今注目のテレマーケティングとは?テレマーケティングのコツや営業効果、コールセンターとの違いについて

更新日:

    電話を使った営業手法は今なお主流のものとして取り入れている企業が多いですが、なかなか成果が出せずに課題を感じていると企業も多いようです。

    今注目のテレマーケティングとは、どんな営業方法なのでしょうか。
    テレマーケティングのコツや営業効果、コールセンターとの違いについて解説していきます。

    テレマーケティングとは?どんなことをすることなのか?

    テレマーケティングとは、電話やFAXなどを使って営業をかけていく方法です。
    個人客の場合は電話がメインとなり、法人客の場合は電話のほか、FAXを第一手段とする方法もあります。

    既存の顧客はもちろん、見込み顧客に対しても営業やフォローアップを行い、より詳細なニーズを聞き出すことができるため、取り入れる企業は業界を問わず多いダイレクトマーケティングになります。

    テレアポと混同される場合もありますが、それぞれ目的や対象が違います。

    テレアポは自社顧客に対してではなく、新規顧客の獲得を目的として行うものでより多くの架電数が必要となるため専門業社や営業代行会社へ外注されるケースもあります。

    電話番号はどのように取得するのか

    テレマーケティングを行うにあたって気になるのが、どのように電話番号を取得するのかという点です。
    電話番号の取得方法は大きく分けると2つの方法があります。
    1つは自社サイトにメールや電話、資料請求などで問い合わせてきた顧客の電話番号、または、以前にオンラインショップや実店舗·通販などで購入履歴のある顧客が自ら登録した電話番号にかける方法です。
    もう1つはリストです。
    電話番号を収集して販売している専門業者がおり、そういった業者から購入して利用します。
    自社の商品やサービスのターゲット層に合う個人客のリストや法人のリストを入手するのが一般的です。

    電話による営業方法

    電話による営業は取得した電話番号やリストを通じて、電話をかけていき、自社の商品やサービスを売り込みます。
    すでにサンプルや資料請求、購入履歴のある見込み客の場合は、「サンプルを使ってみていかがでしたか。」といった切り口から、購入履歴がある場合には「以前ご購入いただき」といった切り口からスタートします。
    リストの場合は、販売目的に応じて、相手に提案販売やコンサルティング販売をするのが一般的です。

    FAXによる営業方法

    FAXを使うテレマーケティングは法人向けが一般的です。
    法人向けの商品やサービスのチラシをFAXで流し、興味がある場合やもっと情報を知りたい場合には問い合わせ先に電話をかけることやホームページから問い合わせるように案内をしておきます。
    それによって問い合わせをしてきた顧客に、営業をかけていく方法です。

    テレマーケティングを成功させるためのコツ

    では、テレマーケティングを成功させるためのコツはどのような点でしょうか。
    1つ目はターゲット客の選定、2つ目は営業トーク、3つ目は営業トークの中でも提案力です。
    それぞれのコツについて、詳しく見ていきましょう。

    ターゲット客の選定

    ターゲット客をいかに定めるかは、テレマーケティング成功の重要な要素です。
    電話帳を一から順にかけていっても、つながらないか切られるか、断られるだけです。
    一度でも問い合わせがあったり、サンプル請求や資料請求をしたり、購入履歴がある客は、自社の商品やサービスに興味を示していることになるため、見込み客としてターゲット客になります。
    リストを取り寄せる場合も、リストが得られれば良いではなく、自社の商品やサービスのターゲット層に合わせた条件を指定して取り寄せなくてはなりません。
    たとえば、不動産投資の営業なら年収1,000万円以上の上場企業社員、医師、弁護士など年収や職業などを指定します。

    営業トーク

    リストを使って初めてコンタクトを取る顧客はもちろん、問い合わせがあった場合や購入履歴がある見込み客であっても、初めてこちらから電話するわけですから、相手は警戒してしまったり電話を切ってしまう可能性もあります。
    最初にどのようなトークから入るのか、声のトーンや話し方を工夫して、最初の一言で切られず話を聞いてもらえるノウハウが必要です。
    トークマニュアルをはじめ、ロールプレイングなどの研修が必要なケースもあります。

    提案力

    営業トークを成功させるコツが提案力です。
    商品やサービスを必要と感じさせる提案をすることがポイントです。
    商品やサービスの内容により、不安を感じさせる、問題を投げかける、魅力を感じさせる、お得だと思わせるなどが必要になります。
    たとえば、医療保険や生命保険なら用意していないと不安だなと思わせたり、新電力や通信なら今より安くなるかもとお得感を感じさせたりといった方法です。
    すでに購入履歴がある顧客なら、定期購入の提案など、お得な料金で継続できることをアピールするなどです。

    テレマーケティングは実際に営業効果をもたらすものなのか?

    テレマーケティングの営業効果は実際どうなのか。それは、商品やサービス、知名度や価格帯にもよりますが、効果は出せます。
    その一番の理由は、直接顧客と話せるからです。
    ダイレクトメールやチラシ、Web広告を出すのとは異なり、お互いに話ができるので、相手の反応に合わせて顧客の興味を引き出すことが可能です。
    商品やサービスに対する疑問や不安もその場で解消できるので購入や利用申し込みにつながりやすくなります。
    もっとも、近年は知らない電話には出ないという人も多く、つながりにくい、営業できる割合が少ない点があるので、その点は覚悟や工夫が必要です。

    テレマーケティングとコールセンターの違いについて解説

    テレマーケティングというと、コールセンターを思い浮かべる方が多いですが、基本的に機能が違います。
    テレマーケティングとコールセンターの違いはこちらから営業をかけるのか、それとも、問い合わせや注文を受けるのかで、能動的、受動的の違いがあります。
    コールセンターの主な業務は商品やサービスの問い合わせや受注、クレーム対応、操作方法の案内などが主な業務です。
    相手からかかってくる電話を受けることをインバウンドと言います。
    ただし、コールセンターでも相手にかけるアウトバウンドがメインの場合には、営業となるテレマーケティングが行われるケースもあります。

    テレマーケティングのメリット・デメリット

    では、テレマーケティングを行うメリット、デメリットについて見ていきましょう。
    まずは、メリットからご紹介します。

    テレマーケティングのメリット

    テレマーケティングのメリットとしては、顧客と直接話ができること、顧客の反応が活かせることが挙げられます。
    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    顧客と直接話ができる

    サンプル請求や資料請求をした顧客の中には欲しいな、申し込みたいなと思っても、迷っている場合や決断のキッカケがない、面倒などと放置しているケースもあります。
    テレマーケティングによって直接話をすることで、最後の一押しが可能です。
    リストから電話をかける場合は、まったく興味がない相手もいますが、提案を通じて興味を引き出し、その場で成約につながるケースも少なくありません。

    顧客の反応が活かせる

    仮に成約には至らなくても、商品やサービスに対する評価や不満が確認できることや顧客とのトークを通じて、どのようにすれば成約につながるかのヒントが得られます。

    テレマーケティングのデメリット

    では、テレマーケティングのデメリットはどんな点でしょうか。
    代表的なデメリットは成果を出すための手間がかかる、すぐに切られるといった点が挙げられ、それぞれ説明します。

    手間がかかる

    かつては固定電話があり、自宅にいる専業主婦なども多く、土日は家にいるなどつながりやすい時代もありました。
    ですが、近年は固定電話はない、共働きでほとんど家にいない、携帯電話では知らない電話番号には出ないなど、つながりにくいのが現状です。
    営業トークに至る以前に、なかなか相手と繋がらないのがデメリットです。

    すぐに切られる

    相手と繋がったとしても、営業の電話だとわかると、話も聞かずに切る人は少なくありません。
    電話をかける数に対して、繋がる確率、営業ができる確率が低いのがデメリットです。

    テレマーケティングのコツを理解して取り入れよう

    テレマーケティングは見込み客やターゲット客に対して、自社の商品やサービスについて直接営業できる方法です。
    トーク力を磨くなどして、顧客に提案し、興味や不安を引き出すことで成約につながります。

    より成果を高めるためにも、本記事で紹介したコツを理解してテレマーケティングを取り入れてください。

    この製品はCTIの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    CTIの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【CTI】

        電話営業が劇的に効率アップ: List Navigator

        (4.5)

        基本料金150円〜/1ブースあたり無料お試しあり
        初期費用0円〜システム利用料金30日間無料

        トップアポインターやスーパーバイザーとしての経歴がある開発者の豊富な経験やノウハウが詰め込まれたCTIのため、電話営業の効率アップを実現する機能が豊富に搭載されています。

           

        誰でも使えるUIを採用

        List Navigatorは、直感的に操作できるユーザーインターフェースを採用しており、オペレーターの方が最小限の操作で業務を行うことができるように、細部までこだわって開発されているシステムです。

        テレワークにも活用できる

        List Navigatorは、クラウド型のシステムであるため、PCとインターネット環境が整っていれば、時間や場所を選ばずに利用することができます。

        クリアな音質

        CTIにおいて意外とトラブルになりがちなのが音質です。 いくら効率化につながる機能が搭載されていても、肝心の通話品質に問題があっては意味がありません。 List Navigatorは、どこよりもクリアな音声でストレスフリーな通話環境の実現にこだわっているため、効率的かつスムーズな電話業務が可能になります。

        幅広い規模のコールセンターに対応: MEDIA-CTI

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用0円導入社数400社以上

        実際にMEDIA-CTIを導入した企業からは、「効率が上がって売り上げが倍になった」「外出先の営業担当者との連携がスムーズになった」「今まで溢れていたコールに対応できるようになった」といった声が挙げられており、確かな導入効果を実感することができます

        お客様の業務に合わせてシステムを構築

        大規模コールセンターにも対応できる豊富な機能の中から、必要な機能だけを選んで導入することができます。 余計なコストが発生せず、パッケージ製品のようにシステムに業務をあわせる必要もありません。

        通信回線や機器構成の提案が可能

        MEDIA-CTIが他社と違う点は、お客様の課題に沿って通信回線や機器構成などのネットワークインフラを提案できる点です。

        導入後のサポートは伴走型

        額利用料内で問合せや保守対応を行っており、トラブルが発生した際は原因調査と切り分けを実施します。 お客様の社内にシステムに詳しい方がいなくても、安心して利用することができる体制が整っています。

        テレアポ効率が向上するCTIシステム: BizBaseテレマーケティング

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間6ヶ月間

        実際にBizBaseテレマーケティングを導入した企業からは「1時間あたりのコール数が270%アップした」、「80時間かかっていた業務が21時間まで削減できた」、「サポート対応が丁寧で良い」などの声が挙げられております。

        架電先管理で効率的なテレアポが可能

        RBizBaseテレマーケティングは「架電件数をもっと増やしたい」、「無駄な動作を省略して生産性を上げたい」といった悩みを解消する機能が豊富に搭載されています。

        お問い合わせを自動で応答・管理

        BizBaseテレマーケティングは通話内容の録音やモニタリングによって電話対応の品質を向上させることができます。 また、IVR(自動音声応答)やACD(着信呼自動分配)によってお問い合わせ対応のスピードアップを実現可能です。 担当者への転送も容易に可能なため、状況に応じて適切なお問い合わせ対応が可能になります。

        蓄積した情報から顧客分析・行動改善

        分析機能にも優れており、担当者単位での集計はもちろん、日次·月次などの時間単位でのリアルタイム集計が可能です。 常に最新の集計結果が確認できるため、顧客分析をもとにトークスクリプトを作成してオペレーターの行動改善に繋げることが可能となります。

        現場のプロによって開発されたCTI: CALLTREE

        (4.5)

        月額費用5万円無料お試しあり
        初期費用10万円最短導入期間3日〜

        コールセンター業務における課題を解消して業務効率化·コストカットを実現することができ、その使いやすいシステムと優れたサポート体制から利用継続率は93.8%という実績があります。

        初めてでも使いこなせるインターフェース

        CALLTREEは、シンプルなデザインと操作性で、初めてCTIシステムを扱うという方でも容易に使いこなすことができます。

        全ての情報が共有できる

        ALLTREEは、クラウド型のシステムのため、世界中どこにいてもリアルタイムでの情報共有が可能です。 一つのデータベースを全てのオペレーターが共有できるため、特定のオペレーターしか把握していないという属人化を防止し、顧客情報や更新状況などを一括で管理することができるようになります。

        顧客情報の管理にも優れている

        CALLTREEにはCRMとしての機能も搭載されており、リストデータベースの一括管理や顧客情報の編集機能、重複番号の自動判別機能などによって効率的な顧客情報の管理と架電数のアップを実現することができます。

        類似サービス: Mostable

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        クラウド型のCTIのため、複雑な設定をすることなく導入ができ、ネット環境が整備されていれば、場所を選ばずすぐにコールセンターを開設することができます。直感的に操作することができるインターフェースで設計されているため、初めてCTIシステムを導入するという方にもおすすめのサービスとなっております。

        誰でも使いこなせる操作性

        Mostableは、PCの操作が苦手という方でも最低限の学習期間ですぐに扱える操作性で設計されています。そのため、CTIシステムの利用経験がない方や高齢の方でも使いこなすことができます。年齢や経験に捉われることなく、人材を拡充することができるため、人材確保のコスト削減にもつながります。

        オペレーターの状態をリアルタイムに把握

        Mostableには、モニタリング機能が搭載されているため、リアルタイムにオペレーターの状態を把握することができます。また、ささやき機能によって、電話中のオペレーターに対して的確なアドバイスを通話相手に聞かれずにすることが可能となります。リアルタイムの指導ができることで、顧客対応の品質向上やクレーム防止が実現できます。

        場所を選ばずコールセンターが運営できる

        Mostableは、ネット環境とPC、ヘッドセットがあれば、すぐに利用開始することができます。場所を選ばず利用できるため、テレワークを導入している企業、複数の拠点を持っている場合にも適しています。また、リストの共有や発行したユーザーアカウントに権限を設定したり、架電効率の集計を自動化することも可能です。

        類似サービス: XCALLY

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        電話(発信/着信)、FAX、SMS、SNS、電子メール、チャットなど、様々なコミュニケーションチャネルを1つの管理画面上で統合して利用することが可能です。

        さまざまなチャネルに対応

        SNSやチャットなど、時代に合わせてチャネルの数も増えていくものです。XCALLYでは、電話やメールなどはもちろん、LINEなどのSNSにも対応しています。

        CRMとの連携が可能

        XCALLYは、多くのCRM、チケッティングサービスとの連携が可能です。【連携可能CRM】Salesforce/Zendesk/ZOHO/freshdesk/MicrosoftDynamics365/vtiger

        オフィスとリモートワーク、併用対応も可能

        お客様のご利用環境や操作性に対する慣れなどを考慮し、固定電話やスマートフォン、PCを使ったソフトフォンなど、複数のデバイスから選択可能です。状況によって、日々切替しながら利用することもできます。

        類似サービス: YOMEL

        (4.5)

        月額費用1〜20席 15,000円/席〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        コールセンターでの顧客対応における通話内容や、オンライン商談ツールを使っての商談内容など、PCを使った会話の全てを対応履歴として可視化することができ、使えば使うほど読み取り精度が向上します。

        対話内容を履歴として管理できる

        YOMELでは、CTIやPBX、オンライン会議ツールを利用した対話をすべて対応履歴として残すことができます。通常の業務システムを一切変更することなく、普段から利用しているCTIやオンライン会議ツールをそのまま利用することが可能です。

        対話内容を自動でテキスト化

        YOMELを導入することで、CTIやオンライン会議ツールを通した対話内容を自動でテキスト化することが可能です。テキスト化された文字は、LINEやSlackのようなチャットツールでよく見ている形式で表示され、テキスト化されなかった場合でも、チャットに対応した録音もワンクリックで聞くことができます。

        対話ログは簡単に検索

        YOMELでテキスト化した内容は、対話ログから簡単にキーワード検索することが可能です。商品やサービスに関する商談では、料金に関する会話のみを抜き出したり、カスタマーサービスにおける特定のキーワードのみを抜き出して、顧客対応品質の向上に役立てることができます。

        類似サービス: MiiTel(ミーテル)

        (4.5)

        月額費用5,980円〜/ID無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

           

        電話対応の内容を可視化できる

        従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

        架電業務の効率化を実現

        MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

        連携機能で更に機能を強化できる

        MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

        類似サービス: Comdesk Lead

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し1週間
        初期費用要問い合わせ最短導入期間3営業日程度

        Comdesk Leadとは、株式会社Widsleyが運営しているインサイドセールスCTIです。 インサイドセールスCTIの中では、唯一携帯回線を使用することができ(特許取得済み)、通話コストの削減や業務効率化につながる確かなサービスとして幅広い業種・規模の企業から導入されています。

           

        モバイル連動でコストを削減

        Comdesk Leadを導入することで、モバイル回線を利用した営業が可能となり、通話料の固定化を実現できます。 専用の機材や回線工事を行う必要もないため、イニシャルコストが気になるという方にもおすすめのサービスとなっています。

        営業効率を向上させる機能を搭載

        Comdesk Leadには、オートコール機能や顧客情報の管理機能が搭載されています。 これらの機能によって、通話間隔を短縮した架電やテレワーク・外出先からの顧客情報の確認が可能となります。

        管理機能で営業活動を把握

        Comdesk LeadにはAIが搭載されており、通話内容をテキスト化してCRMに活動履歴を自動で生成することもできます。 外出先や在宅など様々な場所での営業も、「いつ」、「どこで」、「誰と」、「何を」話したのかがデータとして残るため、営業活動を把握しやすくなります。

        類似サービス: 発助

        (4.5)

        月額費用基本料金4,000円/チャネル数課金8,000円無料お試し1週間
        初期費用基本料金10,000円/チャネル数課金8,000円最短導入期間1〜2週間程度

        発助とは、ソフトプラン株式会社が運営しているオートコールシステムです。 小さい会社でも簡単・安価に利用することができ、自動電話(自動発信、自動音声案内など)でイベントのお知らせや督促連絡、リード開拓、アンケート調査などを可能とします。

           

        架電効率がアップする

        発助を導入することで、1回線あたり1日500件程度はオートコールできるため、人による架電と比べて、短時間に大量の架電が可能となります。 架電のオペレータが不要になり、人件費の削減にもつながる点もメリットです。

        教育が不要になる

        オートコールによる音声ガイダンスで電話業務ができるようになるため、新人オペレーターに教育する手間が不要となります。 常に一定のサービス品質を保った架電が実現できます。

        複数タイプが選べる

        発助では、「ソフトフォン版」「携帯・アダプタ版」「アダプタ版」の3タイプから自社にあったものを導入することができます。 ソフトフォン版は、アダプタ不要で簡単に導入できる点が特徴的です。

      • CTI

      • CTI

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載