Salesforce Service Cloudの料金·評判·機能について

更新日:

    顧客との直接的な接点であるカスタマーサービスやカスタマーサポートは、その対応次第で企業のブランドイメージを左右する重要なポジションです。

    今回紹介するSalesforce Service Cloudは、リモートワークにも活用が可能で、場所を選ばずサポートチームの生産性を向上させることができることから注目されているサービスです。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    Salesforce Service Cloudとは

    Salesforce Service Cloudとは株式会社が運営しているカスタマーサポート用のプラットフォームです。

    情報共有やFAQとの連携で顧客への迅速な対応を実現し、顧客対応の質を向上させることができるため、世界中の企業から導入されている実績があります。

    おすすめの類似FAQシステム

    専門的な知識は不要: hachidori(ハチドリ)

    (4.5)

    基本料金5万円〜無料お試し要問い合わせ
    初期費用10万円〜最短導入期間要問い合わせ

    直感的な操作画面で、チャットボット開発における専門的な知識がなくても、5分程度で作成できる手軽さが魅力的で、hachidoriを使用して7,000を超えるチャットボットが作られた実績があります。

    幅広い用途のチャットボットが開発できる

    hachidoriでは、マーケティングから業務効率化まで幅広いチャットボットの開発が可能です。 リード獲得や顧客関係構築、カスタマーサポートなどの用途でチャットボットを開発することができ、LINE·Facebook·LINE WORKS·WEBなど、豊富なプラットフォームに対応しているため、幅広いシーンでの運用が実現できます。

    簡単なシナリオ設定

    hachidoriは、直観的に操作ができる管理画面から簡単にシナリオ設定することができ、ノンプログラミングでの運用が可能です。 7,000を超えるチャットボットの開発実績をもとにした、成果につながる初期構築が実現できます。

    LINE統合が可能

    hachidoriでは、LINEの公式アカウント発行からチャットボットの作成までを一気通貫して行うことができる統合ソリューションを提供しています。 LINE公式パートナーだから取り扱うことができるソリューションと、7,000件以上のチャットボット開発から培ったノウハウを掛け合わせたhachidoriだけのサービスを提供することが可能です。

    PDCAを回してより良い顧客体験を提供: anybot

    (4.5)

    月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

    自動接客だけでなく、データを活用したCRM(顧客関係管理)としての機能も有しており、直接ビジネスにインパクトする予約やEC、その他集計分析機能も搭載されているため、PDCAを回しながら、より良い顧客体験を提供することができるようになります。

    開発不要で自社に合ったチャットボット/データ活用を実現

    anybotのチャットボットは、開発不要で自社に合った内容を構築することができます。高度なカスタマイズ機能も搭載されており、WebのUIやチャット用のアイコンを自由自在にカスタマイズすることができます。 公開方法も1行のコードを貼り付けるだけと非常に手軽に、自社の問い合わせ対応にチャットボットを導入することができます。

    高度なCRM(顧客関係管理)機能

    anybotは、顧客管理機能にも優れており、ユーザーが選択した内容やアップロードしたファイルを自動的にユーザーデータとして保存することが可能です。

    優れた集計分析機能

    多くの導線やKPIなどの情報を自動で集計して分析、可視化することが可能です。 業務別·アンケート別の集計のほか、ユーザーの操作やキーワード別の分析がスマートフォンからでも簡単に確認できるため、より効率化された改善、PDCAサイクルの実行を可能とします。

    企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot

    (4.5)

    月額費用100,000円〜無料お試し要問い合わせ
    初期費用50,000円〜最短導入期間要問い合わせ

    実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

    自動化で企業DXを促進

    OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

    AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

    OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

    他言語に対応

    OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

    この製品はFAQの製品です。

    FAQの製品をまとめて資料請求


    FAQシステムをお探しの方におすすめの関連サービス

    Salesforce Service Cloudの機能·特徴

    顧客自身で問題解決

    顧客の多くは疑問点がサイト上でなかなか解決せず、結局サポートセンターに問い合わせなければいけない状況にストレスを感じています。

    Service Cloudを導入することで、顧客アカウント情報やFAQ、過去の問い合わせから最適な回答を提供し、サポートセンターに繋ぐことなく顧客自身で疑問点を解消できるようになります。

    リモート環境でも活用できる

    Service Cloudはリモート環境で働くサポートスタッフでも、手軽に顧客の全体像を把握することが可能です。

    AIが搭載されており、顧客のケースごとに最適なオペレーターへ割り振りを行うので、顧客に対して最適でスピーディーな回答が可能となります。

    使いやすいサービスコンソールが実装されているため、複数のケースを1つの画面で確認、対応することができます。

    顧客に合わせた対応が可能に

    Service Cloudはモバイルメッセージ、チャット、SNSなど様々なチャネルで顧客とやりとりすることが可能です。

    搭載されているLive Agentチャット機能を使うことで、サイトやアプリにチャット機能を導入することが可能となり、顧客の問い合わせ内容に合わせて、チャットボットに回答させたりオペレーター対応へ切り替えたりと臨機応変な対応を実現します。

    Salesforce Service Cloudの料金·価格

    Service Cloudでは4つの料金プランを提供しています。

    • Essentials:月額3,000円(年間契約)
    • Professional:月額9,000円(年間契約)
    • Enterprise:月額18,000円(年間契約)
    • Unlimited:月額36,000円(年間契約)

    2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    Salesforce Service Cloudでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて30日間無料のトライアルを提供しています。

    公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

    Salesforce Service Cloud導入のメリット

    オペレーターの負担が軽減される

    Service Cloudを導入することで、今までオペレーターが対応していた時間が、顧客自身で疑問を解消できるようになるため、対応時間が軽減されるようになります。

    空いた時間をオペレーターの教育やナレッジ作成に充てることで、より高品質な顧客対応を実現できるというメリットが生まれます。

    Salesforce Service Cloudの導入事例·評判

    情報の一元管理が可能に

    “契約内容や取引内容が顧客対応履歴と別に保存されており、情報の分散が課題になっていました。Service Cloudを導入したことにより、情報の一元管理が可能となりました。セキュリティも金融機関で利用するための基準を満たしているため、安心して利用できています。”(ソニー銀行株式会社様)

    顧客対応時間の短縮を実現

    “Service Cloud導入で顧客情報や問い合わせ履歴などを一元管理できるようになっただけでなく、受注や商品、フィッティングといったカスタムオブジェクトも実装できるようになりました。ボタン1つでカルテを参照できるようになったことで、お客様をお待たせすることなく本来のサービスに時間を充てることができています。”(株式会社HEAVEN Japan様)

    類似サービスとの比較

    Salesforce Service Cloudとの類似サービスとしては、Helpfeelやアルファスコープなどが挙げられます。

    Helpfeelは高い検索精度でユーザーごとのキーワードのずれにも柔軟に対応することが可能なFAQシステムです。

    導入企業側で分析や改善案を考える必要がなく、メイン業務に集中できる環境が実現できます。

    料金は公式サイト上では明記されていないので、問い合わせが必要となります。

    アルファスコープは幅広い業界で導入されているFAQシステムです。

    チャットボットを搭載しており、FAQをベースとして簡単にシナリオ作成ができます。1画面で様々な情報が検索できるため、オペレーターの業務負担が軽減されます。

    料金としては、3プラン提供しており、最安のユーザー向けFAQは初期費用40万円、月額10万円からです。

    Salesforce Service Cloudで顧客対応の品質向上を

    Salesforce Service Cloudについてご紹介させていただきました。

    • テレワークでも活用可能
    • 迅速な顧客対応を実現
    • 顧客に合わせた対応が可能に

    上記の点から、情報の散在に課題を感じている、リモートでも情報の一元管理を行いたいという方におすすめと言えます。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:Salesforce Service Cloud公式サイト

    この製品はFAQの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    FAQの製品をまとめて資料請求

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載