EnCollabo(エンコラボ)の料金·評判·機能について

更新日:

    働き方改革や働き方の多様化により、以前よりも勤怠管理が複雑になったと課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

    今回紹介するEnCollabo(エンコラボ)は、働き方改革を実現できる勤怠管理システムとして注目されているサービスです。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    EnCollabo(エンコラボ)とは

    EnCollabo(エンコラボ)とは株式会社ニックスが運営している勤怠管理システムです。

    シンプルな画面で直感的に操作することが可能で、紙やエクセルでの勤怠管理を大きく効率化することができます。


    勤怠管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

    EnCollabo(エンコラボ)の機能·特徴

    多彩な打刻方法に対応

    エンコラボは静脈打刻、ID認証打刻、画面クリック、ICカード·おサイフケータイ打刻と豊富な打刻方法に対応しています。

    定刻勤務はもちろんのこと、シフト制やフレックス制、1日複数回の勤務などにも対応することができるので、勤務形態が複雑という企業にもおすすめです。

    給与システムとの連携も可能

    エンコラボでは給与システムとの連携が可能で、蓄積した勤怠データを活用してスムーズな給与計算を実現します。

    連携可能な給与計算システムの詳細は問い合わせが必要となりますが、給与奉行やPCA給与、弥生給与などの主要な給与計算システムとの連携は問題なくできます。

    月次の給与計算にかかっていた集計作業や計算作業を大幅に効率化させることが可能となります。

    労務管理も効率化

    エンコラボは各種申請(休暇申請や時間外勤務申請など)を電子化することが可能で、予め残業警告時間を設定しておくことで超過労働の監視もできるため、労務管理の効率化につながります。

    自社独自のカレンダーが作れる機能を搭載しているため、暦通りの休日ではない企業や設立記念日などを休暇にしたい場合など柔軟に対応させることが可能です。

    EnCollabo(エンコラボ)の料金·価格

    エンコラボは勤怠管理機能を利用する場合と、勤怠管理+申請管理を行う場合で料金が異なります。初期費用は30,000円です。

    勤怠管理機能のみを導入する場合は、1人〜99人でユーザー1人につき月額300円の費用が発生します。

    勤怠管理機能と申請管理機能を利用する場合では、1人〜99人でユーザー1人につき月額400円となっています。

    以降、100人以上、500人以上、1,000人以上と利用人数が増えるほど、1人あたりの月額が安くなる料金体系です。

    2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    EnCollabo(エンコラボ)では、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて30日間無料のトライアルを提供しています。

    公式サイトから会社名や氏名、メールアドレスなど基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

    EnCollabo(エンコラボ)導入のメリット

    オプションで幅広い業務を効率化できる

    エンコラボのオプション機能は主に以下の機能になります。

    • 施設予約機能
    • 交通費、出張費精算
    • 仮払申請
    • スケジュール管理

    オプションは有料にはなりますが、新しく経費精算システムやタスク管理システムを導入するより安価に利用することができ、新しいシステムを覚える学習期間も不要となるため、より業務効率化を進めることができるというメリットが生まれます。

    EnCollabo(エンコラボ)の導入事例·評判

    Excel管理からの脱却に成功

    “エンコラボを導入前はExcelで各々が残業申請や有給申請を作成して上長に提出しており、ミスが多く管理も大変でした。エンコラボは事業所や職種ごとにWeb入力や打刻を使い分けることができる点がいいですね。手作業による入力ミスがなくなり、上長からも承認、管理にかかる手間が軽減されたと好評です。”(匿名希望製造業)

    類似サービスとの比較

    エンコラボとの類似サービスとしては、ジョブカン勤怠管理やシュキーンが挙げられます。

    ジョブカン勤怠管理はローコストかつシンプルな操作性が好評で多くの企業から導入されている勤怠管理システムです。

    ICカードやSlack、LINEによる打刻も可能となっています。社労士監修でアラート機能もあるため法令を遵守した勤怠管理を実現します。

    料金としては初期費用0円で1ユーザーにつき月額200円から利用することが可能です。

    シュキーンはfreeeやMFクラウド給与など主要な給与計算ソフトと連携が可能な勤怠管理システムで、シンプルな機能構成がユーザーから高評価されています。

    ブラウザやICカード、ビーコンを利用しての打刻が可能で、スマホアプリも提供されているのでより手軽に利用することが可能です。

    料金面では従業員1人あたり月額200人で利用することができます。

    EnCollabo(エンコラボ)を含むおすすめの勤怠管理システム比較

    勤怠管理システムについては以下記事でもまとめていますので参考にしてみてください。

    EnCollabo(エンコラボ)で自社に最適な勤怠管理の実現を

    複雑な勤務形態や就業ルールがある企業にこそエンコラボはおすすめです。

    顧客からのニーズを反映して企業にマッチした勤怠管理システムを構築してくれるので、本記事で興味をもたれた方はまずは無料のトライアルに申し込んでみると良いでしょう。

    画像·データ出典:EnCollabo公式サイト

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載