MediaCalls(メディアコールズ)の料金・評判・口コミについて

月額費用
50,000円〜
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
非公開
これは CTI の製品です。
CTI の製品をまとめて資料請求

コールセンター業務では、架電率の向上や業務効率化、エージェント管理などの課題があり、課題解消のためにコールセンターシステムを導入する事例が増えています。

しかし、様々なベンダーからコールセンターシステムが登場していることもあり、自社にどのようなシステムがマッチするかわからないという方も多いのではないでしょうか。

MediaCalls(メディアコールズ)は、操作性に優れ、PC操作に不慣れな方でも使えるコールセンターシステムとして注目されています。

本記事では、MediaCallsの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

MediaCallsとは

MediaCallsとは、メディアリンク株式会社が独自開発・運営しているオールインワン型コールセンターシステムです。

使いやすさに優れ、自動振り分けやスキルルーティングなど、インバウンド型コールセンターで役立つ機能が揃っています。

IPネットワークに接続できる環境が整備されていれば、場所を選ばず、すぐにコールセンターを構築できるだけでなく、製品ライセンスを購入することで、エージェント数を自在に増加できるため、事業拡大時にも柔軟に対応することが可能です。

また、導入企業のニーズに合わせて、オンプレミス型とフルクラウド型から導入タイプを選ぶことができる点も優れています。

MediaCallsの実績

MediaCallsは、シリーズ製品の導入実績が13,000席以上となっており、継続利用率は100%(2014年からの継続利用率)です。

中小ベンチャーから大企業まで、業界、規模を問わず幅広い企業から導入されている実績があります。

おすすめの類似CTIシステム

類似サービス: MiiTel(ミーテル)

(4.5)

月額費用5,980円〜/ID無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

   

電話対応の内容を可視化できる

従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

架電業務の効率化を実現

MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

連携機能で更に機能を強化できる

MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

類似サービス: BIZTEL(ビズテル)

(4.5)

月額費用15,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用50,000円〜最短導入期間5営業日程度

BIZTEL(ビズテル)は株式会社リンクとブライシス株式会社の共同事業として運営しているサービスです。 モバイル、ビジネスフォンはもちろん、コールセンター業務に最適なシステムに強みがあり、国内導入実績No. 1のクラウド型コールセンターとして大規模コールセンターをはじめとした2,000社を超える多数の企業で導入実績があります。

幅広いテレフォニーサービスを提供

BIZTELの有名なサービスといえばコールセンター業務を支えるBIZTELコールセンターがありますが、携帯端末の内線化を可能にするBIZTELモバイル、クラウド型IPビジネスフォンサービスのBIZTELビジネスフォンなど多彩なサービスを取り扱っています。

コールセンターに必要な機能を標準装備

BIZTELでは、待ち呼や入電状況、応答率などをリアルタイムで表示することができます。このように対応状況を可視化することでセンター運営の効率化へと繋がります。また、座席追加などの設定変更もブラウザ経由の管理画面から簡単に行えます。操作性の良さはもちろんのこと、画面の見やすさも好評です。

CRM連携機能

BIZTELではSalesforceを始めとする各種CRM/SFAと簡単に連携することができます。この連携機能を使うことで顧客情報を一元管理することができ、業務の効率化へと繋がるのです。

類似サービス: DREAM CALL NEXT

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ無料お試しあり
初期費用要問い合わせ最低導入期間6ヶ月

DREAM CALL NEXTとは、株式会社ドリームソリューションが運営しているテレアポの営業支援コールシステムです。 豊富な機能で架電業務の効率化や、オペレーター管理の効率化を実現することができ、各種分析機能も搭載しています。

   

シンプルで使いやすいUI

DREAM CALL NEXTは、誰でも利用できるシンプルで使いやすいUIで設計されているため、一部の人しか利用できないということがありません。 クラウド型のため、インターネット環境さえ整備されていれば、場所を選ばず利用することができます。

営業スタイルにあった架電方法を提供

「架電率を向上させたい」「1件1件の質を高めたい」など、コールシステムを利用する方の目的は様々です。 DREAM CALL NEXTでは、営業スタイルに合わせた架電方法を提供しており、クリック発信やグループ架電、プレディクティブ発進といった機能を利用することができます。

豊富な分析機能でテレマーケティングを効率化

DREAM CALL NEXTには、実測値をベースに多角的な分析を可能とする機能が豊富に搭載されているため、感覚的なテレマーケティングから脱却することができます。 一覧分析、エリアマーケティング、ステータス割合、架電率分析といった豊富な分析機能が搭載されています。

この製品はCTIの製品です。
CTIの製品をまとめて資料請求

MediaCallsのおすすめポイント

充実の機能群

MediaCallsは、コールセンター運営に必要な利便性の高い機能を標準で搭載しています。

着信を自動で振り分けるACD機能が搭載されているため、エージェント管理を効率化、最適なルーティーンを実現することができます。

エージェントごとに対応可能なスキルを設定しておくことで、顧客ごとに最適なエージェントを自動で割り振ることができるようになり、顧客満足度の向上につなげることが可能となります。

同一スキルに属しているエージェントの中から、一斉またはランダムでの着信、待機時間の長さなどで着信させるかを設定でき、エージェント別に対応優先度を決めることができる点も優れています。

エージェントの入れ替えや増員があった際には、管理画面から迅速に設定を変更することが可能です。

コストパフォーマンス抜群

PBXやCTIの導入といったコールセンターの立ち上げに伴う設備投資には、高額なコストがかかります。

MediaCallsは、全通話録音や、リアルタイムモニタ、SV向け管理機能などの利便性が高い機能を豊富に備えていながら、低価格での導入を実現しています。

100%自社開発のため、従来のコールセンターシステムでは実現することが難しかった低コスト化を実現することができました。

クラウド型と比較して初期導入費用が高額になるオンプレミス型でも、他社PBXと比べて総コストを75%以上削減することも可能です。

優れた柔軟性

コールセンター運営では、エージェントの増員や、拠点の増設など、柔軟な対応が求められる場面が数多くあります。

MediaCallsは、変化に強い拡張性を備えており、将来のビジネス成長にも、最小限のコストで対応することができます。

MediaCallsは、IPネットワークにつながっていれば、コールセンターを立ち上げることができ、電話線をつなげなければいけないなどの制約がありません。

ネットワークをつなぐことで、拠点ごとに専用機器を設置したり、電話工事を実施したりする必要がなく、手軽にシステムを構築することができます。

直感的に操作できる

MediaCallsの管理画面は、わかりやすさと見やすさに優れており、導入後の操作はもちろん、設定変更もスムーズに行うことができます。

設定変更に難解な専門的知識は不要なため、変更したい項目は、そのまま編集ができ、画面をいくつも開く煩わしさがなく、PC操作が苦手という方でも安心です。

MediaCallsの主要な機能

MediaCallsに搭載されている主な機能を紹介します。

  • 管理画面:コールセンター運用に必要なすべての設定変更が可能
  • ACD機能:着信をあらかじめ決められたルールで自動振り分け
  • スキルルーティング:エージェントごとにスキルを設定し、顧客に適したエージェントに接続
  • CTI機能:エージェントステータスの変更や電話機操作を行うことが可能
  • プレゼンス機能:詳細なエージェントステータスを設定可能
  • 通話履歴/録音:システムを通して行われた全ての通話履歴などを録音することが可能
  • ウィスパリング機能:顧客との通話前に、用件をアナウンス

上記以外にも豊富な機能を搭載しています。機能の詳細については、資料をご確認ください。

MediaCalls導入までの流れ

MediaCalls導入までの流れは、以下の通りです。

  1. 問い合わせ:フォーム、または電話にて問い合わせ
  2. ヒアリング:導入企業ごとの課題や希望をヒアリング
  3. 提案書・見積もりの提示:ヒアリング内容に基づいた最適な提案
  4. 契約:発注が確定した段階で、製品導入に必要な手続きを案内
  5. 導入設計:打ち合わせ等を通して、システム構成等の詳細設計を実行
  6. システム導入・運用開始:納品後、導入企業側で初期設定等を実施

MediaCallsの料金·価格

MediaCallsの料金体系は、以下の通りです。

フルクラウド型

  • 基本パッケージ:月額50,000円
  • シートライセンス:月額1,500円
  • エージェントライセンス:月額20,000円

オンプレミス型

  • 基本パッケージ:500,000円
  • シートライセンス:1,500円
  • エージェントライセンス:20,000円

※価格情報は2023年7月時点のもの

トライアルの用意もあるため、導入前にしっかりと操作感などを確かめることができます。

オプション含めた料金の詳細については、資料をご確認ください。

MediaCallsの導入事例・評判・口コミ

顧客満足度の向上を実現

“これまでは半内製のオンプレのシステムを使用していましたが、オペレーターごとのコール動向をリアルタイムに把握できないこともあり、MediaCallsにリプレイスしました。PBXとCRMの連携機能を実装していただいたことで、会員情報を検索する手間がなくなり、スムーズに顧客対応できるようになり、満足度の向上につながっています。コールセンターの見える化と業務改善、顧客満足度の向上が実現でき、大変満足しています。”(株式会社マネーフォワード様)

運用負荷を大幅に軽減

“これまでは、PBX/CTI/IVR/通話録音装置が別々の専用装置だったこともあり、運用管理の負担が大きかったことが課題でした。MediaCallsは、コールセンターに必要な機能がオールインワンされており、IVRフローの変更も直感的にできる点が導入の決め手です。導入から数年利用していますが、システム障害が一切なく、運用面の負荷がまったく無くなりました。”(株式会社フィスメック様)

MediaCallsの詳細について

MediaCallsについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

コールセンター運営に必要な機能をオールインワンしていながらも、低コストで導入でき、柔軟な運用を可能としているMediaCallsは、幅広い課題の解決に寄与します。

MediaCallsのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

MediaCallsの評判・口コミ

(4.5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

MediaCallsの良い評判・口コミ

・様々なデータをリアルタイムで把握できる。
・初期設定や運用後も設定画面が見やすいので問題なく使えている。
・電話番号のコピペ機能があることでかけ間違いが発生しない。

MediaCallsのその他の評判・口コミ

・電話帳の登録件数上限をもっと増やしてほしい。
・音声の自動書き起こしなどがあるともっと便利。

MediaCallsを導入した結果に関する評判・口コミ

・オペレーターの稼働率など、コールセンター業務に必要な指標を確認しながら適切な人員配置ができるようになった。
・基本機能になかった機能も要望に合わせてカスタマイズしてくれた。

    その他の関連する記事

    これは CTI の製品です。
    CTI の製品をまとめて資料請求
    無料

    MediaCalls
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【CTI】

        類似サービス: XCALLY

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        電話(発信/着信)、FAX、SMS、SNS、電子メール、チャットなど、様々なコミュニケーションチャネルを1つの管理画面上で統合して利用することが可能です。

        さまざまなチャネルに対応

        SNSやチャットなど、時代に合わせてチャネルの数も増えていくものです。XCALLYでは、電話やメールなどはもちろん、LINEなどのSNSにも対応しています。

        CRMとの連携が可能

        XCALLYは、多くのCRM、チケッティングサービスとの連携が可能です。【連携可能CRM】Salesforce/Zendesk/ZOHO/freshdesk/MicrosoftDynamics365/vtiger

        オフィスとリモートワーク、併用対応も可能

        お客様のご利用環境や操作性に対する慣れなどを考慮し、固定電話やスマートフォン、PCを使ったソフトフォンなど、複数のデバイスから選択可能です。状況によって、日々切替しながら利用することもできます。

        類似サービス: MiiTel(ミーテル)

        (4.5)

        月額費用5,980円〜/ID無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

           

        電話対応の内容を可視化できる

        従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

        架電業務の効率化を実現

        MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

        連携機能で更に機能を強化できる

        MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

        類似サービス: EverCall

        (4.5)

                 
        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最低導入期間なし

        EverCallとは、株式会社エバーバンクが運営しているCTIシステムです。 現場の声から生まれたCTIであり、シンプルに利用できるように無駄な機能を排除しているため、初めてCTIを導入するという方でも安心して利用することができます。

           

        コール数が劇的に増大

        EverCallには、プレディクティブコール機能が搭載されており、架電率を劇的に高めることができます。 架電リストに対してプレディクティブコールを開始して、通話が成立した場合のみオペレーターへ接続するため、無駄な架電がなくなり、架電効率が高まります。

        冗長化による安定した利用が可能

        EverCallでは、サーバーやGW機器、電話回線などの全てを冗長化することで、いつでも安定した利用を可能としています。 万が一、メインサーバーが何らかの原因で機能しなくなった場合でもサブサーバーへ自動で切り替わるため、運用が止まることがなく、ルーターに何らかのトラブルが発生した際には、予備ルーターを設置して最小限の時間で復旧することが可能です。

        充実したサポート体制

        EverCallでは、常時4名〜5名で顧客サポートができるように体制を構築しています。 平日は電話対応、土日は専用チャットにてサポート対応しているため、土日に営業している企業でも安心して利用することができます。

        類似サービス: DREAM CALL NEXT

        (4.5)

                           
        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最低導入期間6ヶ月

        DREAM CALL NEXTとは、株式会社ドリームソリューションが運営しているテレアポの営業支援コールシステムです。 豊富な機能で架電業務の効率化や、オペレーター管理の効率化を実現することができ、各種分析機能も搭載しています。

           

        シンプルで使いやすいUI

        DREAM CALL NEXTは、誰でも利用できるシンプルで使いやすいUIで設計されているため、一部の人しか利用できないということがありません。 クラウド型のため、インターネット環境さえ整備されていれば、場所を選ばず利用することができます。

        営業スタイルにあった架電方法を提供

        「架電率を向上させたい」「1件1件の質を高めたい」など、コールシステムを利用する方の目的は様々です。 DREAM CALL NEXTでは、営業スタイルに合わせた架電方法を提供しており、クリック発信やグループ架電、プレディクティブ発進といった機能を利用することができます。

        豊富な分析機能でテレマーケティングを効率化

        DREAM CALL NEXTには、実測値をベースに多角的な分析を可能とする機能が豊富に搭載されているため、感覚的なテレマーケティングから脱却することができます。 一覧分析、エリアマーケティング、ステータス割合、架電率分析といった豊富な分析機能が搭載されています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載