勤怠@Webの料金·評判·機能について

更新日:

    働き方の多様化や働き方改革による法整備の厳重化により勤怠管理担当者の負担は以前より大きなものとなっています。

    エクセルや紙での勤怠管理から脱却し、業務効率化を図るためには勤怠管理システムの導入がおすすめです。

    今回紹介する勤怠@Webは、クラウドで利用できるだけでなく、自社の運用にあったカスタマイズが可能であることから注目されています。

    機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    勤怠@Webとは

    勤怠@Webとは株式会社キャリアビジョンが運営している勤怠管理システムです。

    多機能でありながら1画面で完結するシンプルな設計なので、勤怠管理システムを初めて導入する企業でもスムーズな運用ができます。

    勤怠@Webの機能·特徴

    豊富な機能を搭載

    勤怠@Webには基本的な勤怠管理に関する機能から給与計算、労務管理システムとの連携まで幅広い機能が搭載されています。

    導入することができる打刻方法としては、ICカード認証、ブラウザやスマホからのID認証、生体認証など豊富な打刻方法を取り入れることができる点も特徴的です。

    柔軟なカスタマイズ

    勤務形態や勤怠管理方法は企業によって異なり、自社で利用したい機能が搭載されている勤怠管理システムを探すのは意外と苦労するものです。

    勤怠@Webは同一労働同一賃金、有休5日の義務化、深夜勤務への対応など導入企業の都合に合わせて柔軟にカスタマイズして運用することができます。

    導入前のヒアリングで、自社の勤怠管理状況から最適なカスタマイズを提供してくれるので最適な運用を実現することが可能です。

    充実のサポート体制

    初めて勤怠管理システムを導入するという場合でも安心して利用できるように、勤怠@Webではサポート体制に注力しています。

    営業時間外でもメールで問い合わせをすることで、緊急性に応じて即時対応してくれる場合もあるので安心です。

    導入前には丁寧なヒアリングで導入企業の就業ルールに合わせた勤怠管理システムの設定を提案してくれます。

    導入後も操作方法など基本的な事項からマスタ変更の案内などきめ細やかなサポートを提供してくれるだけでなく、法改正にも迅速に対応してくれるため、導入企業側が勤怠管理に集中できる環境を構築することが可能です。

    勤怠@Webの料金·価格

    勤怠@Webの料金は公式サイト上では公開されていないため、問い合わせが必要となります。

    公式サイトで公開されている見積もり例としては従業員1,000人規模の場合、初期費用が750,000円、月額費用が250,000円と明記されているので参考にすると良いでしょう。

    2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    勤怠@Webでは、無料トライアルについては公式サイト上では明記されておらず、問い合わせる必要があります。

    勤怠@Web導入のメリット

    自社にあった勤怠管理が可能に

    勤怠@Webはカスタマイズに強みを持っており、導入前のヒアリングから導入企業に最適な勤怠管理システムを作り上げて納品してくれるので、勤怠管理システム導入が成功しやすいというメリットがあります。

    勤怠@Webの導入事例·評判

    有休オプションが便利

    “以前は紙ベースでの勤怠管理だったので、記入ミスや承認までのタイムロスがあり課題となっていました。勤怠@Webで特に便利だと感じているのは有休オプションです。有休申請用紙を発行する紙代や配布までの時間ロスなど大きく業務効率化されました。”(株式会社小田急エンジニアリング様)

    カスタマイズ性が導入の決め手

    “従業員ごとに時給が異なる点や交通費の計算方法も違うことで勤怠管理が複雑になっていたため勤怠@Webを導入しました。勤怠@Webは自社にあったカスタマイズができることが導入の決め手でした。導入後は店舗で管理する業務と本部で管理する業務を分業化することが可能となり業務の自動化、省力化につながったと感じています。”(株式会社ゼットン様)

    類似サービスとの比較

    勤怠@Webとの類似サービスとしては、「ジョブカン勤怠管理」や「ちゃっかり勤太くん」などが挙げられます。

    ジョブカン勤怠管理はクラウドサービスとして利用できる勤怠管理システムで、ローコストで導入できることが特徴的です。

    ICカードによる打刻、SlackやLINEを利用しての打刻など豊富な打刻方法を搭載しています。働き方改革関連法など最新の法体制にも迅速に対応してアップグレードしてくれるため、企業側で設定を変更する必要がありません。

    料金としては、ユーザー1人あたり月額200円から利用することが可能です。

    ちゃっかり勤太くんはホテルやブライダルなど幅広い業界で導入されており、勤怠管理システムとして豊富な機能を有しています。

    直接入力だけでなく、フェリカ、タッチパネルなど豊富な打刻方法に対応していることが特徴的です。

    料金面では1ユーザーにつき初期費用1,200円、月額料金200円からのプランが最安となります。30日間であれば無料で利用できるトライアルプランも提供しています。

    勤怠@Webを含むおすすめの勤怠管理システム比較

    勤怠管理システムについては以下の記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

    勤怠@Webで自社だけの勤怠管理の実現を

    勤怠管理システムを導入したいけれど、自社の独自の就業ルールに対応できる勤怠管理システムがなかなかないという場合に勤怠@Webはおすすめです。

    懇切丁寧なサポート体制に定評があるので、気になった方はまず問い合わせをしてみると良いでしょう。

    画像·データ出典:勤怠@Web公式サイト

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載