• BIZTEL(ビズテル)の料金·評判·機能は?1席あたり月額9,050円で使える?

    最終更新日 

    電話業務において、昨今クラウドPBX(構内交換機)という言葉が注目を集めています。

    新型コロナウイルスの影響でテレワークの需要が拡大、在宅でも電話業務ができるサービスとしてクラウドPBXの導入を検討している企業も多いでしょう。今回はそんなクラウドPBXの中でも、ビジネスフォンはもちろんのこと、コールセンター業務において強い人気を誇っているBIZTELをご紹介します。

    BIZTELとは

    BIZTEL(ビズテル)は株式会社リンクとブライシス株式会社の共同事業として運営しているサービスです。

    モバイル、ビジネスフォンはもちろん、コールセンター業務に最適なシステムに強みがあり、国内導入実績No. 1のクラウド型コールセンターとして大規模コールセンターをはじめとした1,400社を超える多数の企業で導入実績があります。

    BIZTELの特徴・機能

    幅広いテレフォニーサービスを提供

    BIZTELの有名なサービスといえばコールセンター業務を支えるBIZTELコールセンターがありますが、それ以外にもクレジットカード取引セキュリティのBIZTELコールセンター PCI DSS、携帯端末の内線化を可能にするBIZTELモバイル、クラウド型IPビジネスフォンサービスのBIZTELビジネスフォンなど多彩なサービスを取り扱っています。

    いずれもインターネットとPCさえあればすぐに始められます。最短5営業日で利用開始できる点や、電話機がなくてもソフトフォンをパソコンにインストールするだけですぐに電話機能が使えるところも嬉しい点です。ソフトフォンのOSはWindowsとMacに対応しています。

    コールセンターに必要な機能を標準装備

    BIZTELでは、待ち呼や入電状況、応答率などをリアルタイムで表示することができます。このように対応状況を可視化することでセンター運営の効率化へと繋がります。また、座席追加などの設定変更もブラウザ経由の管理画面から簡単に行えます。操作性の良さはもちろんのこと、画面の見やすさも好評です。

    また、通話業務において大切な音の途切れや時間差のない通話などの品質はクラウド最高峰。システム稼働率99.99%以上という安定性に加え、24時間365日の電話サポートもあるので安心です。

    CRM連携機能

    BIZTELではSalesforceを始めとする各種CRM/SFAと簡単に連携することができます。この連携機能を使うことで顧客情報を一元管理することができ、業務の効率化へと繋がるのです。

    連携機能を使うことで今まで使用していたデータベースをそのままBIZTELで活かすことができるので、着信と同時に顧客情報や過去の履歴を参照することができたり、顧客情報画面からワンクリックで発信することができます。

    BIZTELの価格・料金プラン

    BIZTELの料金プランとしては、初期費用200,000円で月間利用料90,500円(10席の場合)のライトプランや初期費用633,000円で月間利用料241,000円(30席の場合)のスタンダード30プラン、初期費用2,333,000円で月間利用料900,000円のスタンダード110プランなど企業規模に合わせたプランがあります。

    見積もり依頼を出すことで具体的な料金プランが提案されるので、導入を検討している場合は一度見積もり依頼を出してみると良いでしょう。

    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    BIZTELの口コミ・利用企業からの評判

    BIZTEL導入で業務効率化と働き方改革を実現

    “以前から利用していたコールセンターシステムでは設定変更など対応できない部分がある点や、在宅勤務を支援するコールセンターシステムを導入したいと考えていたのでBIZTELの導入を決めました。BIZTELの導入によって、スピーディーな設定変更や回線手配、運用コストも数百万円規模で削減することができました。”

    (シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社様)

    BIZTELでテレワークとBCP対策を実現

    “電話回線で不具合が生じることが多く、音声品質が高いコールセンターシステムを探していました。BIZTELはクラウドでサービスを提供している点や使い勝手が良いところ、Salesforceとの連携が可能なところも導入の決め手になったと思います。BIZTELによって受電時間のデータを共有することで、5秒以内に受電、また即時回答率90%以上という目標を継続的に達成することができています。”

    (沢井製薬株式会社様)

    SNSでの評判

    類似サービスとの比較

    BIZTELの類似サービスとして挙げられるのはDialpadや楽テルなどが挙げられます。

    料金面ではBIZTELは初期費用200,000円で月間利用料90,500円のライトプランがあり、Dialpadには月額800円(1ユーザーあたり)のSTANDARDプランがあります。楽テルは初期費用150,000円からで月額費用70,000円に各CTIシステム費用がかかる料金体系になっています。価格面からみるとDialpadが非常に安価ですが、STANDARDプランではsalesforce連携ができない点は注意が必要です。

    機能面では、BIZTELと楽テルではある程度のコストがかかるというネックはありますが、利用できる機能が非常に多く、DialpadのSTANDARDプランでは標準通話とG suite/MS O365連携、ボイスメールのテキスト化機能のみになることから、かけられる予算と絶対に導入したい機能を考えてから導入するのが良いでしょう。

    BIZTELで電話業務を効率化

    今回はクラウドPBXの中でも高い導入実績を誇るBIZTELをご紹介させて頂きました。

    クラウドPBXは多くの企業が提供しているので、どのサービスを導入しようか迷ってしまう方もいるでしょう。自社の企業規模にあった価格で利用できることや、自社が抱えている課題を解決するために必要な機能を備えているサービスなど選定の基準は様々ですが、上手く使いこなせれば課題解決、業務効率アップに繋がることは間違い無いでしょう。

    コールセンター業務の効率化やテレワーク環境の構築のためにもぜひBIZTELをはじめとするクラウドPBXの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像・データ出典:BIZTEL公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部