ちゃっかり勤太くんの料金·評判·機能について。1ユーザーにつき月額200円から利用できる?

最終更新日 

タイムカードの集計などの作業は手間がかかることから、近年は勤怠管理システムを活用する企業が増えてきました。
そこで、本記事では、クラウド型勤怠管理システムのちゃっかり勤太くんについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

ちゃっかり勤太くんとは

ちゃっかり勤太くんは、株式会社エイ·アイ·エスが提供しているクラウド型の勤怠管理システムです。
PC打刻、シフト一括取り込み、休暇管理などの機能が揃っており、従業員の勤怠管理を効率良く行うことができます。
自社の就業ルールに合わせたカスタマイズできることから、ブライダル、ホテル、医療などさまざまな業種で導入されています。

ちゃっかり勤太くんの特徴·機能

では、ちゃっかり勤太くんにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。
見ていきましょう。

さまざまな認証システムが選択できる

ちゃっかり勤太くんの特徴は、直接入力のほかに、フェリカ、タッチパネルなどいろいろな打刻方法が用意されていることです。
指静脈認証や手のひら静脈認証などを活用すれば、不正打刻も防げるようになります。

自社に合わせたカスタマイズ

カスタマイズが可能なことも、ちゃっかり勤太くんの特徴です。
システムの開発集団たちが、各企業の就業ルールに合わせた機能を提供していますので、本当に使いやすい勤怠管理管理システムが導入できます。

スマホ機能

ちゃっかり勤太くんには、スマホ機能も搭載されています。
シフト希望、残業や休暇などもスマホだけで申請できますし、スマホのGPS機能を活用して、外出先から従業員の位置情報の取得可能です。
さらに、給与明細書も自分のスマホから閲覧できるため、明細書の発行などの手間やコストも削減できます。

プロジェクトや損益管理もできる

勤怠管理のほかに、プロジェクトや損益管理も行うことができます。
従業員の作業時間がリアルタイムでチェックできるため、進捗状況なども把握しやすくなります。

ちゃっかり勤太くん導入のメリット

ちゃっかり勤太くんの強みは、働き方改革の関連法に対応したシステムとなっていることです。
時間外労働の上限規制、年次有給休暇5日の取得義務などにも対応しているため、法律を遵守した勤怠管理が実現できます。
また、SSL暗号化通信を採用するなど、高レベルなセキュリティ体制となっていることも、ちゃっかり勤太くんの強みです。
運用は富士通 館林システムセンターが行っており、バックアップ体制も整っているため、万一の際にもすぐに復旧することができます。

ちゃっかり勤太くんの価格·料金プラン

ちゃっかり勤太くんの1ユーザーあたりの月額料金は、簡易版が200円、標準版が300円です。
それぞれのプランには、初期費用が1ユーザーあたり1,200円かかります。
そのほかに、カスタムプランもあります。
詳細な料金については、要問い合わせです。
お電話、もしくは、問い合わせフォームから30日間無料のトライアル版のお申し込みができます。
2021年3月現在/詳細はちゃっかり勤太くんの公式サイトを確認

ちゃっかり勤太くんの注意点

ちゃっかり勤太くんではWeb給与明細を利用する際にはオプションに加入しなくてはならず、1社につき初期費用が90,000円かかることに注意が必要です。また、工数管理を利用する際にも初期費用として90,000円が発生します。

ですが基本機能に関してはローコストで利用できますのでおすすめのサービスです。

ちゃっかり勤太くんの導入事例·評判

勤怠情報がリアルタイムで確認できる

“申請資料をデータで管理できるようになり、紛失や修正の心配がなくなりました。また、GPS打刻と生体認証による勤怠情報がリアルタイムで確認できるようになりました。”(株式会社在宅支援総合ケアーサービス様)

自動化で効率化した

“ちゃっかり勤太くんは、コストパフォーマンス面が良かったことから、採用しました。導入後は、打刻データが自動入力できるようになり、効率化につながりましたね。また、ペーパーレス化へのステップとなったことも実感しています。”(水ing株式会社様)

類似サービスとの比較

ちゃっかり勤太くんと類似したサービスとしては、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供している勤怠管理システムKING OF TIMEがあります。
勤怠管理システムKING OF TIMEの月額料金は、1ユーザーあたり300円です。
初期費用はかかりません。
機能としては、残業時間の管理、アラート、スケジュール·シフト管理などを搭載しています。
英語設定、タイムゾーン設定も可能となっており、海外でも利用できることも、勤怠管理システムKING OF TIMEの特徴です。

KING OF TIME(キングオブタイム)の料金·評判·機能について。1人300円、初期費用0円で使える?

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

結局どれが一番いいの?おすすめ勤怠管理システム9選と選び方のポイント

ちゃっかり勤太くんを導入して勤怠管理業務の効率化を

ちゃっかり勤太くんは、さまざまな入力方法、アラート機能、スマホ機能などを搭載した勤怠管理システムです。
30日間のトライアル版もありますので、勤怠管理システムの導入を検討している方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:ちゃっかり勤太くん公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載