Wrike(ライク)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
0円〜
初期費用
0円
無料お試し
無料プランあり
導入社数
非公開
これは プロジェクト管理・タスク管理 の製品です。
プロジェクト管理・タスク管理 の製品をまとめて資料請求

タスク管理を効率化するためにタスク管理ツールを導入しているという企業は多いことでしょう。ですが管理者の立場からしても従業員の立場からしても、タスクの進捗状況をうまく把握することができなかったりプロジェクト全体の進捗が把握できないなどの問題にぶつかってしまうケースがあります。

そこで今回はあらゆる業界におけるチームのタスク管理を効率化できるツールのWrike(ライク)をご紹介させていただきます。

Wrikeとは

WrikeはアメリカのWrike社が提供しているタスク管理ツールです。

個人でタスク管理をしている時にはわかりにくかったプロジェクトの進捗状況やタスクの進捗具合を可視化することができ、チームメンバーとの情報共有も簡単にできるようになることから世界中で20,000社以上の企業で導入されているサービスです。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

類似サービス: MarketWatcher NEO

(4.5)

月額費用30,000円〜無料お試し10名まで体験無料
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

MarketWatcher NEOとは、インパクトフィールド株式会社が運営しているラウンダー向けのグループウェア・業務支援ツールです。 スケジュール管理やタスク管理、活動報告・日報など、豊富な機能を搭載しており、いずれもシンプルで使いやすい操作性で利用することができます。

シンプルで使いやすい機能を搭載

MarketWatcher NEOには、メッセージ配信、チャット、活動報告といった生産性向上や業務効率化につながるシンプルな機能が搭載されています。 現場の様々なデータをリアルタイムに収集し、分析することで、店舗運営の課題を明確にし、課題改善につなげることができます。

スピード導入が可能

導入に1ヶ月〜2ヶ月程度の期間を要するサービスが多い中で、MarketWatcher NEOは、発注から最短1週間で導入することができます。 クラウド型のサービスであるため、短期間での導入が可能となっており、ハードウェアの設置やシステム構築などの手間もありません。

店舗巡回の状況をリアルタイムに把握

MarketWatcher NEOには、チャット機能や活動報告機能、タスク機能といったリアルタイムに情報を共有できる機能が搭載されています。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

   

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

Wrikeの機能・特徴

必要な機能がオールインワンされている

Wrikeはプロジェクトの始まりから終わりまでに必要な機能が1つの画面で行えるようにダッシュボードをカスタマイズすることができます。

タスクごとに優先順位をつけて可視化することで効率的にタスクを消化していくことができます。目標に締め切りを設定することで進捗状況の確認、メンバーごとのタスク消化状況を管理しやすくすることができます。

タスクのテンプレート化が可能

Wrikeでは定期的なタスク・プロジェクトをテンプレート化することができます。

テンプレート化によって同じようなプロジェクトが発足した時にいちいちタスクを作成する必要がなくなるのでスピード感を持って業務に取り組むことができます。

ガントチャートを作成可能

タスク管理において工程数を効率的に管理することができるようになるガントチャートを作成することができます。

視覚的にタスクスケジュールを確認できるだけでなくチームメンバーの進捗を簡単に追跡することもできます。

レポート作成機能

Wrikeではプロジェクトの進捗状況や過去の達成した目標についてのレポートを作成する機能が搭載されています。

手書きでレポートを作成していた時間がWrikeを利用すれば大幅に効率化することができます。

連携可能なサービスについて

WrikeはPCはもちろん、スマートフォンやタブレットなどの端末に対応している利便性の高さだけでなく、様々なサービスと連携することが可能な点も高評価を受けています。

主な連携できるサービスは以下の通りです。

  • Salesforce
  • Box
  • Google Drive
  • Jira
  • Github
  • Slack
  • Dropbox
  • Microsoft OneDrive
  • MSプロジェクト
  • MSエクセル

Wrikeの料金・価格

無料で利用することができるFreeプランをはじめ、1ユーザーごとに月額9.80ドルの費用が発生するProfessionalプラン、1ユーザーごとに月額24.80ドルの費用が発生するBusinessプランなどが用意されています。

Enterpriseプランは別途お問い合わせが必要です。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

プランごとに利用できる機能について

Freeプラン

  • かんばん表示
  • タスク管理機能
  • ファイル共有機能
  • 更新情報のリアルタイムストリーム表示
  • スプレッドシートビュー機能
  • Microsoft365、MS Teams、Slackとの連携
  • ブラウザ、デスクトップアプリ、モバイルアプリでの利用
  • Google Drive、Dropbox、Box、OneDriveとの連携
  • ストレージ容量は2GB

Professionalプラン

ProfessionalプランではFreeプランに加えて以下の機能が利用可能です。

  • タスク下にサブタスクを作成
  • ガントチャート機能
  • MS Project、Excel、RSSとの連携
  • ダッシュボード(共有可能)
  • ゲストユーザーの追加機能
  • ストレージ容量は5GBから(ユーザー数に応じて追加)
  • 月あたりの動画アップロード容量は15GBから

Businessプラン

BusinessプランではProfessionalプランに加えて以下の機能が利用可能です。

  • カスタムフィールド機能
  • カスタムワークフロー機能
  • リアルタイムレポート共有
  • レポートのテンプレート化
  • 多彩なグラフ表示機能
  • カレンダー機能
  • リクエストフォーム作成機能
  • プロジェクトとタスクにおける承認プロセスの実施
  • タイムトラッキング機能
  • ユーザーグループ設定と権限管理機能
  • Salesforceとの連携
  • 作業スペースロゴを自社ロゴに変更
  • ストレージ容量は50GBから(ユーザー数に応じて増加)
  • 月あたりの動画アップロード容量は15GBから
  • オートメーション

Enterpriseプラン

EnterpriseプランではBusinessプランに加えて以下の機能が利用可能です。

  • Active Directoryとの連携
  • シングルサインオン(SSO)
  • 2段階認証
  • パスワードポリシーの設定
  • 管理者権限の詳細設定
  • ユーザー監査レポートの作成
  • ポリシー設定によるネットワークアクセスの制限
  • BIツールとの連携
  • より高度なユーザーアクセス管理の実現
  • ストレージ容量は100GBから(ユーザー数に応じて増加)
  • 月あたりの動画アップロード容量は15GBから

Wrikeの強み

Wrikeの強みは豊富なワークビューが搭載されていることです。工数管理におすすめなガントチャートはもちろん、ボードビュー、テーブルビュー、タイムログビュー、ファイルビュー、ボードビューと多くのワークビュー機能があります。

スケジュール管理はガントチャート、ステータス変更はボードビューというように同じデータでもワークビューを変えることで管理のしやすさがグッと変わるのでWrikeのように様々なワークビューを利用することができるシステムは非常に優れた管理システムと言えます。

利用企業からの評判・口コミ

プロジェクト進捗の共有が効率化

“Wrikeは当社が設定する厳しいセキュリティ基準にも対応でき、必要な機能も満たしていたため導入を決めました。Wrike導入によってアセットの高品質化、業務の効率化が実現できました。”(Airbnb様)

プロジェクトのステータスが検索しやすくなりました

“以前はスプレッドシートを利用してタスク管理をしていましたがワークロードをトラッキングすることができないなどの問題点がありました。Wrikeを導入してからは担当者をすぐに確認することができ、アクションも起こしやすくなりました。レポートを簡単に作成できるのでプロジェクトの成果を証明することが可能になりました。”(Premier Sotheby’s International Realty様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

Wrikeとの類似サービスとしてはjootoやBacklogなどのサービスが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
Wrike・Professional/9.80ドル/ユーザー
・Business/24.80ドル/ユーザー
・Enterprise/要問い合わせ
0円フリープランあり
・タスク管理に関するレポート機能
・タスクをテンプレート化
jooto・スタンダートプラン/500円/ライセンス
・エンタープライズプラン/1,300円/ユーザー
0円フリープランあり
・直感的操作が可能
・メンバー権限を簡単に設定可能
Backlog・スタータープラン/2,400円
・スタンダードプラン/11,800円
・プレミアムプラン/19,800円
・プラチナプラン/50,000円
0円あり
・必要な機能がオールインワンされている
・Wikiを利用できる

料金面としては少人数であれば500円から始めることができるjootoがお得です。機能面としては達成したタスクのレポート作成やタスク作成のテンプレート化ができるWrikeがおすすめです。

Wrikeを含む「プロジェクト管理ツール」を比較

この製品に関連する動画を紹介

Wrikeで用意されているアプリ

Wrikeではパソコン用のアプリとスマートフォン・タブレット用のアプリがそれぞれ用意されていて、ブラウザを起動せずにアプリから簡単に利用できます。

アプリインストールまでの手順

Wrikeのアプリを利用する前に、アカウントの作成が必要になります。アカウントの作成手順は以下の通りです。

  1. Wrikeの公式サイトへアクセス
  2. ページ右上の「始める」をクリックしてメールアドレスを入力する
  3. 届いたメールに記載されているリンクを開き、必要事項を入力する

アカウント作成から14日間は無料トライアルが利用できるため、費用はかかりません。そして、次にアプリのインストールをしましょう。パソコン用のアプリはWrikeのWebサイト上から、スマートフォン・タブレット用はApp StoreまたはGoogle Playからインストールしてください。

連携できる外部ツール

Wrikeは外部ツールと連携することでさらに便利に活用できます。連携できる主な外部ツールは以下の通りです。

  • Zoom
  • Slack
  • Box
  • Docusign
  • Office関連ソフト
  • Salesforce

既に利用しているツールがある方は、連携しておくと良いでしょう。

Wrikeのメリットとデメリット

ここでは、Wrikeを導入するメリットとデメリットについて解説します。

メリット

Wrikeを導入するメリットは、以下の通りです。

  • 無料で使えるプランがある
  • クラウドでデータを管理できる
  • プロジェクト管理がしやすいUI設計
  • 初めての人でも使いやすい操作性
  • Wrike独自の機能が豊富
  • 外部ツールと連携できる

最大のメリットは、初めて利用する人でも使いやすい操作性です。無料で使えるプランもあるため、試験的に導入することもできるでしょう。

デメリット

Wrikeを導入するデメリットは、以下の通りです。

  • 利用人数に比例してコストが増える
  • プラグインによる拡張ができない
  • 新しく開発されたツールのため情報が少ない
  • 障害が発生すると使用できなくなる

メリットがある一方でデメリットもあります。Wrikeは操作しやすいUIに設計されていますが、新しく開発されたツールのため、インターネットを探しても欲しい情報が見つからないこともあります。トラブルが発生した際は、ヘルプセンターに問い合わせましょう。

Wrikeの導入事例

Wrikeは様々な業界や業種で導入されています。ここからはWrikeの導入事例について紹介します。

株式会社JERAの導入事例

株式会社JERAは社内プロジェクトの管理業務を効率化するために、Wrikeを導入しています。プロジェクト業務を同一プラットフォームで管理することができ、現場ユーザーと管理者が進捗状況をリアルタイムで確認できるようになりました。また、経営層への報告が四半期に一度だったのが、必要なときにいつでも行うことができ、会社全体でプロジェクトを進めることに活用しています。

HENNGE 株式会社の導入事例

HENNGE 株式会社は、コラボレーションワークを円滑化する体制を整えるために、Wrikeを導入しています。参加メンバー全体に「顧客ロイヤリティ向上」を意識づけることに成功し、売上拡大に繋げています。

Wrikeでタスク管理の高速化を

今回はタスク管理ツールのWrikeをご紹介させていただきました。Wrikeのようにタスク管理を可視化することができるツールを導入することは管理者だけでなく、従業員自身のタスク進捗管理も効率化できるのでぜひ積極的に導入を検討してみてください。

導入に際しては、自社のタスク管理における課題を明確にし、課題解決に必要な機能を把握しておきましょう。トライアルプランなどを提供しているサービスも多いので試験的に運用してみてタスク管理ツールとはどういったものなのか、何ができるのかを体験しておくことも重要です。

画像・データ出典:Wrike公式サイト

Wrikeの評判・口コミ

(4)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

Wrikeの良い評判・口コミ

・各案件へかけた時間を記録できるので、工数管理にも役立つ。
・コメント機能があるので、ツール内でプロジェクトに関して情報共有ができる。
・よくあるカンバン方式に加えて、リストやテーブル表示もできる。

Wrikeのその他の評判・口コミ

・繰り返し入力するような項目はプルダウン形式などもっと簡単に入力できるような機能があると便利。
・カンバンを追加する際に毎回画面上部のボタンから追加する必要があるので、各ボード付近から追加できるようにしてほしい。

Wrikeを導入した結果に関する評判・口コミ

・プロジェクトにかかわる全員で共通の進捗管理ができるので、各メンバーの進捗状況をいつでも確認できるようになった。
・記載した内容は自動で保存されすぐに共有されるので、別途報告する作業が不要になった。

    その他の関連する記事

    これは プロジェクト管理・タスク管理 の製品です。
    プロジェクト管理・タスク管理 の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載