SuccessHub(サクセスハブ)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは カスタマーサクセス の製品です。
カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求

SuccessHubとは?

SuccessHubは、ビジネス戦略の一環として、顧客サクセスを促進するための優れたカスタマーサクセスマネジメントツールです。
契約状況、サービスの利用状況、コミュニケーション履歴などを総合的に管理し、顧客の健康状態を評価し、最適なアクションを自動的に提案します。
メールやSlackなどとの連携を通じて、効率的に顧客とのコミュニケーションを円滑に進めることが可能です。
更に、SuccessHubは、カスタマーサクセスの始まりから成果の達成まで、ハンズオンでサポートするサービスも提供しています。
課題解決に焦点を当て、顧客満足度とロイヤルティ向上に寄与するための信頼性の高いツールと言えます。

SuccessHubの特徴

SuccessHubの特長は多岐にわたります。
まず、複数のデータソースを統合し、顧客情報を一元的かつ直感的に可視化できます。
次に、条件に基づいて自動的にアクションを起こす機能が優れています。
顧客の状況や変化に応じて、タスクの発行やメンバーへの割り当て、通知まで一括で自動化されます。
また、メール、Slack、Chatworkなどのチャネルと連携することで、これらのチャネルを一元管理し、効果的に顧客とコミュニケーションをとることができます。
最後に、全体の健康状態やCSメンバーのタスクの進捗を簡単に把握でき、解約やアップセルのポテンシャルを可視化して収益を最大化します。
この分析と改善のサイクルにより、予期せぬ解約を防ぎ、ビジネスの成長に寄与します。

おすすめのカスタマーサクセスツール

月額1,980円〜/複数アドレスを一元管理!「yaritori」

SuccessHubの料金・価格

SuccessHubの料金については、お問い合わせが必要です。
公式ページより資料請求を行ってください。

SuccessHubの導入事例

「SuccessHub」の導入は、さまざまな企業で成功を収めています。
例えば、株式会社ユニファは、「SuccessHub」を導入することで、顧客の健康状態や行動履歴を視覚的に確認し、個々の顧客に適したサポートを提供できるようになりました。
テックタッチとハイタッチのバランスを調整し、担当者の業務負担を減少させつつ、顧客満足度を向上させました。
同様に、株式会社エイチームも「SuccessHub」の導入により、契約状況やサービス利用状況を簡単に確認でき、顧客のニーズに合わせたアップセルやクロスセルの提案が可能になりました。
また、自動化されたタスクやメールの機能を駆使し、効率的で品質の高い顧客コミュニケーションを実現しました。
さらに、株式会社ワークスアプリケーションズも「SuccessHub」の導入により、顧客のサービス利用状況やアクション情報を一元管理し、顧客の健康状態を評価できるようになりました。
顧客の状況に基づいたアクションプランを作成し、担当者に効果的に割り当てることで、顧客の成功に向けた伴走支援を実施できました。

まとめ

「SuccessHub」は革新的なカスタマーサクセスマネジメントツールで、契約状況やサービス利用状況、アクション情報を一元的に管理し、個々の顧客に合わせた最適な支援活動を容易に実現します。
メールやSlackなどのチャネルとの連携により、顧客にはパーソナライズされた連絡が提供され、顧客全体の健康状態やCSメンバーのタスク進捗が一目で把握できます。
解約やアップセルのポテンシャルも明確に把握でき、挑戦するビジネスにとって強力なツールとなっています。
SuccessHubを活用することで、顧客状況に即した質の高い効果的な支援活動を展開し、カスタマーサクセスに大きな一歩を踏み出しましょう。

    その他の関連する記事

    これは カスタマーサクセス の製品です。
    カスタマーサクセス の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【カスタマーサクセス】

        類似サービス: yaritori

        (4.5)

        月額料金2,200円〜/ユーザー無料お試し21日間無料
        初期費用要問い合わせフリープランあり

        yaritoriとは、Onebox株式会社が運営している営業・CSに特化したメール共有システムです。 複数アドレスを一元管理することが可能で、対応状況が可視化できるため、対応漏れをなくし、顧客対応品質を向上させることができます。

               

        メールの対応状況を可視化できる

        yaritoriでは、メールごとに、「未対応」、「対応済み」といったステータスを設定することができ、対応ステータスでメールを分類することが可能です。 また、メールごとに担当者を設定することもできるため、対応漏れが解消以外に、重複対応も防止することができます。

        チャットで情報共有を効率化

        yaritoriにはチャット機能が搭載されており、メールごとにチャットをしながら対応方針を決めることができます。 チャットでは、メンションをつけて特定のメンバーにメッセージを送ることができるため、チャットが埋もれてしまい、反応が返ってこないということもありません。

        顧客対応品質を標準化

        「問い合わせごとにメールの内容を考えるのが大変」、「オペレーターによって対応品質にバラつきがある」といった課題もyaritoriであれば解消することができます。 「資料請求」や「問い合わせ」といったカテゴリーごとに複数のメールテンプレートを作成できるため、メール作成を効率化することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載