請求書を自動作成!Misoca(ミソカ)の使い方・料金・評判を解説

最終更新日 

Misocaとは?

Misocaとは、見積書・納品書・請求書をクラウドサービスで発行・管理できる、経理系業務の効率化ツールです。

帳票および帳票データを一元管理し、帳票の作成・発行・管理にかかる時間を短縮できます。

申告書データとの連携や、回収機能などの利用で、帳票だけでなく、経理業務全体の効率化にも効果を発揮します。

Misocaの特徴

請求書発行が簡単に!

請求書の発行がデータ呼び出しにより、請求書作成・発行にかかる時間が大幅に短縮されます。合算請求書の作成、自動作成の予約により、さらに効率アップもできます。

請求書の送付コストも削減!

請求書のワンクリックでの送付も可能です。また、郵送サービス付きで、必要な先には紙で郵送することも可能です。

Misoca導入による帳票送付コストの削減効果は、従来比の90%と見込まれています。

請求書管理・消込も簡単!

取引先と帳票が一覧性のある画面で表示され、請求漏れや消込忘れなどの人為的なミスを減らせます。しかもMisocaのUIは見やすくシンプル、誰にでも操作がしやすいものです。人為的ミスをなくすことに意を用いた設計がなされており、操作性も好評です。

Misocaの機能紹介

Misocaの機能は、帳票作成・送付・受発注管理・経理データとの連携の4つに分かれており、それぞれに便利な機能が充実しています。スマホでの操作も可能です。

帳票作成

取引先のデータをワンクリックで入力可能にするデータ呼び出し機能があり、帳票作成は慣れれば1分でできるようになります。従来Excelで時間をかけていた業務が大幅に効率化できます。さらに、Misocaは受発注業務全体の帳票を豊富なテンプレートでカバーしています。書式・印影の折込など、帳票の形式も美しく整えることができます。CSVでのデータインポートも自在です。

送付

人手が少ない中、帳票の送付も大きな課題で、工数分のコストを覚悟しなければなりません。Misocaなら、メール送付の他、郵送での送付も対応しています。依頼はワンクリックで完了、コストカット効果にも優れています。

受発注管理

Misocaなら、回収も含めた受発注管理が可能です。売上の取引先別の管理・発注から入金までのステータス管理ができる他、Misoca 口座振替・Misoca ペイメントによるクレジットカードでの支払いの設定・Misoca 回収保証サービスとの連携があります。受発注管理というと、消込作業やチェックについリソースと時間を割きがちですが、Misocaだけで簡単・シンプルに完結することができ、しかも回収まで安心です。

会計ソフト連携

Misocaは弥生グループの会社ですので、弥生会計の申告書作成データとの連携ができます。

Misocaの強み

受発注管理に強み!

標準で装備されている帳票が受発注全体をカバーし、受発注がMisocaを使えば完璧に管理できます。弥生の経理データを利用することにより、規模のある程度大きい会社まで受発注業務の効率化を強力に進めることが可能です。

弥生との連携に強み!

業界最大シェアの弥生会計シリーズと経理データを連携できます。そのため、受発注はもちろん、申告書作成まで、一貫性のあるデータをMisoca上で管理できます。帳票発行だけでなく、経理業務全体の効率化を強力に推し進めるなら、連携機能を利用しない手はありません。弥生のデータを見ながらスマホでの帳票作成も可能、データ共有で多人数で作業をすることも可能です。

債権回収にも強み!

個人事業主もクレジットカード・口座振替の設定が簡単にできることから、回収の手間も効率化できます。さらに、Misoca回収保証サービスを使うと、貸し倒れリスクまで効果的に減らすことができます。

料金プランについて

無料で5通の請求書が発行できる無料プラン、15通で月額800円、100通で月額3,000円、1,000通で月額10,000円と、料金体系は明快です。

その上、Misocaは初年度無料キャンペーンが行われており(2020年2月現在)、コストパフォーマンスのよい利用が可能になっています。

 

口コミ・利用企業の評判

小さな規模の会社に最適

事業をやりたくて、会社を立ち上げた時、バックオフィス業務は戸惑うことばかりでした。総じて時間はかかりすぎますし、入力のチェックが頻繁なのも意味があるとは思えなかったのです。特に帳票は頭痛のタネでした。

Misocaの機能は、こんな悩みを取り除いてくれるものばかりです。実際に経理事務にかかる時間も大幅短縮されたので、取引先にもすすめています。

(サービス/経営/30代)

難しくないのがとてもいい

経理業務は、人に教える・他のメンバーへの情報共有などの業務も含めて、時間を取られる作業が多いものです。月初・月末は本当に必死で仕事している状態です。

そんな中、残業時間も減らしたいと思いながら、Misocaを導入しました。Misocaなら見ればわかることが多く、教えることが少なくなりました。もちろん帳票関連業務の時間も劇的に減りました。おかげで定時帰りが増えました。

(小売/経理/30代)

類似サービスとの違いは?

類似サービスとしてはfreee・マネーフォワードの請求書サービスがもっとも類似性が高いと思われます。回収サービスとの連携や、連携可能な弥生のシェアを考えると、Misocaが頭一つ抜けている印象です。

その上、Misocaを使いながら、会計ソフトをfreeにして全自動化を狙うといった「会計ソフトと請求書ソフトの分離」にも実は柔軟に対応できるのも魅力的で、弥生以外の会計ソフトをお使いの場合でも、無料プランから試してみるのはおすすめです。

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部