Helpfeelの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは FAQの製品です。
FAQの製品をまとめて資料請求

CSやコールセンターは顧客と直接繋がることができる場であるだけに、その対応品質次第で企業イメージを左右することにもなります。

より、迅速で高品質な顧客対応を実現するためにはFAQシステムの導入がおすすめです。

今回紹介するHelpfeelは、高い精度の検索機能が搭載されていることから幅広い業界で利用されています。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

Helpfeelとは

HelpfeelとはNota株式会社が運営しているFAQシステムです。

高い検索精度を実現しており、ユーザーによる言葉のゆれにも柔軟に対応してユーザーを回答へ導くことができることからエンドユーザー向けのサービスから社内利用まで幅広く活用されています。

FAQのおすすめ製品

OfficeBot

(5)

月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

DECAカスタマーサポート

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

DECAカスタマーサポートとは、株式会社ギブリーが運営しているカスタマーサポートツールです。自社データとChatGPTの組み合わせによってQ&Aを自動生成し、AIチャットボットやFAQシステムによって顧客対応を自動化することができます。

FAQを自動で生成

問い合わせ対応工数を削減するために、チャットボットやFAQシステムは有効ですが、これらを活用するためにはあらかじめQ&Aを用意しておく必要があります。Q&A作成にも工数がかかるため、運用リソースをさけない場合は思うように作業が進まないこともあります。

独自AIがFAQ検索をサポート

問い合わせ対応を効率化するためには、FAQを作成するだけではなく、ユーザーが求めているFAQにスムーズに誘導できるようなUIが求められます。DECAカスタマーサポートは、入力された質問に的確に回答を提示するAIを搭載した「チャットボット」や「FAQシステム」を展開できます。

マルチチャネルに対応したAIチャットボット

チャットボットをWebサイトだけでなく、LINEやInstagramなどのマルチチャネルでの展開が可能です。問い合わせ導線をユーザーが使い慣れたチャネルに設けることで、チャットボットの利用率を高めて、問合せ対応の工数を削減できます。

JAPAN AI Chat

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JAPAN AI株式会社は、「AIで持続可能な未来の社会を創る」をビジョンとし、独自のAI技術開発や最新のAI技術を活用したプロダクト/サービスの提供、または各社のニーズに合わせて個社カスタマイズした AI 環境の構築支援/開発を行っています。

法人利用に最適化されたセキュリティ

JAPAN AI Chatは、企業ごとに専用のAI対話環境を提供し、最適化されたセキュリティを実現しています。アプリケーションのヘルスチェック、アラートなどを常時監視できる環境が整備されており、管理者が従業員の利用状況をモニタリングすることができます。

プロンプト支援で応答精度を向上

AIに不慣れな方は、プロンプトを作成するのが難しく、求めるようなアウトプットが実現できない場合もあります。JAPAN AI Chatでは、営業やカスタマーサポート、マーケティング、人事といった、さまざまな職種に対応したテンプレートが豊富に用意されています。

外部サービス連携が可能

JAPAN AI Chatは、外部サービスとの連携が可能となっており、入力した指示内容を基に外部から最新情報を取得し、回答を生成します。

FAQの製品をまとめて資料請求

Helpfeelの特徴

どんな質問にも柔軟に回答

わからないことがあり、検索しようと思っても、正確な質問文、単語が入力されていないとFAQを参照できないサイトでは、ユーザーが回答に辿り着くまで時間がかかりストレスとなってしまいます。

HelpfeelではFAQ検索ヒット率98%という高い数字を記録しており、ユーザーごとに違う微妙な言葉の表現やスペルミスにも柔軟に対応し、FAQへと導きます。

オペレーターに繋がなくてもユーザー自ら疑問点を解消できることで、ユーザー満足度の向上はもちろんのこと、オペレーターの業務負担を軽減にも繋がります。

導入企業側で分析は不要

Helpfeelを導入すると、毎月カスタマーサクセスがFAQの利用状況を分析してくれるため、導入企業側で分析をする手間が省略されます。

すでに自社でFAQが存在する場合は、コンテンツの移行もHelpfeelにお任せすることができます。

分析や改善策の立案など導入企業側で負担と感じるような部分を全てHelpfeel側で請け負ってくれるため、導入企業側はメイン業務やオペレーター教育など別の業務に時間を充てることが可能となります。

社内用FAQとしても活用可能

Helpfeelはユーザー向けFAQだけでなく社内でのFAQとして活用することも可能です。

精度の高い検索機能を搭載しているため、人ごとに違う検索ワードにも柔軟に対応して回答へと導くことができます。

情報の追加や編集は誰でも簡単にできるため、ナレッジの属人化を防止して一箇所に集約することができるようになります。

Helpfeelの機能

検索機能

Helpfeelは、特許取得の検索技術が搭載されており、意図予測や自然言語辞書などによって、問い合わせしたい内容を予測して提案することができます。

従来の質問予測パターンを50倍以上に拡張しており、送り仮名の違いやスペルミス、抽象的な表現にも対応することが可能です。

従来のチャットボットでは難しかった、言葉からユーザーが意図している質問を探すことができる仕組みとなっている点も優れています。

VOC分析機能

VOC分析をすることで、顧客満足度の改善につながるため、企業にとっては重要な業務となります。

HelpfeelのVOC分析機能では、検索行動を顧客の声として捉えることで問い合わせ前の潜在的な問題を分析することが可能です。

ユーザーが目的の回答を得られなかった場合にどのような言葉に言い換えて検索しているのかを可視化して、FAQコンテンツに不足している点を把握することができます。

課題を明確にして、FAQコンテンツを継続して改善していくことで、ユーザーが自己解決できる機会を増やし、疑問の放棄や電話による問い合わせを削減することが可能となります。

Helpfeelの料金·価格

Helpfeelの料金は公式サイトでは明記されていないため、問い合わせが必要となります。

2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Helpfeelでは、無料の試用アカウントは公開していませんが、FAQに関する課題があればサポートへ相談することで、解消に向けたプランを計画してくれます。

Helpfeel導入のメリット

オペレーターの負担を軽減できる

高い検索精度で、オペレーターに繋ぐ前にユーザー自身で回答を導きだせるようになるため、それまでFAQで対応できることでもオペレーターが対応していたというケースが減り、オペレーターの負担が軽減されます。

空いた時間をオペレーターの育成に充てることで、より高品質なサポートが提供できるようになり、ユーザー満足度の向上にも繋がるというメリットも生まれます。

導入企業側の負担が非常に少なくなる

FAQシステムを導入したいけれど、導入後の分析や改善に充てる人員も時間もないという企業にとって、Helpfeelは強い味方です。

FAQの作成から既存FAQ内のコンテンツ移行、改善までをHelpfeel側が請け負ってくれるため、人員不足の企業でもFAQの構築が可能となります。

Helpfeelの評判・口コミ

Helpfeelのいい評判・口コミ

Helpfeelでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

Helpfeelの良い口コミ・評判

・シンプルでゴチャゴチャしていないインターフェースが使いやすく魅力的。
・全問い合わせやトラブルに対して早急な対応をしてもらえるため、安心して利用できる。
・初期設定の際に必須の入力作業が少ないため、簡単に導入できる。

このようにHelpfeelでの良い口コミでは、画面がシンプルで見やすく使いやすいため便利という声や、どんな問い合わせやトラブルに対しても迅速に回答がもらえるため、安心して利用できるという声があります。
また、初期設定の際に必須の入力作業が少ないため、気軽に導入できるという声もあるようです。

Helpfeelのその他評判・口コミ

Helpfeelでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

Helpfeelのその他口コミ・評判

・管理ユーザーが20名のため、法人によっては少なく感じる。
・既存システムを移行しようとすると手間と時間がかかってしまう。
​​カスタマイズ機能の使い勝手が良くない。

このようにHelpfeelの悪い口コミには、管理ユーザーが20名のため、ユーザーが多くなる法人によっては少なく感じるという声や、既存システムから移行しようとすると手間と時間がかかり不便という声がありました。
また、カスタマイズ機能の使い勝手が良くないという声もあるようです。

Helpfeelを導入した結果は?

Helpfeelを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

Helpfeelを導入した結果に関する評判・口コミ

・自動応答のシステムを用いることで、余計な人件費を削減することができました。
・FAQを自動で解決できるようになり、人から人への質問が減ったため、対応時間を削減することができました。
・社内全体での問い合わせが減ったことで、効率的に他の業務を進められるようになりました。

このように、Helpfeelを導入することで、自動応答のシステムにより、余計な人件費を削減できたという声や、FAQを自動で解決できるようになることで人から人への質問が減ったため、対応時間を削減できたという業務効率化に繋がる声がありました。
その他の口コミでも、問合せに対応する手間と時間に短縮により業務が効率化できたという声が多いです。

Helpfeelの改善希望ポイントは?

Helpfeelに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

Helpfeelで改善して欲しいポイント

・検索の精度や検索スピードが上がって欲しい。
・デザインの種類が少ないため増やしてほしい。
・更新期限に制限がないため、利用者が善意で書いたページがノイズになる可能性があるため改善して欲しい。

このようにHelpfeelの改善希望ポイントには、検索の精度が低く検索スピードが遅いため改善して欲しいという声や、デザインの種類が少ないため、自由にデザインを選べるよう種類を増やして欲しいという声があるようです。
また、利用者が善意で書いたページがノイズになる可能性があるため更新期限に制限を設けて欲しいという声もありました。

Helpfeelの導入事例

電話問い合わせの急増を抑制できました

“認知向上に伴い、お客様からのお問い合わせも急増し、なかなか電話に繋がらないという状況を打開するためにHelpfeelを導入しました。Helpfeelは600ページほどあった既存FAQをわずか1ヶ月程度で移行してくれるサポート力の高さが魅力的ですね。結果として電話件数の急増を抑制することに成功し、顧客対応の品質が向上したと感じています。”(シロカ株式会社様)

導入1ヶ月で問い合わせが40%減少

“既存のFAQサイトではなかなかユーザー自身で自己解決まで至るケースが少なく、より自己解決しやすいFAQの構築とカスタマーサクセスへの問い合わせ率減少を目的にHelpfeelを導入しました。”(株式会社 FiNC Technologies様)

SNSでの口コミ·評判

類似サービスとの比較

Helpfeelの類似サービスとしては、アルファスコープやZendesk Guideが挙げられます。

アルファスコープは簡単な編集画面でナレッジ追加が可能なFAQシステムです。

ユーザーごとの検索ワードの違いにも柔軟に対応して高い検索ヒット率を実現します。また、チャットボットを搭載しているため、FAQをベースとしてシナリオを作成してユーザーを回答へと導くことができます。

料金としては、3プラン提供しており、最安のユーザー向けFAQは初期費用40万円、月額10万円から導入することが可能です。

Zendesk GuideはFAQシステムとして国内2,500社以上から導入されています。

直感的操作でヘルプセンターの構築が可能で、簡単に操作できるエディタが搭載されているため初心者の方にもおすすめです。

料金プランは、月額0ドルのLite、月額15ドルのProfessional、月額29ドルのEnterpriseが提供されています。

 

この製品に関連する動画を紹介

Helpfeelでセルフサービスの顧客対応を

Helpfeelについてご紹介させていただきました。

  • 高い精度の検索機能
  • 導入企業側の負担を軽減するサポート
  • 社内ナレッジにも活用できる

上記の点から、初めてFAQシステムを導入する方だけでなく、オペレーター不足に悩む方にもおすすめなサービスと言えます。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Helpfeel公式サイト

FAQの製品比較

JAPAN AI Chat

JAPAN AI Chat

月額費用要問い合わせ

JAPAN AI株式会社は、「AIで持続可能な未来の社会を創る」をビジョンとし、独自のAI技術開発や最新のAI技術を活用したプロダクト/サービスの提供、または各社のニーズに合わせて個社カスタマイズした AI 環境の構築支援/開発を行っています。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

DECAカスタマーサポート

DECAカスタマーサポート

月額費用要問い合わせ

DECAカスタマーサポートとは、株式会社ギブリーが運営しているカスタマーサポートツールです。自社データとChatGPTの組み合わせによってQ&Aを自動生成し、AIチャットボットやFAQシステムによって顧客対応を自動化することができます。

無料お試し要問い合わせ

OfficeBot

OfficeBot

月額費用150,000円〜

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

FAQの製品比較

JAPAN AI Chat

JAPAN AI Chat

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

JAPAN AI株式会社は、「AIで持続可能な未来の社会を創る」をビジョンとし、独自のAI技術開発や最新のAI技術を活用したプロダクト/サービスの提供、または各社のニーズに合わせて個社カスタマイズした AI 環境の構築支援/開発を行っています。

詳細記事はこちら

DECAカスタマーサポート

DECAカスタマーサポート

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

DECAカスタマーサポートとは、株式会社ギブリーが運営しているカスタマーサポートツールです。自社データとChatGPTの組み合わせによってQ&Aを自動生成し、AIチャットボットやFAQシステムによって顧客対応を自動化することができます。

OfficeBot

OfficeBot

月額費用150,000円〜

無料お試し要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは FAQの製品です。
    FAQの製品をまとめて資料請求

    Helpfeel の 口コミや導入事例・評判について

    満足度

    Scrapbox・他同社サービスを併用して使用可能

    良い点

    メンテンナスユーザー20名、アフターユーザー無制限、無料期間や試験運用はなし。この料金内でScrapbox、他同社サービスを併用して使用することができる。

    改善点

    利点にもなるが、管理ユーザーが20名と法人の方は少なく感じる可能性がある。管理者にかかる負担も大きく感じる。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    総務に問い合わせが頻発していたが、こちらを導入したことによりFAQをここで済ませられるようになった。

    満足度

    チャットボットよりも使いやすい

    良い点

    チャットボットを利用してのFAQ対応を行っていたものの、デザインもこちらのほうがよく機能面が優れていると感じた。

    改善点

    過去にチャットボットで使用していた自動応答のシステムを移行する際、時間がかかる。移行をスムーズに行えると助かる。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    自動嘔吐のシステムを用いることで余計な人件費を削減することができた。余った予算を他に回した。

    満足度

    すぐに答えにたどり着ける

    良い点

    社内のみの利用ですが、精度の高い検索機能で人によって違う検索の内容も柔軟に対応してくれる。すぐに答えにたどりつくことができる。

    改善点

    もともと社内で活用していたFAQをこちらに移行する際、とても手間がかかり面倒だと思った。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    オペレーターに繋ぐ前に自分で答えを見つけられ、ユーザー自体のストレスが軽減された。

    満足度

    検索のヒット率が高い

    良い点

    シンプルで見やすいインターフェースが使いやすく魅力的。検索性能が高く、口語的表現や感覚的な表記にも対応しているため性能が高く便利。

    改善点

    機能性や操作性の部分で特に問題はないものの、より感覚的な表現でも検索の精度があがると助かります。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    こちらのツールを導入したことによりさまざまなキーワード検索でもヒットするようになり、FAQページにたどりつくことができるようになった。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • FAQ

        企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot powered by ChatGPT API.

        (4.5)

                 
        月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

        実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

        自動化で企業DXを促進

        OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

        AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

        OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

        他言語に対応

        OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

         

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載