sweeepの料金·評判·機能について|月額2万円から使える?

最終更新日 

請求書関連の業務は取り扱う帳票が増えるほどに煩雑化し、経理担当者の悩みの種となっています。

多くの業務でITツールを取り入れ、業務効率化に成功している事例が増えていますが請求書関連の業務においても有益なツールが登場しています。

今回紹介するsweeepは、AIによる仕訳•振込の自動化によって請求書関連の業務を効率化できることから注目されているサービスです。

本記事ではsweeepの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

sweeepとは

sweeepとはsweeep株式会社が運営している請求書データ化サービスです。

請求書の処理プロセスに関するあらゆる業務を効率化することができ、経理のプロが作ったシステムのため使いやすさと利便性の高さに優れています。

連携できる会計システムは50種類以上という柔軟さのため、既に利用している会計ソフトから変えることなく導入から運用までをスムーズに実現することができます。

sweeepの機能·特徴

請求書の回収から保管までを効率化

sweeepは請求書の回収、仕訳、振込、保管、検索までもを1つのシステムで効率化することができます。

請求書の受け取りはatenaというサービスを利用することで受け取り代行からスキャン、電子化までを任せることも可能です。

取引先から郵送やオンラインで請求書を受け取ったあとは承認ワークフローを通じて経理へ回覧されるため払い漏れなどの心配もありません。

AIによる自動仕訳を実現

sweeepはOCR技術(光学文字認識技術)を活用して請求書の内容を解析することが可能です。

AI搭載型のOCRによってスキャンした請求情報は98.53%という高い認識率で解析され、正確なデータ化ができます。

仕訳学習AIが搭載されているため、一度読み取った請求書は学習して、次回以降さらに高い精度での読み取りを実現します。

また、一般のOCRツールで必要とされている帳票定義は自動帳票定義機能が備わっており、AIが自動で読み取り箇所を認識してくれるため不要です。

sweeepの料金·価格

sweeepでは3つの料金プランを提供しています。

  • スターター:月額2万円〜
  • スタンダード:月額3万円〜
  • プロフェッショナル:月額4万円〜

請求書の回収から支払いまでの効率化を希望する場合はスタータープラン、スターターの内容に加えて仕訳業務も効率化したい場合にはスタンダードプランが良いでしょう。

より柔軟に運用、セキュリティを強化して利用したい場合にはプロフェッショナルプランがおすすめです。

保守費用もかからず利用できるため、最低限のコストで運用することが可能です。

導入は即日から可能となっています。

2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

sweeepでは、無料トライアルについて明記がないため問い合わせが必要となります。

sweeepの導入事例·評判

手作業から解放されました

“sweeepを導入する前は請求書の受け取りから振り込みまでほとんどの作業を手作業で行っていたため、手間と時間がかかっていることが課題でした。sweeepを導入したことで指定のメールアドレスに請求書ファイルを送ってもらうだけで保管できるようになったので非常に助かっています。6ヶ月の利用で読み取りミスも2回程度と非常に少なく手作業で行っていた作業から解放されて満足しています。”(ZaPASS JAPAN株式会社様)

sweeepで請求書のペーパーレスを

sweeepについてご紹介させていただきました。

  • 回収から保管までを業務効率化
  • AIによる精度の高い文字認識
  • 豊富な会計ソフトと連携が可能

上記の点から、既に使っている会計ソフトを変えずに請求管理における業務フローの改善、効率化を図りたいという方には特におすすめのサービスと言えるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載