リクナビHRTechの料金·評判·機能について。無料で利用できる?

最終更新日 

大量の応募者の選考や人材のミスマッチを防ぐために、大企業を中心にAIなどを活用する場合や専門の採用エージェントサービスを使うケースが増えています。
ここでは、リクナビHRTechの特徴や強み、料金プランなどの観点から分析していきます。

リクナビHRTechとは

リクナビHRTechの転職スカウトサービスは、リクルートエージェント·リクナビNEXTの豊富な人材データベースから、転職意欲が高く、その企業におすすめの登録者を、AIを用いて最適化しながらレコメンドしてくれる人材スカウトサービスです。
オファーを出した後は経験豊富なエージェントが入社までフォローしてくれるので、採用ノウハウがない企業や人事担当者も気軽に使えます。
リクナビHRTech採用管理サービスは、中途採用における複数のエージェントからの候補者情報を一元管理できるシステムです。

人材評価の管理を効率化できるリクナビHRTech 評価管理というサービスもあり、人事業務全体を効率化できるシステムと言えます。

※リクナビHRTech 評価管理は2020年11月末でサービス終了予定

リクナビHRTechの特徴·機能

リクナビHRTechには中途採用者のレコメンドを行い、採用をエージェントがサポートしてくれるリクナビHRTech 転職スカウトと、多様なエージェントから送られてくる人材情報を一元管理できるリクナビHRTech採用管理、人事評価の効率化が可能なリクナビHRTech 評価管理があります。

候補者の選定や管理が楽

リクナビHRTech 転職スカウトではAIがおすすめの候補者を毎日紹介してくれます。
レコメンドされた人材のキャリア情報を見ながら、簡単にスカウトメールを自動送信でき、面倒なスカウト文面の作成も必要ありません。
リクナビHRTech採用管理では、全候補者の最新選考状況を一元管理できます。
レジュメやデータ閲覧やダウンロード、合否判定まで管理できるため、情報更新や共有の抜け漏れのリスクが減らせます。

日程調整はエージェントやシステムで完結

リクナビHRTech 転職スカウトはスカウトメールを送った候補者が応募してきた場合、その後の面接の日程調整や入社までのフォローは経験豊富な採用のプロがサポートしてくれます。
リクナビHRTech採用管理では、エージェントへの面接候補日の連絡は、日程の選択と面接詳細情報をテンプレートから呼び出すだけでシステム上で完結できるので、メールや電話でのやり取りの手間がかかりません。

選考データの集計·分析で業務効率化へ

リクナビHRTech採用管理では、期間やエージェント軸での集計ができるので、過去の選考プロセスを分析し、次回以降の採用業務効率化を図ることが可能です。

リクナビHRTechの強み

リクナビHRTechは企業に適した人材をAIがレコメンドしてくれることで人材採用のミスマッチを防ぐとともに、面倒な採用プロセスをエージェントに丸投げできることで採用業務の効率化が図れるのが強みです。
リクナビHRTech 転職スカウトも、リクナビHRTech 採用管理も無料で利用できるのもメリットです。
リクナビHRTech 転職スカウトでは、入社社して初めて費用が発生する完全成功報酬型なので無駄なコストがかかりません。無駄なコストをかけずに採用業務を効率化できるのが、大きな強みとなります。

リクナビHRTechの価格·料金プラン

リクナビHRTech 転職スカウトは、スカウトを出した方が入社して初めて費用が発生する完全成功報酬型で、詳細な料金については要問い合わせです。
リクナビHRTech 採用管理は初期費用も月額費用も完全無料で利用できます。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

リクナビHRTechの注意点

リクナビHRTech転職スカウトでは採用プロセスは無料ですが、実際に入社が決まると成功報酬が発生します。
必要に応じた人材を募集していくうえでは、採用コストを抑えられるメリットがありますが、大量に採用を行う場合は事前に料金面についてよく相談しましょう。

リクナビHRTechの導入事例·利用企業からの評判

1日5分の作業で自ら起こした行動が採用成功に結び付く

“レコメンドされた人材を選考してスカウトメールを送るという自らアクションを起こせる点に魅力を感じています。
当社の求人に興味を持ってくれた登録者や幅広い登録者のキャリア情報を見てスカウトメールを送信できる機能が気に入りました。登録者情報は毎日チェックしており、1日5分で候補者を探し出す作業を繰り返しています。たったこれだけで、1年間でリクナビHRTechのみで11名を採用することができました。”(いすゞリーシングサービス株式会社様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるミイダスは自社にフィットする人材を分析·検索して、採用できる中途採用サービスです。
200以上の設問と組み合わせで1,733種類のスキルが検索可能です。
また、既存の社員にミイダスコンピテンシー診断を受験してもらうことで、自社の社員の特性や傾向を分析できます。
分析結果を人材検索の際に用いることで、自社で求める人材と同じ傾向を持つ人材にオファーをかけることが可能となります。
分析や検索までは無料で利用でき、ターゲットにメッセージやオファーの送信するのは有料となりますが、送信できるオファーの数は無制限で、定額制です。
ただし、料金プランは企業の採用ニーズに合わせ要問い合わせとなります。
リクナビHRTechはリクルートエージェント·リクナビNEXTの豊富な人材データベースからAIが企業に合う人材を紹介してくれ、スカウトメールを送信後は、実際にエージェントが人によるきめ細やかなサポートで採用に導いてくれます。
スカウトメールを送り、サポートを得るところも無料で、実際に入社に至った時だけ成功報酬が発生する仕組みです。

リクナビHRTechで採用コストの削減を

リクナビHRTech 転職スカウトはAIと採用のプロであるエージェントという、ITテクノロジーと人による専門サービスを組み合わせることで、中途採用を支援する人材スカウトサービスです。
入社したときだけ費用が発生するので、採用コストを抑えながら、人材のミスマッチを防いで優良な人材を確保することが可能となります。

画像·データ出典:リクナビHRTech公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部