どんな機能のシステム?HITO Talent(ヒトタレント)の料金・評判・機能について

最終更新日 

少子高齢化であらゆる業種で人材不足が深刻化している中、離退職の防止による人材の定着と人材育成が求められています。
人事管理の効率化と従業員のモチベーションアップが求められる時代に、タレントマネジメント(人材管理)サービスを導入する企業が増えてきました。
その一つであるHITO Talentの特徴と強み、料金プランなどを理解し、導入メリットがあるか検討していきましょう。

HITO Talentとは

HITO Talentは従来、独自の評価シートの作成などによりアナログ管理されてきた人材管理を、人材管理のノウハウが詰まったシステムにより効率的でより適切な人材登用や管理を可能とするものです。
従業員の情報を詳細な項目で登録でき、検索機能や各種分析ツールを活用することで適材の発掘や適正配置、計画的な育成と評価、優秀人材のリテンションなどの戦略的な人事機能の構築ができ、企業の持続的な成長をサポートしてくれます。

HITO Talentの特徴・機能

HITO Talentにはどのような特徴があるのか、代表的な機能をもとに理解していきましょう。

人材データベースとしての活用可能性

一般的なパッケージ型の人事管理システムと異なり、人材データベースの管理項目数に制限がありません。
カテゴリから情報項目まで多種多様な設定ができるので、業種を問わず自社の人材をきめ細やかな情報を登録し、どのような人材がいるのかを適切かつスムーズに把握できるようになります。

適材適所がスムーズに

細かく柔軟に設定できる項目管理を通じて、社員情報を網羅的に把握できるとともに、必要な能力や資格、経験から人材を発掘しやすくなります。
個人プロフィールに入っているすべての項目での検索ができるほか、情報を集計してクロス分析を行い、最適な人材をスムーズに見出すことが可能です。分析した結果データを数表や円・棒グラフ、顔写真と名前で見える化できるのも便利です。

社員一人ひとりをきめ細やかにサポート

定型情報や数値的な情報だけでなく、社員の体調やモチベーションといった定性的・感覚的に把握したい情報をモニタリングする機能も利用できます。
日頃の観察や面談時に気付いたことをメモに残して、後で検索もできるため上司からのフィードバックやサポートを与えやすくなり人材育成にも役立つのです。

HITO Talentの強み

HITO-Talent では、ドラッグ&ドロップで項目を変えることや簡単に移動もでき、マニュアルいらずで直観的に操作できるため、パソコンが苦手な中高年の上司や日頃パソコンを使わない店舗や工場などの責任者でも簡単に使いこなせます。
資格や経験年数といった定型情報だけでなく、定性的、感情的な情報も管理できるので、機械的や事務的な管理ではなく、より適正かつ柔軟に一人ひとりの人材育成が可能であるのも強みです。
自律的にキャリアデザインを計画できる機能もあり、中長期なキャリアプランニングができるのも社員のモチベーション管理に役立ちます。

HITO Talentの注意点

HITO Talentはパソコンからは全機能の利用ができますが、タブレットやスマホの場合は管理者用機能を除き、使用できる機能が一部に限られます。
なお、HITO-Talentの利用形態はオンプレミス型に対応しており、AWS(Amazon Web Services)を利用すればプライベートクラウド環境への導入も可能です。

HITO Talentの価格・料金プラン

HITO Talentの料金体系・支払い方法は未公開となっており、公式サイトにて問い合わせる必要があります。

※2020年5月現在/詳細は公式サイトへ

HITO Talentの口コミ・利用企業からの評判

登用ギャップの回避につなげられました

“ハイペースな出店計画に対応させるために、店長候補となる人材をいかに適切かつ迅速に確保できるかが課題となっていました。HITO Talentを利用して、店長の人材要件を定義し、10のタイプに分類してハイパフォーマーの分析を実施しました。
店長の人材要件とハイパフォーマーの特徴が明確になったことで、登用ギャップの回避につなげられました。また、活躍の可能性が高い人材タイプの離職者数と現在の在籍者数も把握でき、ハイパフォーマーな店長候補を即時に検索できる環境が整ったのもメリットです。新規出店にともなう店長の店舗間異動や人員確保をタイムリーかつスピーディーに行うために、パート・アルバイトから社員までシームレスなキャリア形成をするにも役立っています。社員登用選考に現場で収集した一人ひとりの事業適性、意欲、スキル情報、商品知識、上長コメントなどの定性データと客観データを月次で収集・更新しデータベース化しています。”(株式会社ゲオホールディングス様)

育成するためのローテーションを決定

“年2回、人事ローテーションを行っているのですが、HITO Talentは現在ローテーションを行ううえで必須のツールになっています。
HITO Talentに人物像や適性領域などさまざまな情報を格納しており、そこから育成するためのローテーションを決定することができています。また、弊社で使っているさまざまなシステムとHITO Talentを連携させることにより、コスト削減などにもつながっているのです。”(アサヒ飲料株式会社様)

類似サービスとの比較

タレントマネジメントシステムでは売上シェアNO.1と言われるカオナビが代表的です。
人材管理システムの無料セミナーが用意されており、人材の可視化や人事業務の効率化を進める方法、取り組み事例を知ることもできます。
どちらの価格も、個別の見積もりになる点は同様ですが、HITO-Talentでは無料で試験利用ができるのが魅力です。
デモンストレーションデータが入った環境を一定期間、無料で使用できるので、使い勝手の良さを確認することや導入後にどう活用するかあらかじめ戦略を立ててから、導入できるのがメリットです。
人事情報をデータとして一元管理でき、情報の検索や分析を行い、実際の人事異動で有効活用できます。

HITO Talentで人材管理の効率化を

今回は人材管理サービスのHITO Talentについてご紹介させていただきました。人材管理は働き方の多様化が進む現代において、人材獲得、人材確保の面から重要な施策です。

人材管理サービスの導入にあたっては、予算はもちろんですが現状での自社の人材管理に関する課題、担当者へのヒアリング、人材管理サービスを導入することに対しての社員の理解をしっかりと徹底することが重要です。

画像・データ出典:HITO Talent公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部