Quick Replyの料金・評判・口コミについて

月額費用
98,000円~
初期費用
要問合せ
無料お試し
要問合せ
導入社数
要問合せ
これは FAQ の製品です。
FAQ の製品をまとめて資料請求

業務ナレッジの蓄積には手間や時間がかかります。そこでおすすめしたいのは、AIで業務ナレッジの蓄積・活用を支援するQuick Replyです。本記事では、Quick Replyの特徴や料金、口コミをまとめました。

Quick Replyとは?

Quick Reply(クイックリプライ)とは、NTTデータ先端技術株式会社が提供する業務ナレッジの蓄積・活用サービスです。AIによって、FAQ検索やFAQ登録、学習データ登録、FAQ・学習データ管理を支援します。

メーラ環境にアドインをインストールするだけでOK。届いた問い合わせを検索して、さまざまな機能を利用できます。現場で必要な業務ナレッジを、素早く登録・メンテナンスできることがメリットです。ヘルプデスクや営業、バックオフィスの業務効率化に役立ちます。

おすすめの類似FAQシステム

企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot powered by ChatGPT API.

(4.5)

         
月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

 

類似サービス: helpmeee!KEIKO

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

helpmeee!KEIKOとは、バリュエンステクノロジーズ株式会社が運営している社内問い合わせ対応の効率化ソリューションです。 チャットボットによる問い合わせへの自動回答やチケット起票、有人チャットへの切り替えが可能で、バックオフィスのDX化に大きく貢献します。

1つの画面で問い合わせ対応を完結

従来であれば、問い合わせ管理を効率化しようとしても、1次対応をチャットボットに任せて有人対応はメールソフトを使うなど、複数のツールを組み合わせる必要がありました。 helpmeee!KEIKOであれば、チャットボットによる自動応答から管理画面上での有人対応、管理画面での専門家への相談など、問い合わせ対応をhelpmeee!KEIKO上で完結することができます。

起票・ステータス管理も可能

helpmeee!KEIKOでは、全ての問い合わせに対してチケットを自動で作成して管理することが可能です。 問い合わせの対応ステータスを自動で更新してくれるため、対応済みの問い合わせに二重で対応してしまうようなミスを防止できます。

直感的に操作できるUI

helpmeee!KEIKOは、マニュアルを読まなくても利用できるほど直感的に操作できるUIで設計されています。 対応者側は、KEIKOの管理画面上でKEIKOと質問者のやりとりを引き継ぐ形で有人対応ができるため、内容をスムーズに把握して対応することが可能です。

 
この製品はFAQの製品です。

FAQの製品をまとめて資料請求

Quick Replyの特徴

Quick Replyの特徴について解説します。

特徴①FAQ検索とFAQ登録

Quick Replyでは、右クリックメニューからFAQ検索を実行できます。問い合わせ文から簡単に検索でき、サイドウィンドウで結果を表示。検索結果は返信メールに挿入できるため、返信文の作成が簡単です。

さらに回答文欄にメールの返信文を作成すればFAQ登録が完了。問い合わせ対応と同時に、質問文と回答文を作成できます。

特徴②学習データ登録

Quick Replyの学習データ登録では、FAQの質問文・回答文や利用回数をダイアログでチェック。検索結果に対して学習データ(言い換え表現)を登録するための、学習データ登録依頼も表示されます。検索結果に対する満足度合いを評価でき、より精度を高められるでしょう。

特徴③FAQ・学習データ管理

Quick Replyでは、FAQ・学習データを専用画面から管理できます。FAQ・学習データを一覧で表示でき、手動による追加・編集も可能です。新規のFAQ登録依頼の承認なども、管理画面から設定できます。

まとめ

Quick Replyなら、問い合わせ内容から簡単にナレッジを蓄積できます。FAQ登録や管理が簡単にできるため、業務効率化にも役立つでしょう。業務ナレッジを活用したいなら、ぜひ導入を検討してください。

Quick Replyの評判・口コミ

(5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

Quick Replyの良い評判・口コミ

・そのままのメール環境で使用できるので手間がかからない。

Quick Replyのその他の評判・口コミ

・操作に慣れるまでやや時間がかかる。

Quick Replyを導入した結果に関する評判・口コミ

・データをナレッジとして活用できるようになった。

    その他の関連する記事

    これは FAQ の製品です。
    FAQ の製品をまとめて資料請求
      • FAQ

        企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot powered by ChatGPT API.

        (4.5)

                 
        月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

        実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

        自動化で企業DXを促進

        OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

        AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

        OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

        他言語に対応

        OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

         

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載