Questetra BPM Suiteの料金·評判·機能について。月額960円から利用できる?

最終更新日 

申請から承認までの業務プロセスが可視化できない、進捗具合が把握できないという場合はワークフローシステムの導入がおすすめです。

今回紹介するQuestetra BPM Suiteは、専門的な知識が不要でワークフローシステムを導入できることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

Questetra BPM Suiteとは

Questetra BPM Suiteとは株式会社クエステトラが運営しているワークフローシステムです。

紙やメールでの申請業務を電子化することで、業務効率化やペーパーレスによるコストカットを期待することができます。

Questetra BPM Suiteの機能·特徴

申請業務の進捗状況を可視化

Questetra BPM Suiteはヒートマップを用いて申請業務におけるどの部分滞留しているのかを可視化することができます。

個別に案件進捗を確認することも可能ですし、進捗状況に応じてアドバイスやサポートを行うことができるようになります。

社内コミュニケーションに活用することも可能

Questetra BPM Suiteはチャット機能が搭載されているので、社内でのコミュニケーション手段として活用することができます。

スタンプを使ってリアクションすることも可能なので、LINEのように手軽なコミュニケーションも実現可能です。

タスクの共有ができる

案件内容の確認から対応可能なタスクの引き受けまでが可能となります。

自分のタスクに対する作業結果を入力することで進捗状況の共有が可能となるので、管理職や決裁者も全体の流れを把握しやすくなり、スムーズな業務を実現できます。

Questetra BPM Suiteの料金·価格

Questetra BPM Suiteの料金プランは3プラン提供されています。

Basicプランは月額960円から利用可能です。

より機能に優れたAdvancedプランは月額2,400円からとなります。もっとも高機能なProfessionalプランは月額3,840円からです。

2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Questetra BPM Suiteでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて60日間無料のトライアルを提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

Questetra BPM Suite導入のメリット

幅広い業務の自動化·ワークフロー化が可能に

Questetra BPM Suiteを導入することで、多くの業務を自動化できるというメリットが生まれます。

受注対応業務や委託管理、申請承認、定型業務、請求決済、見積対応、資材調達など非常に幅広い業務のワークフロー化が可能になるのでプロセスの可視化が可能となります。

Questetra BPM Suiteの導入事例·評判

業務処理時間が40%削減

“既存のグループウェアから移行するタイミングでQuestetra BPM Suiteを導入しました。一つひとつの業務を見直しワークフローアプリを作成して追加したことで月300件程度発生していた業務処理時間が40%程度削減されました。”(株式会社TMJ様)

他サービスとの連携でより効率的に

“内部統制の実施と業務効率化を目的にQuestetra BPM Suiteを導入しました。休暇申請や稟議書などのワークフロー化に取り組み、40種類業務プロセスが稼働している状態です。Chatworkなど他サービスと連携できる点も気に入っています。他サービスと連携させて使うことで、より情報共有が効率化されました。”(トライコーン株式会社様)

類似サービスとの比較

Questetra BPM Suiteとの類似サービスとしては、ジョブカンワークフローやX-pointなどが挙げられます。

ジョブカンワークフローはクラウド型のワークフローシステムで、比較的安価に利用できることもあり多くの企業で導入されています。

ファイル添付数無制限で利用できることから複数の稟議申請にも対応可能です。

料金面としては、1ユーザーにつき月額300円から利用可能で、ジョブカン経費精算と連携して使う場合は1ユーザーにつき月額600円から利用することができます。

X-pointは紙と同様の入力フォームで操作することが可能なワークフローシステムです。

セキュリティに関しても定評があり、SSO(シングルサインオン)で連携サービスへのログインの手間も効率化できます。

料金としては、標準価格200,000円、ライセンスサービス費用50,000円から利用することが可能です。

Questetra BPM Suiteで業務のワークフロー化を

ワークフローシステムを導入すれば、それまで可視化できていなかった業務プロセスの工数削減が可能となります。

Questetra BPM Suiteは社内コミュニケーションに活用することもできるので、本記事を読まれた方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Questetra BPM Suite公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載