HITO Linkリクルーティングの料金·評判·機能について。月額7万円から利用できる?

最終更新日 

少子化に伴い人材不足が深刻化している時代に、採用担当者が複数業務を兼務していて業務がスムーズに行えない場合や多数の応募に対応しきれない企業が少なくありません。
そこで、インターネットを使った採用活動を効率化するためのサービスを導入する企業が増えてきました。
その1つであるHITO Linkリクルーティングの特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

HITO Linkリクルーティングとは

HITO Linkリクルーティングは新卒採用から中途採用、アルバイトなどあらゆる採用業務を求人募集から結果通知の段階まで自動化·効率化を図り、採用オペレーション業務の削減と採用スピードの向上を実現してくれる採用管理システムです。

HITO Linkリクルーティングの特徴·機能

HITO Linkリクルーティングの特徴と機能を見ていきましょう。

応募者データの自動取り込みや紹介会社連携

dodaやIndeedをはじめとする求人サイト30媒体以上のデータ取り込み作業の自動化が可能です。
紹介会社連携専用のページを通じて求人案件の公開から、候補者の推薦を受け付け、管理までHITO Linkリクルーティングを通じてスムーズに行えます。
新卒および中途採用の正社員募集はもちろん、アルバイトやパートの募集も網羅できるので、業種を問わず、求人募集を効率化できます。

進捗管理

カレンダー機能で面接日の調整やキャンセル、リマインド通知の設定ができ、メール管理機能を用いれば、候補者とのメール送受信履歴と選考情報を紐づけた、わかりやすい管理が可能です。
ダッシュボードで面接未設定者等の数値をリアルタイムで把握でき、進捗状況や候補者に対する対応履歴の登録や管理もできます。

データ蓄積と分析機能

エントリー数の推移や職種ごとの選考進捗状況、選考ステップごとの歩留まり率をダッシュボードで簡単に確認できます。
案件別、流入元別、選考タイプ別でのKPI分析や媒体ごとの応募数、合格数、決定数を用いたROI分析なども可能です。

HITO Linkリクルーティングの強み

HITO Linkリクルーティングを導入することで、求人の公開から応募受付、面接調整や内定通知に至るまでシステムのサポートが受けられるため、オペレーション業務にかかる時間の削減と人為的ミスの削減につながります。
内定までのリードタイムを短縮でき、データ蓄積と分析で採用課題を発見し、母集団の有効活用が可能になります。

HITO Linkリクルーティングの価格·料金プラン

初期費用なし、月額7万円~ですが、契約プランやオプション機能によって異なるため、詳細な料金については要問い合わせです。
2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

HITO Linkリクルーティングの注意点

登録から利用まで1ヶ月ほどかかります。
類似サービスでは1週間から2週間といったケースが多いので、やや時間がかかるかもしれません。
一方、利用説明会で操作方法を丁寧にレクチャーしてくれるため、安定運用までのスパンは短期で済みます。

HITO Linkリクルーティングの導入事例·評判

求める人材の獲得数を昨年比2.5倍に

“採用オペレーション業務の作業負担を大幅に軽減でき、選考プロセス全体の最適化につながりました。余裕ができた時間を採用戦略の立案や候補者フォローに回すことができるようになり、人材獲得数が昨年の12名から30名と2.5倍にアップしました。”(株式会社スペース様)

選考のリードタイムを1/3に短縮

“採用オペレーション業務の自動化で効率化できた時間を、候補者のフォローや選考に集中させ、選考リードタイムの短縮を実現できたのがメリットです。採用施策のPDCAを素早く回せるようになり、選考のリードタイムを1/3に短縮できました。”(株式会社フォーカスシステムズ様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるJobSuiteは中途採用実務にこだわった採用管理システムで、募集準備の負荷を軽減し、応募者の受付業務の効率化を図り、選考に関わる連絡業務をスピードアップさせてくれます。
費用は1法人あたり月額5万円~で企業ごとにプランが提案されます。
HITO Linkリクルーティングは新卒や中途からアルバイトやパートなどのあらゆる採用業務を自動化·効率化を支援してくれるシステムです。
採用オペレーション業務を削減し、採用スピードの向上を実現できます。
初期費用なし、月額7万円~ですが、具体的な費用は契約プランやオプション機能によって異なります。

HITO Linkリクルーティングで採用業務の効率化を

HITO Linkリクルーティングは求人募集から応募受付、面接調整などのやり取りや選考通知に至るまで採用オペレーション業務の自動化と効率化を図り、採用そのものに向き合う時間を生み出しますことができます。
選考のリードタイムの短縮化に役立ち、選考業務に集中することで自社にマッチした人材の募集が効率的に行えるようになるのがメリットです。

画像·データ出典:HITO Linkリクルーティング公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載