Calendly(カレンドリー)の料金·評判·機能について

更新日:

    新型コロナウイルスの影響により、テレワークのような在宅環境やオフィス外での勤務が増えた現代においては従来の対面型の会議ではなく、Web会議システムを利用したオンライン会議をする機会が増えてきました。

    しかし、海外との取引が多い企業では時間の感覚も違い、スケジュールを調整するのは大変です。

    今回紹介するCalendlyはリモートワークにおけるスケジュール調整を効率化してくれるサービスとして注目されています。

    機能面や料金面などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    Calendlyとは

    Calendlyとはスケジュール調整アプリとして世界中で利用されており、直感的操作でミーティングを予約できることから多くのユーザから高評価を受けているサービスです。

    おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

    あらゆる業務を一元管理: monday.com

    (4.5)

    月額費用900円〜無料お試し14日間無料
    初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

    チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

    タスク管理の煩雑さを解消

    monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

    リモートワークの管理にも最適

    リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

    リアルタイムでのタスク管理が可能

    チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

    操作性に優れたグループウェア: aipo

    (5.0)

    月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
    初期費用0円導入会社要お問合せ

    ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

    テレワークにおけるスケジュール管理が可能

    テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

    ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

    紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

    Excelでのスケジュール管理から脱却できる

    Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。


    Calendlyの機能·特徴

    直感的に操作できる

    Calendlyは非常に簡単な操作でミーティングの予定を調整することができます。

    ミーティングの招待を受けた側は、提案された日にちから自分の都合の良い日にちと時間帯をクリックするだけで予定の調整は完了します。

    予定のリクエストはCalendlyのアカウントを持っていなくても送ることができるので利便性の高いサービスと言えます。

    カレンダーツールと連携できる

    CalendlyはGoogleカレンダーやOutlook、iCloudカレンダーなどのカレンダーツールと連携させることが可能です。

    従来は、スケジュール調整をしてもカレンダーに登録するのを忘れてしまうというトラブルも起こりがちでしたが、Calendlyと既存のカレンダーツールを連携させることで、調整した予定をカレンダーツールに自動的に反映させることができます。

    海外との予定調整も可能

    海外企業や海外在住のフリーランスとやりとりをする際にネックとなるのが時差です。

    こちらでは昼間でも先方では夜中ということもあり、なかなか予定を調整することが難しいという場合もありますが、Calendlyでは自動的に時差を調整してくれる機能が搭載されているので、お互いの地域から相手の時間帯に合わせた日程調整を行うことができるようになります。

    Calendlyの料金·価格

    Calendlyの料金は3プラン提供されています。

    無料で利用することができるBasicプランは1ユーザー限定という制限はありますがコスパに優れているプランです。

    Premiumプランは1ユーザーにつき月額8ドル、Proプランは1ユーザーにつき月額12ドルで利用することができます。

    2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    Calendlyでは全ての機能を14日間無料で利用することが可能です。

    公式サイトからメールアドレスを登録することで無料トライアルの利用を開始することができます。

    Calendly導入のメリット

    既存のカレンダーツールと連携できる

    CalendlyにはGoogleカレンダーやOutlook、iCloudカレンダーなど既存のカレンダーツールと連携させることができるというメリットがあります。

    普段から使っているカレンダーツールとCalendlyを連携させれば、調整したスケジュールが自動的にカレンダーツールに反映されるようになるのでスケジュール登録の漏れが起きることはありません。

    社内に浸透しやすい

    Calendlyは直感的に操作することができるので、ITリテラシーの低い方でも使いこなすことができ、社内に浸透させやすいというメリットがあります。

    新しいツールやシステムを導入する場合、機能が多すぎて使いこなすことができなかったり、そもそも操作性が複雑で社内に浸透しなかったというケースも少なくはありません。

    スケジュールを提案された側は、自分の都合がいい日にちを選ぶだけで予定の調整が完了します。

    Calendlyの導入事例·評判

    現在調査中です。

    類似サービスとの比較

    Calendlyとの類似サービスとしては、Bizer teamやTime Crowdなどが挙げられます。

    Bizer teamは業務におけるプロセスを可視化して進捗を共有することができるタスク管理ツールです。

    タスク管理を行うことで企業の生産性を向上させることを目的に設計されており、リアルタイムで進捗を進捗を共有して効率的なマネジメントを実現します。

    料金は、最安プランで月額1,980円から利用することが可能です。

    Time Crowdはテレワーク対応の時間管理ツールで、従業員のタスクにかかった時間を共有することができるので業務改善点の発見やチーム管理を効率化することができます。

    業務に関する時間の使い方が可視化できることで、優秀な従業員の働き方を参考にして人材育成を行うこともできるという特徴があります。

    料金は1ユーザーにつき月額500円から利用することができるスタンダードプランが最安で、個人向けに無料のプランも提供されています。

    Calendlyを含むおすすめのグループウェアツール比較

    グループウェアツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    Calendlyで効率的なスケジュール調整を

    テレワークなど離れた拠点で仕事をする機会が増えた現代だからこそ、スケジュール調整の重要性が大きくなりました。

    スケジュール調整を効率化することで、業務をスムーズに進めることができるので本記事を読まれた方は、是非導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:Calendly公式サイト

    口コミをみる

    業界:ソフトウェア 会社規模:20~50人

    満足度

    日程調整の手間をゼロにできた

    良い点

    お客様とのMTGにおける調整活用時に活用している。Googleカレンダーと連携することで、予約が入れば自動的にGoogle Calendarへ予定が入力される。これにより日程調整の手間をゼロにできた。

    改善点

    URLでの予約は人によってはさまざまなで、人によっては手間と感じる場合もあると思う。自動的にいくつかの予定を表示してくれる機能などがあるといいと思った。また全体的に日本語に対応してほしい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    お客様との日程調整にさく時間が半分以下になった。メールでの案内はもちろん、次回のMTG調整をするときもサクッと予約できてとても便利。

    業界:広報 会社規模:〜20人

    満足度

    予定調整でメッセージをかわす手間を省けた

    良い点

    Outlook/Google Calendarに入っている予定を取り込んでくれて、無駄な候補日を支持することなく予定調整でメッセージを交わす手間が省ける。

    改善点

    Doodleなどのように複数人でも予定調整ができるようになったら更に利用者が増えると思う。更に時間帯の優先順位を氷頭する機能があると助かる。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    予定調整にかかる手間が減るため、自分の時間を意識的に確保できたり作業にかかった時間を見直せるようになったりした。

    業界:人材 会社規模:1,000〜

    満足度

    効率的なサービス

    良い点

    通常、会議スケジュールを調整する際はメールのやりとりが発生する。しかしこちらを導入してからは関係者が空いている予定を事前に絞り込み、後は日程を選ぶだけでできる効率的なサービス。

    改善点

    日本語対応してほしい。またリンクだけを送付しても相手方がアクションするには一言説明が必要となるため、UI・UXなのか初心者でも迷わないようなガイドがほしい。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    本ツールで最初から候補日程を絞り込んで決められるため、コミュニケーションコストを削減でき、生産性向上ができた。

    業界:情報通信 会社規模:〜20人

    満足度

    スケジュール調整の手間が減った

    良い点

    Googleカレンダーと連携してスケジュールを調整できる。相手に可能な予定時間を選んでもらうだけで自分のスケジュールにも反映される。毎回可能なスケジュールを細かく文章で伝えずに済んだ。

    改善点

    日本語対応してないのが残念。複数の言語は使用できるものの、日本語は使用できない。英語が苦手な方にとっては不便だと思う。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    し少し遠い将来のスケジュール含めて予め可能な時間を伝えることができ、相手の希望を相手に委ねることができた。無駄な気配りや手間を省くことができて業務効率が上がった。

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      • グループウェア

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載