Cincom ECMの料金・評判・口コミについて

更新日:

    世界的に高まるECM(Enterprise Contents Management:企業のコンテンツ管理)のニーズ。

    それに対応できるサービスの一つが、Cincom ECMです。

    Cincom ECMを導入すると、企業のあらゆるコンテンツを管理できるほか、機密情報を守りつつ、求める情報へ迅速にアクセス可能になります。

    Cincom ECMの特徴や料金、評判や口コミがどのようなものか、詳しく見ていきましょう。

    Cincom ECMとは?

    Cincom ECMは、さまざまなコンテンツを一元管理するシステムです。

    セキュリティ面においても、認証・権限機能で機密情報を保護します。

    また、ライセンスは2つの体型から選べるため、無理のない導入が可能です。

    Cincom ECMの特徴

    Cincom ECMには大きく3つの特徴があります。

    ・社内情報資産の一元管理
    ・求める情報に素早くアクセス
    ・2つのライセンス体系により予算に応じた導入ができる

    これらについて、詳しく説明します。

    社内情報資産の一元管理

    Cincom ECMは、社内のあらゆるコンテンツを、事業ライフサイクルに基づいて管理可能です。

    ドキュメントの取り込みや配布などにも対応できるので、ペーパーレス化の促進・内部統制にも繋がります。

    求める情報に素早くアクセス

    Cincom ECMは、認証や権限機能で機密情報を保護しながら、ワークフロー内の求める情報に素早くアクセスできます。

    また、社内データをプラットフォームにすることで、幅広い情報共有が可能です。

    2つのライセンス体系により予算に応じた導入ができる

    Cincom ECMのライセンス体系には、サブスクリプションライセンスとプロダクトライセンスがあります。

    そのため、様々な規模の企業で、予算に応じた支払い方法が選択可能です。

    金額は、サーバーライセンスや導入するオプション、契約年数などによって異なります。

    Cincom ECMの料金

    Cincom ECMの料金は想定層ユーザー数・使用する機能・契約内容(サブスクリプションタイプ・プロダクトライセンスタイプ)により異なります。

    ここでは、参考例として2つのパターンを紹介します。

    参考構成例(サブスクリプションタイプ)

    サーバライセンス1想定総ユーザ数:50
    同時アクセスユーザー(フル機能)5
    Web serviceモジュール1
    Workflow機能利用なし

    上記の内容で契約した場合は、年間サブスクリプション代は¥836,500(月額¥69,708)となります。

    参考構成例(プロダクトライセンスタイプ)

    サーバライセンス1想定総ユーザ数:700
    同時アクセスユーザー(フル機能)20
    同時アクセスユーザー(閲覧のみ)50
    Web serviceモジュール1
    Workflow機能利用あり

    上記の内容で契約した場合、かかる費用はこのようになります。

    初期費用(使用権取得料+年間使用権料) : ¥6,474,000
    2年目以降の年間使用量 : ¥1,079,000

    こちらはあくまで一例ですので、詳しくは公式サイトより問い合わせてみてください。

    Cincom ECMの評判・口コミ

    Cincom ECMの評判・口コミを調べたところ、以下のようなものがありました。

    ・ECMを活用してワークスペースを共有化したところ、効率が飛躍的に向上した
    ・プロジェクトに関わる全員の作業方法統一・ナレッジマネジメントの管理が可能になった

    悪い評判・口コミについては、2022年6月現在見当たりませんでした。

    Cincom ECMへのニーズが高まっていると言っても、過言ではないでしょう。

    情報資産の保護・業務プロセス効率化が期待できる

    Cincom ECMは、あらゆる業務プロセスから生まれるコンテンツを一元化し、基幹業務システムと連携しながら業務効率の改善が期待できます。

    情報資産を紙媒体などで保管していると、災害発生時にデータ喪失のリスクも。

    大切な資産を守るためにも、Cincom ECMへの期待は高まっています。

      • qeee枠【グループウェア】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用200円~/1ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      • グループウェア

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載