人材管理とは?その方法と人材管理システムのおすすめ5選を紹介

最終更新日 

働き方の多様化や少子高齢化によって多くの企業では人材不足が課題となっています。

また、新型コロナウイルスによる景気悪化の影響で大幅な人員削減を行った企業も多く、限られた人材で今までと同様以上の生産性を発揮しなくてはいけなくなりました。

そんな状況において、今まで以上に注目されているのが人材管理(人材マネジメント)です。

人材管理という言葉がビジネスシーンにおいて聞かれる機会が多くなったが、どんな意味を持っているのか、どんなことに注意して人材管理を行えばいいのか、人材管理を効率化するシステムを知りたいといった方に向けて本記事で解説をしますので参考にしてください。

人材管理とは?その重要性を解説

人材管理とは、組織に属する人材(人的資源)を効率的に活用して生産性を向上させ、企業の経営戦略を実現する取り組みになります。

IT技術が発展した現代では人材管理システムを用いて人材管理を行う企業が多く、人材の採用や教育、人事評価などの人事業務を一元管理しています。

人材管理を行うことで、人事業務の効率化や従業員の生産性アップなど様々なメリットが生まれるため多くの企業で注目されている取り組みです。

人材管理の重要性

少子高齢化や働き方の多様化で、人材不足が企業の課題となっている現代では従来のように採用活動に予算を割くことが難しい企業も多く、限られた人材で最大限の生産性を発揮することが望まれています。

また、年功序列制度ではなく成果主義が人事評価の基準となっている企業も多いため、個人のスキルや経験を活かせる人材配置が重要になりました。

このような背景もあり、2010年以降は多くの企業で自社の競争力を高めるために人材育成や人事制度に注力する動きが見られています。

ますます激化する企業間の競争に生き抜くためには、人材管理を疎かにすることはできず、効率化システムを活用して自社の人材管理体制を強化することが必須と言えます。

人材管理をする上で留意しておくこと

経営視点だけではダメ

人材管理は総合的な目的としては企業の経営戦略を実現するために行うものですが、経営視点だけでなく個人の視点も取り入れることが重要です。

人材活用のために必要な制度を取り入れることで、結果として企業としてのミッションを実現できる形になるのが理想的と言えます。

人事部門だけでなく、経営層や部署ごとの管理職など全社で連携して人材の活用方法や採用活動を行っていくことを意識しましょう。

自社にあった人材管理システムを導入する

人材の適切な配置が必須となっている人材管理では、社員数が多くなるほど手動で管理することは難しくなります。

IT技術が発展した現代においては、人材管理システムを導入して人事業務の一元管理を行うことが主流となっていますが、システムによって特性はそれぞれなので、自社の目的にあった人材管理システムの導入が重要です。

多機能であることよりも、自社の課題を解決できるシステムだけを搭載した操作性に優れた人材管理システムを導入するようにしましょう。

人材管理の方法とは?管理すべきポイント

課題を明確にする

人材管理において重要なポイントは、事前に課題を明確にしておくことです。

社員側の課題だけでなく、企業としての課題も明確にして、経営ビジョンと社員の目標に一貫性を持たせましょう。

社員としても、自分の目標達成が企業としての成長に繋がっていることがわかることでモチベーションの向上にもつながりますし、目標を見失うということもありません。

昨今ではOKR(Objectives and Key Results)やKPI(Key Performance Indicators)、MBO(Management by Objectives)など目標管理の手法も多様化しているので、自社にあった目標管理を取り入れるとより効果的です。

OKRについてはこちらの記事も参考にしてください。

課題と現状の照らし合わせを行う

自社の課題を明確にして目標の設定ができたら現状での足りない部分を確認しましょう。

目標達成のために必要な人員、スキルなどを確認し、人員不足や社員の能力不足が考えられるようであれば人材の補充や人材育成に力を入れるなど方向性を定めることができます。

フィードバックを行う

社員が設定した目標に対してのフィードバックや、目標達成までの過程に対してフィードバックを行いましょう。

フィードバックが行われていないと、社員は良かった点やどこがいけなかったのか、どう改善するべきなのかがわからず自己成長へとつなげることができません。

逆に、的確なフィードバックを行うことで、社員のモチベーション向上や企業へのエンゲージメントの向上が期待できます。

人材管理システムを使うメリット&デメリット

メリット

人材の発掘ができる

人材管理システムを利用することで、各部署にいる散在している人材情報を一元管理できるようになります。

人事評価の情報だけでなく、直属の上司が社員に関する能力や経験を入力できるサービスも登場しているので、定型的な情報だけでなくリアルな人材情報の管理が可能となるというメリットが生まれます。

より詳細な人材情報が管理できることで、プロジェクトごとに最適な人材を抽出するのに活用することができるようになるのです。

人材育成の効率化

人材管理システムにはeラーニングや社内マニュアルの作成機能などが搭載されているものもあり、人材育成の効率化が実現できます。

オンライントレーニングに注力した人材管理システムも多く登場しており、専門的な技術についても学習できたり昨今のテレワークのような在宅環境でも人材育成ができるというメリットがあります。

適切な人材配置が可能に

人材管理システムを導入することで、社員一人ひとりのスキルや経験が可視化できるようになり、客観的な評価が可能となります。

今まで以上に一人ひとりの人材が持つ特性を理解できるようになることで、適切な人材配置が可能となり経営戦略に活かすことができるようになるというメリットが生まれます。

社員のモチベーションアップ

人材管理システムによって適切な人材配置が行われることで、社員は働きやすい環境で仕事をすることができ、モチベーションのアップにつながります。

また、客観的な人事評価手法を取り入れることが可能となるので今まで評価されていなかった部分を評価してもらえるというメリットもあります。

社員のモチベーションが上がれば、生産性も上がり高評価を受けられるようになり、エンゲージメントの向上も期待できます。エンゲージメントが向上すれば離職率の低下にも繋がります。

デメリット

コスト面

人材管理には人材管理システムの導入が必須と言えますが、クラウド型·オンプレミス型いずれの導入タイプでも月額料金や導入に際しての初期費用がかかることがあります。

特に、オンプレミス型では自社で運用サーバーを用意しなくてはならず初期費用は数十万円以上かかることもあるので注意が必要です。

クラウド型は月額料金は比較的安価ですが、更新費用や保守費用、オプション利用料金などが発生することもあるので自社にあった導入形式を選ぶようにしましょう。

システム導入に対する理解が必要

新しいシステムを導入するということは、操作方法や運用ルールについて学習する期間が必要になります。

特に、人材管理システムは人事部だけでなく各部署で運用することになるので利用する社員の理解を得てから導入することが望まれます。

人材管理システムを導入する目的や、導入することで得られるメリットなどをしっかりと説明して導入前にしっかりとシステムに対する理解を深めてもらってから導入しましょう。

おすすめ!人材管理システム5選

HRMOS Core

特徴

HRMOS Coreは人材情報の一元管理が可能で、効率的に人材管理を行うための機能が多数搭載されています。

サポート体制が充実していることも特徴で、運用前に最適な運用プランを提案してくれるだけでなく操作方法など不明点がある場合もヘルプサイトが用意されているので安心です。

主な機能

  • 従業員のデータベース化
  • 組織情報管理
  • 分析レポート機能
  • 評価管理機能
月額料金要問い合わせ
初期費用要問い合わせ
無料トライアルなし
最低利用人数要問い合わせ

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:HRMOS Core公式サイト

HITO-Talent

特徴

HITO-Talentは効率的な人材管理と適切な人材配置が可能になるタレントマネジメントシステムです。

人材情報の一元管理や計画的な人材育成、人材情報の分析などを目的として有名企業をはじめとした多くの企業で導入されている実績があります。

主な機能

  • 人材情報の検索
  • 人材の適材配置
  • 個人コンディションのモニタリング機能
  • メモ機能
  • キャリアデザイン機能
月額料金要問い合わせ
初期費用要問い合わせ
無料トライアル無料デモあり
最低利用人数要問い合わせ

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:HITO-Talent公式サイト

カオナビ

特徴

カオナビは顔写真を用いた人材管理が可能なタレントマネジメントシステムです。

社員数が多い企業では、一人ひとりの人材情報と本人の顔が一致しにくくなってしまうという課題がありますが、顔写真を活用した人材管理ができるカオナビであれば通常の勤務ではもちろん、顔の見えないテレワーク下でも効果的な人材管理を可能とします。

主な機能

  • 社員情報ソート
  • 組織ツリー図
  • 評価ワークフロー
  • 社員アンケート機能
  • 社員データグラフ
月額料金要問い合わせ
初期費用要問い合わせ
無料トライアルあり
最低利用人数要問い合わせ

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:カオナビ公式サイト

MINAGINE(ミナジン)

特徴

MINAGINEは就業管理や勤怠管理、人事制度サービスなど総合的に人事業務の効率化ができる総合人事サービスです。

人事労務のプロが開発したサービスなので、人事担当が欲しかった機能がしっかりと搭載されており、操作性についても直感的に操作できるのでITリテラシーが低い方でも安心して利用できます。

利用する機能ごとに料金が発生するので、自社で必要な機能だけを導入できるのも特徴的です。

主な機能

  • 勤怠管理機能
  • 給与計算機能
  • 人事評価サービス
  • 労務アウトソーシング
月額料金10,000円〜
初期費用200,000円〜
無料トライアル要問い合わせ
最低利用人数1人〜

※人事評価システム利用時の料金

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:MINAGINE公式サイト

Resily(リシリー)

 

特徴

ResilyはOKRの進捗管理に特化した目標管理システムです。

導入から社内への浸透が難しく、失敗してしまうケースも少なくないOKRを直感的に管理することができるため幅広い業界で導入されている実績があります。

主な機能

  • OKRマップ機能
  • OKRページ機能(チームミーティング支援機能)
  • マイページ機能(1on1支援機能)
月額料金要問い合わせ
初期費用要問い合わせ
無料トライアル14日間無料
最低利用人数要問い合わせ

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

画像·データ出典:Resily公式サイト

タレントマネジメントシステムについては以下の記事も参考にしてください。

人材管理システムで経営ビジョンの実現を

まだまだ景気の復調は難しい今後のビジネスシーンにおいて、企業としての経営ビジョンを実現するためには何に力を入れればいいのかを把握するためにも人材管理システムの導入が望まれます。

自社にマッチした人材管理システムの導入には、自社の課題を解決できる機能を搭載しているシステムを選ぶことが重要です。

無料のトライアルやデモサイトを利用できるサービスも多いので、コスト面や機能面で複数社に絞り比較検討してみることをおすすめします。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載