freshsalesの料金·評判·機能について。1人につき月額12ドルから利用可能?

最終更新日 

効率的に利益を上げるためのITツールとして、CRMを導入する企業が増えました。
膨大な顧客情報を管理して分析結果を可視化できるfreshsalesの特徴が強み、料金プランについてまとめます。

freshsalesとは

クラウド型CRM/SFAで、AIベースのリードスコアリング·内蔵の電話機能·メール·アクティビティキャプチャー機能などがあります。
手軽で機能性に優れ、シンプルでわかりやすいインターフェースが評価されているのです。

freshsalesの機能·特徴

freshsalesは、わかりやすく使いやすいことで評価の高いクラウドベースの顧客関係管理システムです。

カスタマイズ可能

カスタマイズが可能なため、導入においても運用においても外部委託費用を最小化することができます。
シンプルなため社内リソースの整理に工数を割く必要がなく、分析や改善などに時間を使うことが可能です。

導入スピードが速い

最短で翌日から運用が可能なほどスピーディーで、購入してすぐに使うことができるのが特徴です。
情報の一元管理はもちろんのこと、あらゆる営業活動を即日サポートします。

ほかのクラウドアプリと連携

FreshworksCRM向けに100以上のアプリが公開されており、連携することで自由に使いこなすことができます。
もちろん、Office 365、Outlook、Gmail、Salesforceなど多数のビジネスツールと連動し、1つのシステムで全ツールを最大限に活用できます。

freshsales導入のメリット

一つの画面に知りたい情報のすべてを集約できるため、営業業務が簡単に可視化できるのが強みです。
パイプラインの全ステージを把握できるため案件が整理·分析しやすく、成約までのスピードを加速させられるのがメリットとなっています。
またサイト訪問者をキャプチャーし、Web内での行動と反応を追跡できるため、見込み客を逃しにくいのが魅力です。
登録できる情報量が多く、カスタマイズが手軽に行える点が大きな利点となっています。
詳細なレポートにより営業を分析し、顧客のステータス管理と業績予測などが把握できることがメリットです。

freshsalesの価格·料金プラン

BLOSSOM、GARDEN、ESTATE、FORESTの4つのプランがあり、それぞれユーザーあたりの月額費用は$12、$25、$49、$79です。
また、FOREST以外のプランは月次請求にもできますが、少々料金が上がってしまいます。
21日間の無料トライアルがあります。
2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

freshsalesの注意点

もともとAPAC地域で非常に高い顧客満足度を得ていたツールですので英語での情報が多いですが、2020年10月に日本語化対応が完了したので基本的に問題はありません。

freshsalesの導入事例·評判

大幅な時間短縮を実現

“以前使用していたシステムは単なる連絡先データベースのようになってしまっていましたが、freshsalesは弊社が必要とするすべての機能を持っていました。メールトラッキングやリードスコアリングなどこれまでにない機能により、大幅な業務時間短縮になりました。”(Planned Giving Marketing社様)

類似サービスとの比較

類似サービスとしてはSalesforce Sales Cloudが挙げられます。
料金プランは、Essentials、Professional、Enterprise、Unlimitedの4つで、それぞれユーザー当たり3,000円、9,000円、18,000円、36,000円です。
機能としては、取引に関する活動履歴や顧客とのやり取り、社内ディスカッションなどの情報をまとめて把握できます。
商談管理により案件の進捗状況、製品、競合、見積もりなどを確認し、顧客に関する情報管理、見込み客管理などを行う機能のほか、レポート機能や売上予測機能などがあるのです。
売上予測機能では AIにより営業に役立つインサイトを見つけ、どの案件が成約するかを予測し、すべてのリードと商談について最適なステップを助言します。

Salesforce(セールスフォース)の料金·評判·機能について。どんなことが実現できる?

SFA/CRMについては以下記事でも解説しています。

SFAとは?主な機能やCRMとの違い、導入のポイントを紹介

おすすめ顧客管理(CRM)アプリ12選!無料で使えるアプリも紹介

freshsalesで顧客管理の効率化を

使い勝手がよくCRMで必要な機能は十分に揃っており、営業のそれぞれのステージを容易に管理することができるのが強みです。
項目がモジュールで分かれていることでカスタマイズしやすく、登録できる情報量が多いのが大きなメリットです。
リーズナブルで無料トライアルもあるため、気になった方はまず試してみることをおすすめします。

画像·データ出典:freshsales公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載