発助の料金・評判・口コミについて

    営業/マーケティングツールとしてオートコール・システムは約30年ほどの歴史があり、現在でも利用されています。

    しかしオートコールを聞いたことはあるけど、実際に自分で使ったことはない、興味はあるけれどよくわからない、という方が多いのではないでしょうか?

    以前のオートコールは通話料も含めて高額で、投資対効果的にネックがありました。

    しかし最近では、価格が非常に安価になってきているので利用できる可能性は広がっています。

    発助は、かけ放題にも対応しているオートコールシステムとして注目されています。

    本記事では、発助の特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    発助とは

    発助とは、ソフトプラン株式会社が運営しているオートコールシステムです。

    小さい会社でも簡単・安価に利用することができ、自動電話(自動発信、自動音声案内など)でイベントのお知らせや督促連絡、リード開拓、アンケート調査などを可能とします。

    固定電話、携帯回線、IP回線に対応しており、携帯回線であれば、かけ放題プランを利用することで、通話料を格安に抑えることができます。

    発助の利用シーン・業種

    発助は、顧客開拓 / 売掛回収の督促 / 選挙活動 / 高齢者の安否確認 / トラック誘導 / イベント情報の通知 といった幅広いシーンで利用されている実績があります。

    また、太陽光発電 / 蓄電池 / リフォーム / 火災保険 / 補助金案内 / 弁護士 / 教育教材 / 税理士紹介といった、幅広い分野で導入されています。

    発助の提供タイプ

    ソフトフォン版

    発助のソフトフォン版は、アダプタ不要で簡単に導入できる点が特徴的です。

    050番号のインターネット電話を使用するため、簡単かつ安価に利用でき、パソコンとインターネット環境を用意するだけのため、導入にあたり手間がかかりません。

    発助のソフトフォン版を利用するには、以下の環境が推奨されます。

    • OS:Windows8 以上 | 32bit版・64bit版
    • CPU:Intel Core i3以上
    • メモリ:4GB以上
    • HDD:空き10GB以上

    携帯・アダプタ版

    専用アダプタと携帯電話をBluetoothで接続してオートコールが可能です。

    携帯電話のかけ放題プランを利用すれば、通話料を格安に抑えることができます。

    携帯・アダプタ版の推奨環境は以下の通りです。

    • OS:Windows8 以上 | 32bit版・64bit版
    • CPU:Intel Core i3以上
    • メモリ:4GB以上
    • HDD:空き10GB以上

    アダプタ版

    専用アダプタを使って、既存の電話回線(アナログ回線、INS回線)でオートコールをすることができます。

    アダプタ版の推奨環境は以下の通りです。

    • OS:Windows8 以上 | 32bit版・64bit版
    • CPU:Intel Core i3以上
    • メモリ:4GB以上
    • HDD:空き10GB以上

    発助の導入メリット

    架電効率がアップする

    発助を導入することで、1回線あたり1日500件程度はオートコールできるため、人による架電と比べて、短時間に大量の架電が可能となります。

    架電のオペレータが不要になり、人件費の削減にもつながる点もメリットです。

    教育が不要になる

    オートコールによる音声ガイダンスで電話業務ができるようになるため、新人オペレーターに教育する手間が不要となります。

    常に一定のサービス品質を保った架電が実現できます。

    発助の利用フロー

    発助の利用フローはシンプルで、以下の通りです。

    1. 架電リストをパソコンにインポート
    2. スクリプト原稿・音声ファイルの作成
    3. オートコール実行
    4. 結果データ・集計の出力

    発助の主要な機能

    • 架電リストのインポート:CSVファイルで電話番号や氏名、住所情報をインポート
    • スクリプト作成:ナビに従って基本的なスクリプトの作成が可能
    • 開始・終了条件の設定:発信開始日時、終了日時の条件設定が可能
    • 自動発信:インポートした架電リストの番号へオートコール
    • 音声再生:音声ファイルを自動再生
    • プッシュボタン認識:相手側からプッシュボタン押してもらうことで、分岐処理や結果情報として記録
    • メール送信:任意のタイミングで自動メールを送信
    • リアルタイム集計:進捗状況をリアルタイムに集計表示
    • 拒否番号登録:電話番号を登録することで、拒否された電話番号への再発信を防止

    発助の料金·価格

    発助では、3つの提供タイプ(ソフトフォン版、携帯・アダプタ版、アダプタ版)別に料金が異なります。

    ソフトフォン版

    • 初期費用:基本料金10,000円/チャネル数課金8,000円
    • 月額費用:基本料金4,000円/チャネル数課金8,000円

    携帯・アダプタ版とアダプタ版の料金については、フォームからお問い合わせください。

    いずれのタイプも条件により料金が変わるため、問い合わせフォームから見積もり依頼を出してみると良いでしょう。

    詳細については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    ※価格情報は、2022年9月時点のもの

    Q&A

    システムの導入にはどれくらいの期間が必要ですか?

    最短で1〜2週間程度のお時間を頂戴します。

    オートコールで使うパソコンはMacに対応していますか?

    Windowsにのみ対応しております。

    来社して頂いた上でデモンストレーションを見せてもらうことはできますか?

    貴社でインターネットに接続できるパソコンがあれば、リモートにてデモンストレーションを実施させていただきます。

    最低利用期間はありますか?

    ソフトフォン版の最低ご利用期間は6ヶ月となります。ソフトフォン版以外ではご利用期間の制限はございません。

    携帯電話のかけ放題プランを契約した場合、他に通話料は発生しませんか?

    携帯・アダプタ版の場合、他に通話料は発生しません。携帯電話への着信電話を転送設定すると、キャリアによっては転送の通話料が発生します。

    1日に何件くらいオートコールできますか?

    おおまかにですが、1日で500件程度のコールが可能です。

    発助の詳細について

    発助について、機能や料金などを紹介させていただきました。

    架電にかかる手間を自動化できる発助は、人件費を削減して大量架電を実現することができます。

    発助のサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    発助
    資料ダウンロードはこちら

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載