オフィスリンクの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
990円~
初期費用
1,100円~
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは PBX の製品です。
PBX の製品をまとめて資料請求

手持ちのスマホを会社の内線として利用できるクラウドPBXが注目を集めています。オフィスリンクは大手NTTドコモによる利便性の高いサービスです。

ここでは、オフィスリンクについて、サービスの特徴から料金・評判・口コミまでご紹介していきます。

オフィスリンクとは?

オフィスリンクとは、NTTドコモによる企業向け内線ソリューションです。
携帯電話を内線として利用することで、リモートワークでもオフィスと同じ電話環境を得られます。

携帯電話から会社番号を通知して発信できるので、折り返し先をオフィスにしたいときに便利です。保留中であれば会社の固定電話に転送することもできます。

有効に使えば、業務効率化からコスト削減まで期待できるサービスです。

おすすめの類似PBXサービス

類似サービス: YouWire

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入実績300社、700拠点以上

YouWireとは、株式会社ギークフィードが運営している録音システムです。 携帯電話やオフィスの固定電話、会議での音声議事録などの音声を一元管理することができ、電話業務におけるトラブルの防止や、会話録音によるオペレーターの育成、顧客とスタッフの認識違いの防止などが実現できるとして、幅広い業界で導入されている実績があります。

低価格かつ短時間での導入が可能

YouWireは、固定電話·携帯電話どちらを利用の場合でも、初期費用や月額費用は低価格となっています。 自社開発のサービスであるため、高品質かつ多機能でありながら、価格を抑えた提供を可能としています。

既存システムとの連携も可能

既に他社の通話録音サービスを利用している場合でも、YouWireはCTIやCRMとの連携支援も行なっているため、安心して乗り換えることができます。

クラウドで一元管理

YouWireは、固定電話だけでなく携帯電話もクラウドサーバーでの管理を行なっています。 クラウドで利用できることで、いつでもリアルタイムの情報を把握することが可能となり、顧客対応の質や問題解決のスピードが向上します。

類似サービス: BIZTEL(ビズテル)

(4.5)

月額費用15,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用50,000円〜最短導入期間5営業日程度

BIZTEL(ビズテル)は株式会社リンクとブライシス株式会社の共同事業として運営しているサービスです。 モバイル、ビジネスフォンはもちろん、コールセンター業務に最適なシステムに強みがあり、国内導入実績No. 1のクラウド型コールセンターとして大規模コールセンターをはじめとした2,000社を超える多数の企業で導入実績があります。

幅広いテレフォニーサービスを提供

BIZTELの有名なサービスといえばコールセンター業務を支えるBIZTELコールセンターがありますが、携帯端末の内線化を可能にするBIZTELモバイル、クラウド型IPビジネスフォンサービスのBIZTELビジネスフォンなど多彩なサービスを取り扱っています。

コールセンターに必要な機能を標準装備

BIZTELでは、待ち呼や入電状況、応答率などをリアルタイムで表示することができます。このように対応状況を可視化することでセンター運営の効率化へと繋がります。また、座席追加などの設定変更もブラウザ経由の管理画面から簡単に行えます。操作性の良さはもちろんのこと、画面の見やすさも好評です。

CRM連携機能

BIZTELではSalesforceを始めとする各種CRM/SFAと簡単に連携することができます。この連携機能を使うことで顧客情報を一元管理することができ、業務の効率化へと繋がるのです。

類似サービス: Dream Cloud PBX

(4.5)

番号利用料月額200円〜無料お試し要問い合わせ
アカウント発行費20,000円最短利用席数1席〜

Dream Cloud PBXとは、株式会社ドリームソリューションが運営しているクラウドPBXサービスです。 インターネット環境とPC・有線IP電話機(ドリームソリューションで用意可)があれば、オフィスに限らず在宅勤務でも会社番号を利用できるようになり、多様な働き方を促進します。

       

内線の無料化

Dream Cloud PBXを導入することで、内線間での通話が全て無料となります。 別拠点や海外からの利用でも無料となるため、コストカットを実現できます。

着信時の対応を効率化

Dream Cloud PBXでは、着信時の便利機能として、内線ごとにどの番号を表示させるかを設定することができます。 また、不在時には転送機能を利用することや、メールによって、いつどこから電話があったのかをリアルタイムに通知することも可能なため、取りこぼしを防止することが可能です。

人材育成に効果的な機能を搭載

Dream Cloud PBXには、モニタリング・ウィスパリング機能が搭載されています。 モニタリング機能では、電話対応中の内容を、他のスタッフが確認することができ、ウィスパリング機能で担当者にアドバイスを出すことが可能です。

この製品はPBXの製品です。

PBXの製品をまとめて資料請求

オフィスリンクの特徴

オフィスリンクの特徴は以下2つです。

2種類の契約タイプ

オフィスリンクの契約は、自社のネットワーク環境によって2つのタイプから選ぶことができます。
・お客様PBXタイプ:すでにPBX設備がある場合に既存のものを利用します。
・仮想PBXタイプ:ドコモのPBX機能を利用します。新たに設置する必要がなく、固定資産の軽減と・保守費の削減が図れます。

オプションサービスが充実

オプション機能では、最大200名とリモート会議ができる音声会議サービスや、海外にいても内線を着信できる国際ローミング着信サービス、トラブルが起きた際にもう一つの回線で通信ができるアクセス回線冗長化サービスなど、役立つ機能が充実しています。

オフィスリンクの料金

オフィスリンクの料金は、お客様PBXタイプと仮想PBXタイプによって多少の違いがあります。

初期費用はどちらも同じです。

携帯電話オフィスリンク設備
初期費用1,100円(税込)7,700円(税込)/拠点
2,200円(税込)/契約

※携帯電話とオフィスリンク設備を合算した価格となります。

月額料金はお客様PBXタイプを元にみていきましょう。

携帯電話オフィスリンク設備
月額費用990円(税込)/回線2,200円(税込)/契約
440円(税込)/ch
5,500円〜33,000円(税込)/アクセス回線

※携帯電話とオフィスリンク設備を合算した価格となります。

仮想PBXタイプの月額料金は、お客様PBXタイプに440円(税込)/内線番号がプラスされます。

オフィスリンクの評判・口コミ

オフィスリンクを実際に利用した企業による口コミをみていきましょう。

・社内の固定電話にかかってきた着信を社員の携帯電話へ転送できることで、リモートワークの体制が整えられた。
・携帯電話で気軽に社員同士の内線通話ができ、料金も気にしなくていいことから、社内のコミュニケーションが増えた。
・担当不在によって顧客対応が遅れる時間帯を大幅に減らせた。

このように、固定電話の役割を携帯電話に移行することで、どこにいても同じ電話環境が実現できます。社内のコミュニケーションもスムーズになっているようです。

オフィスリンクのいい評判・口コミ

オフィスリンクでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

オフィスリンクの良い口コミ・評判

・電話番号を調べる手間が軽減した。名前を検索すれば簡単に電話をかけられる。
・通話品質が安定しており、社員間の連絡効率を良くすることができた。
・信頼性の高いLTEなので、通話性能が安定していて大切な情報を正確に伝えられる。

オフィスリンクは普段から使用している携帯電話を使用するので、電話番号の検索が簡単ですぐにかけたい人に電話をかけることができます。

通話品質に関してもドコモネットワークを利用しているため、高品質でクリアな音声で話せます。

内線電話は通信料が定額なので、相手が外出していたりしても通話コストを気にする必要はありません。

オフィスリンクのその他評判・口コミ

オフィスリンクでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

オフィスリンクのその他口コミ・評判

・部門ごとで連絡先のグループを作るのが大変。組織として一括で作成ができないと不便
・プランがすくないので、個人や数人単位向けの料金プランがないと割高に感じる。

オフィスリンクの悪い口コミとしては、連絡先のグループなどを作るのが大変で変更があった場合にはその都度作成しなければいけないといった口コミがありました。

利用料金に関しては、自社のPBXを利用する場合と仮想のPBXを利用する場合でプランが用意されています。

各プランは初期費用と月額費用が設定されているので、詳しくは公式HPに記載されています。

オフィスリンクを導入した結果は?

オフィスリンクを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

オフィスリンクを導入した結果に関する評判・口コミ

・他部署への連絡が簡単になって、外出先からでも問題なく通話できるようになった。
・​​オフィスに担当がいなかったとしても、すぐに転送できて折り返しなどの手間をなくなすことができた。
・各拠点のPBXが不要になったので設備運用コストなどが削減できた。

オフィスリンクを導入した結果、他部署へ連絡をする場合の作業手間が軽減され、簡単に電話できるようになったという声がありました。

携帯電話を使用するため、その場にいなかったとしても折り返す必要はなく、転送して外出先から話すことができます。

要件を聞いたり、折り返したりする手間が軽減され、連絡が円滑に取れるようになるので生産効率も上げることができるでしょう。

オフィスリンクの改善希望ポイントは?

オフィスリンクに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

オフィスリンクで改善して欲しいポイント

・毎日のように電話帳の最新データとの同期があるので、待ち時間を改善したり同期するタイミングを変えてほしい。

オフィスリンクのサービスに関する改善を希望するポイントは1件しかありませんでした。

改善ポイントとしては、毎日電話帳の最新データを同期する作業があり、待ち時間は数十秒ではあるものの待つのが面倒といった内容でした。

同期するタイミングをずらしたりすることで、待つことなくスムーズに業務を開始できるかもしれません。

この製品に関連する動画を紹介

オフィスリンクはスマートフォンでも使える?

オフィスリンクはNTTドコモの携帯を会社の内線として使用できるFMCサービスです。そのため、社外にいても会社の固定電話で受電するように、携帯やスマートフォンで電話に出ることができます。

オフィスと同じ電話環境の構築が可能になる

オフィスリンクを導入することで、外出中や自宅にいても社内にいるときと同じ電話環境を構築することができます。社内と同様の電話環境を用意することで、業務効率が向上するでしょう。結果として在宅ワークの促進にも繋がります。

コストをかけずに電話環境を整えられる

オフィスリンクを活用することで内線電話にかかるコストを削減することができます。一般的な内線電話は従量課金制のため、通話をする毎にコストがかかりますが、オフィスリンクは定額料金制になるため、毎月の利用料は一定です。また、全ての内線電話をスマートフォンにすることで固定電話を導入するコストの削減も可能です。

オフィスリンクで用意されているオプション

オフィスリンクでは、ユーザーに合わせてカスタマイズできるオプションが用意されています。自社の導入目的や働き方に合わせてオプションを選択しましょう。オプションは、「お客様PBX・仮想PBXタイプ共通のオプション」と「仮想PBXタイプのみのオプション」の主に2つに分けられます。それぞれ具体的なオプションについて紹介します。

お客様PBX・仮想PBXタイプ共通のオプション

お客様PBX・仮想PBXタイプ共通のオプションは以下の通りです。

  • 音声会議サービス
  • 国際ローミング着信サービス
  • 外線発信規制サービス
  • アクセス回線冗長化サービス

仮想PBXタイプのみのオプション

仮想PBXタイプのみのオプションは以下の通りです。

  • 外線発信オプションサービス
  • 留守番電話サービス
  • メッセージ応答サービス

オフィスリンクのデメリット

オフィスリンクには魅力的なサービスがある一方で、デメリットもあります。ここからはオフィスリンクを導入するデメリットについて解説します。

法人契約のスマートフォンしか対応していない

オフィスリンクはNTTドコモのスマートフォンを内線電話として利用できるサービスですが、スマートフォンは同一名義でなければならない制約があるため、従業員が個人で契約しているスマートフォンでは利用できません。

導入までに時間がかかる可能性がある

オフィスリンクを利用するにはアクセス回線が必要となり、フレッツ光では約6週間、専用回線では3〜6ヶ月程度の開通期間がかかります。そのため、契約後すぐに利用開始できない可能性があるため注意しましょう。

オフィスリンクをおすすめ

オフィスリンクは携帯電話を内線化することで業務効率化を図る今の時代に合ったサービスです。固定電話を減らしたい企業にもおすすめといえます。

電話業界で最も通信が安定しているNTTドコモのクラウドPBXをぜひ利用してください。

    その他の関連する記事

    これは PBX の製品です。
    PBX の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    社内コミュニケーションの円滑化に必須になっています

    良い点

    社員の連絡先を簡単に調べられる機能が一番便利です。

    改善点

    管理画面をスマホ含めどんなブラウザでもスムーズに利用できるようにしてほしいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    リモートワーク移行に伴って導入したサービスですが、外部からの電話というより、自宅にいる社員同士のコミュニケーションで主に利用しています。オンライン会議ツールも充実していますが、電話のスピーディーさはそれはそれで利点があるので、リモートワークでスムーズにそういった環境を用意できなのはよかったです。

    満足度

    不在の折返しや転送の手間がが減りました

    良い点

    いつでも必要な社員に電話をかける&転送できるようになったこと。

    改善点

    NTTのサービスなので当然ですが、ドコモ契約とセットの必要があります。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    社員に支給している携帯電話を固定電話のように利用できため、取引先からの電話や内線などオフィス内と同じような環境を構築できます。自動転送機能があるため、オフィス内で一度電話を受けて転送するといった二度手間もありません。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【PBX】

        類似サービス: YouWire

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入実績300社、700拠点以上

        YouWireとは、株式会社ギークフィードが運営している録音システムです。 携帯電話やオフィスの固定電話、会議での音声議事録などの音声を一元管理することができ、電話業務におけるトラブルの防止や、会話録音によるオペレーターの育成、顧客とスタッフの認識違いの防止などが実現できるとして、幅広い業界で導入されている実績があります。

        低価格かつ短時間での導入が可能

        YouWireは、固定電話·携帯電話どちらを利用の場合でも、初期費用や月額費用は低価格となっています。 自社開発のサービスであるため、高品質かつ多機能でありながら、価格を抑えた提供を可能としています。

        既存システムとの連携も可能

        既に他社の通話録音サービスを利用している場合でも、YouWireはCTIやCRMとの連携支援も行なっているため、安心して乗り換えることができます。

        クラウドで一元管理

        YouWireは、固定電話だけでなく携帯電話もクラウドサーバーでの管理を行なっています。 クラウドで利用できることで、いつでもリアルタイムの情報を把握することが可能となり、顧客対応の質や問題解決のスピードが向上します。

        類似サービス: BIZTEL(ビズテル)

        (4.5)

        月額費用15,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用50,000円〜最短導入期間5営業日程度

        BIZTEL(ビズテル)は株式会社リンクとブライシス株式会社の共同事業として運営しているサービスです。 モバイル、ビジネスフォンはもちろん、コールセンター業務に最適なシステムに強みがあり、国内導入実績No. 1のクラウド型コールセンターとして大規模コールセンターをはじめとした2,000社を超える多数の企業で導入実績があります。

        幅広いテレフォニーサービスを提供

        BIZTELの有名なサービスといえばコールセンター業務を支えるBIZTELコールセンターがありますが、携帯端末の内線化を可能にするBIZTELモバイル、クラウド型IPビジネスフォンサービスのBIZTELビジネスフォンなど多彩なサービスを取り扱っています。

        コールセンターに必要な機能を標準装備

        BIZTELでは、待ち呼や入電状況、応答率などをリアルタイムで表示することができます。このように対応状況を可視化することでセンター運営の効率化へと繋がります。また、座席追加などの設定変更もブラウザ経由の管理画面から簡単に行えます。操作性の良さはもちろんのこと、画面の見やすさも好評です。

        CRM連携機能

        BIZTELではSalesforceを始めとする各種CRM/SFAと簡単に連携することができます。この連携機能を使うことで顧客情報を一元管理することができ、業務の効率化へと繋がるのです。

        類似サービス: Dream Cloud PBX

        (4.5)

        番号利用料月額200円〜無料お試し要問い合わせ
        アカウント発行費20,000円最短利用席数1席〜

        Dream Cloud PBXとは、株式会社ドリームソリューションが運営しているクラウドPBXサービスです。 インターネット環境とPC・有線IP電話機(ドリームソリューションで用意可)があれば、オフィスに限らず在宅勤務でも会社番号を利用できるようになり、多様な働き方を促進します。

               

        内線の無料化

        Dream Cloud PBXを導入することで、内線間での通話が全て無料となります。 別拠点や海外からの利用でも無料となるため、コストカットを実現できます。

        着信時の対応を効率化

        Dream Cloud PBXでは、着信時の便利機能として、内線ごとにどの番号を表示させるかを設定することができます。 また、不在時には転送機能を利用することや、メールによって、いつどこから電話があったのかをリアルタイムに通知することも可能なため、取りこぼしを防止することが可能です。

        人材育成に効果的な機能を搭載

        Dream Cloud PBXには、モニタリング・ウィスパリング機能が搭載されています。 モニタリング機能では、電話対応中の内容を、他のスタッフが確認することができ、ウィスパリング機能で担当者にアドバイスを出すことが可能です。

      広告

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載