月1,080円から使える?Zoho invoice(ゾーホーインボイス)の料金・評判・機能について

最終更新日 

企業の業務の中でも重要で煩雑なのが請求書の発行業務です。人手不足の解決と業務のスピードアップが求められる中、請求書の自動作成や発行サービスを利用する企業が増えてきました。
今回はその1つであるZoho invoiceの特徴、強み、料金プランなどをご紹介していきます。

Zoho invoiceとは

Zoho invoiceは請求書を簡単、スピーディーに発行できるクラウドサービスです。
見積書の作成や請求書の発行をはじめ、自動支払いリマインダの送信やオンライン決済、支払いの確認までクラウド上で完結できます。経費の管理や顧客ポータル機能など、機能が充実している点が強みです。

Zoho invoiceの特徴・機能

Zoho invoiceの使い方について機能面や代表的な特徴から見ていきましょう。

請求書をスムーズ発行して業務時間も短縮

デザイン性も良く、見た目にもわかりやすい請求書をサッと作成して発行できます。工数管理もでき、請求書にそのまま反映して発行できるのも便利です。繰り返しの業務をワークフローで自動化することや繰り返し機能で請求や経費記録の自動化ができるので業務時間も削減され、業務の効率化に役立ちます。

便利でスピーディーなオンライン決済

支払いまで、クラウド上から簡単にできるのも便利です。
さまざまなオンライン決済ゲートウェイに対応しており、取引先にその場でスピーディーに支払いをしてもらえます。自動リマインダ機能が付いており、請求先に自動リマインダを送信すれば、時間通りの支払いに対応でき、支払い漏れのリスクも抑えられます。

各種連携機能

サードパーティのサービスと連携するためのAPIが備わっているので、すでに利用している既存のサービスや新たに導入するサービスなどとの連携も可能です。
スマホアプリを活用すれば、スマホで請求書の送信や管理もできます。営業先にてその場で請求書を発行し、取引先に確認してもらって目の前で決済まで済ませることも可能です。顧客ポータル機能が用意されており、得意客などと連携ができます。
見積書や請求書を共有したり、受注・失注の商談をしたりスムーズな取引を実現してくれます。

経費管理や経営状況管理もスムーズに

かんたん経費管理の機能を使えば、ビジネスの経費の記録と整理が自動で完了します。わかりやすい財務レポートが作成でき、いつでも経営状況を把握できるのも便利です。

Zoho invoiceの強み

Zoho invoiceは請求先数が5社程度であれば、無料のプランが利用できます。
取引先数が限られる個人商店やスタートアップ企業にはコスト負担がなく、導入しやすいのが魅力です。取引先数が増え、経営体力もついてくれば、規模に合わせた有料プランへと移行できるので費用対効果にも優れたクラウド型見積書・請求書作成ツールと言えます。有料プランでは年間契約をすると、2ヶ月間の料金が割引になります。サービスに満足できない場合、30日間の返金保証があるのも安心です。

Zoho invoiceの価格・料金プラン

取引企業が5社以下であれば、1ユーザーのみでお試し無料プランを使えます。有料プランは取引規模に合わせて選ぶことができます。
ベーシックプランは最大顧客数50人まで、1 ユーザーで月額1,080円です。
一番人気のスタンダードプランは最大顧客数500人、3ユーザーまで使えて月額2,280円とリーズナブルです。
プロフェッショナルプランは最大顧客数無制限、10ユーザーまで登録でき、しかも独自ドメインとなるのに月額3,480円で利用できます。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

Zoho invoiceの注意点

Zohoはインドのチェンナイに開発本部があり、世界で利用されているサービスですが、基本のサポートが英語となっています。日本語サポートを受けるためには有料プランに申し込み、サポート窓口に登録しなくてはなりません。有料プランでもサポート窓口に登録していないと日本語サポートを受けられないので注意しましょう。また、日本語サポートはメールのみで電話やチャット、訪問には対応していません。

Zoho invoiceの口コミ・利用企業からの評判

Zoho invoiceはコスパに優れたサービスです

“友人からの勧めもあっていろいろと調べた結果、有料プランを始めました。150通の請求書を作れるのはとてもコスパが高いと感じています。見積書や請求書の作成はもちろんですが、郵送機能も便利です。社内のワークフロー改善に役立っていたり、レポート作成機能で簡単に収益を知ることができたり、さまざまな機能を有効活用しています。”(イシン株式会社様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

類似サービスである[マネーフォワード クラウド請求書]の場合、毎月自動作成機能を使うことで毎月の請求書発行漏れを防げるほか、郵送機能も搭載しているのでWebに対応していない取引先にも活用しやすいです。
料金は法人なら月額3,980円~、年間契約なら35,760円~で月あたり2,980円とお得になります。
個人なら月額1,280円~で、年間契約なら11,760円~となり、月あたり980円とお得です。
会計freeeは請求書の作成と同時に経理処理も自動で完了でき、単なる請求書作成ソフトよりも効率的です。

ミニマムプランは年払いで23,760円(月あたり1,980円)、月払いなら2,380円となります。
一番人気のベーシックプランは年払い47,760円(月あたり3,980円)、月払いなら4,780円です。
プロフェッショナルプランは年払い477,600円(月あたり39,800円)、月払いなら47,760円となっています。

Zoho invoiceは類似サービスと比べても、機能面で充実しており、費用面でも導入がしやすく継続しやすいのがメリットです。

Zoho invoiceで請求書業務の効率化を

今回はクラウド型請求書発行サービスのZoho invoiceをご紹介させていただきました。請求書の発行・作成業務はどうしても時間と手間がかかってしまうイメージでしたがZoho invoiceのような効率化サービスを利用すれば担当者の負担を大幅に軽減できるので企業としては積極的に導入を進めたいところです。

導入に際しては、予算はもちろんですが請求書業務において何が課題となっているのか、課題解決のためにはどんな機能が必要なのか、担当者へのヒアリングなどを事前に行うことが重要です。

画像・データ出典:Zoho invoice公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部