交通費精算ができる効率的な誰にでも使いやすいソリューションです。

Excelで行う管理の手間が大幅に削減できるので、管理工数の削減・人件費の削減にもつながることから、コストカット効果の高いソリューションでもあります。

kinconeの特徴

ICカードで勤怠管理

ICカードとカードリーダーの読み取りで、勤怠打刻管理が簡単にシステムで行えるようになります。キンコン!となったら出勤・退勤が記録されます。

ICカードで交通費精算

交通費精算は、例えば外回りの多い職種では都度の記録と精算に手間がかかりがちです。Excelで月次に出すことになると、手間がかかる・漏れやわすれが生じがちです。さらに、支払いを行う手間も重なり、工数が非常に多くなります。

kinconeではICカードの記録をそのままに申請できるので、間違いもありませんし、申請も簡単です。

kintone(キントーン)との連携で、さらに便利に

ワークフローでの承認機能や、シフトの管理は、kintone(キントーン)との連携があると効率的に行うことができます。

モバイル連携も

ユーザーは、モバイルアプリを利用することで手軽に勤怠管理と交通費精算が可能です。外出先からモバイルアプリでkinconeの機能をすべて利用することができます。

kinconeの機能紹介

打刻の方法が豊富 ICカードにSlack、Chatworkでも

勤怠管理のシステムで、打刻の管理を適切に行えないことは、労働時間の管理も不適切である可能性が高く、残業代の追加支払いのリスクも生じます。

この点、kinconeはICカード・スマホ・PCの他、SlackやChatworkからの打刻も可能です。GPSとの連携で場所を把握することもできます。外回り社員にも、常駐外注などで客先にいる社員にも使いやすい打刻方法をそろえ、管理もしやすい機能を備えています。

就業形態別に管理できる時間管理機能

シフト制のパート・アルバイト、客先常駐・フレックスの適用対象社員など、就業形態別の勤務時間管理が可能です。

時間は、グラフでも一覧でも自在に表示可能で、残業時間も一目で把握できます。

ダウンロードして取り出すこともできますし、打刻漏れや残業時間はアラートがでますので、記録も正確です。

交通費精算もICカードで読み取るだけ

交通費は、ICカードに記録されたそのままのデータを精算に持ち込むことができます。打刻の際に交通費データもワークフローで申請を上げることが可能です。また、管理者が交通費一覧をCSVでダウンロードして、経理システムなどに流し込むこともできます。

kinconeの強み

低価格に強み

1人200円で、勤怠管理・交通費精算ができるのは業界最安レベルです。

シンプルに、勤怠管理と交通費精算の機能にしぼって、管理のためにかかる工数と人件費を削減するなら、費用対効果が極めて高いクラウドサービスです。

他のシステムとの連携に強み

Slack、Chatworkとの連携に加え、kintoneを導入している環境では、シフトや工数と結び付けての予実管理・原価管理など、プロジェクト管理がしやすくなります。

やや複雑な承認系統があるプロジェクトもkintoneで管理するとワークフローの設定も簡単です。

GSuite・Office365のカレンダーにkinconeの内容を表示させることもできます。

働き方改革 法令対応に強み

シフト制や、複数の勤務形態など、時間管理パターンが多数になっても、時間管理は簡単な管理画面の操作で適切に設定できます。働き方改革関連の法令遵守にも強みがあるといえるでしょう。

使い勝手に強み

見やすいUI・ICカードの使いやすさで、誰にでも使いやすい操作性も評判です。

料金プランについて

料金プランはとてもシンプルです。1アカウント当たり200円で利用できます。

2020年1月現在、2か月分の料金が無料のキャンペーン期間になっており、導入のチャンスといえるでしょう。

口コミ・利用企業の評判

シンプルで使いやすく、Office 365 との連携で工数50%削減

導入を企画し決定する立場だったのですが、全社的な働き方改革プロジェクトのコストカットの課題の中で、Excelによる勤怠・経費の管理を何とかするつもりで導入しました。

実際に、Excelだと作業で10日前後かかっていたこれらの業務が承認日数まで入れて5日かからなくなっているのは目に見える成果でした。Office 365 とのカレンダー連携も照合や訂正に非常に役立つとの作業側からの意見が出ています。

(サービス業/経営企画/30代)

打刻、交通費精算が簡単。残業は減らせていると実感する。

外回りの交通費精算を申請書と、記録のExcelファイルの提出で行っていた。

今は本当に簡単に交通費精算もできるので、日々細かく残業が減っていると思う。以前は元データの確認なども求められることが多かったが、今はそういうこともない。

(ITサービス/技術営業/20代)

類似サービスとの違いは?

バイバイタイムカードが最もKinconeと類似する機能を備えています。料金体系が異なりますが、1人当たりのコストの面で、ややkinconeに分があるものと思われます。

あとは、例えばジョブカン勤怠管理や勤怠管理King of Timeのような多機能・管理者向け路線をとるか、あるいはシンプルに勤怠管理と交通費精算にフォーカスし、現場ユーザーの使い勝手を重視するか、といった比較の軸を考えると選びやすいでしょう。ただし、kintoneのユーザーであれば、kinconeが多機能も実現でき、費用対効果の面でメリットが大きいはずです。

画像・データ出典:kincone公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 村上 理恵

大学院修了後、国内・外資系ITベンダー・大手コンサルティング会社で約20年間の勤務。販売管理システムとの付き合いからキャリアをスタート、導入プロジェクトでPM経験を多数積んだ後、システム開発時の外注リスク管理・導入時のシステムのリスク評価などのアドミ業務にも従事。現在もコンサルタントとして、中小企業の業務改善・システム導入・ITインフラの整備を支援する中小企業のDXエバンジェリスト