圧倒的な使いやすさが強み!ChatPlusの料金·使い方·評判について

最終更新日 

ChatPlusとは?

ChatPlus(チャットプラス)は、チャットプラス株式会社が運営するチャットボットサービスです。ITサービスでありがちな「機能が多すぎて使いにくい」ことを避けるため、チャットボットに求められる必要最小限の機能のみを実装したシンプルな構成になっています。

ChatPlusの特徴

画像出典:株式会社ヒューマンテクノロジーズ

上の画像は、実際にChatPlusを導入している株式会社ヒューマンテクノロジーズ社のチャット画面です。

ChatPlusの機能はとてもシンプルで、サイトにチャットボットを設置して、ユーザーとチャットを行います。ユーザー目線で見ると余分な機能が無いために操作に馴染みやすく、安心してチャットを活用することができます。また、AIによる自動対応ではないため、商品の購入や契約を迫られたりしません。次のアクションに繋がりやすいメリットもあります。

業界最安値の価格

ChatPlusは月額1,500円~の価格帯。業界最安値と言える価格です。

ChatPlusの機能紹介

設定がとてもカンタン。即日から運用可能!

ChatPlusの会話シナリオは、選択肢となる文言と選択内容に応じた回答を用意することで完成します。チャットボット運用までの準備が簡単なので、契約した即日からの運用が可能です。

例えば、対応のオペレーションをマニュアル化している企業であれば、マニュアルの内容をチャットボットに落とし込むことで設定が済みます。運用開始まで時間がかからないでしょう。

CSVファイルからのチャットボットルールの複製

チャットボットのルールは、エディタ画面で訂正することもできますが、CSVファイルからの一括インポートも可能です。例えば、エクセルで文言を管理しておいて、修正が必要になったらエクセル内の文言を修正し、ファイルをChatPlusにインポートすることで反映できます。

ChatPlusの強み

ChatPlusの強みは「シンプルさ」「料金」です。

ChatPlusは数あるチャットボットサービスの中でも、機能がシンプルです。これは、同社が目指している「機能をシンプルにすることで、多くのユーザーに使って欲しい」との想いが反映されている結果でもあります。

また、ChatPlusは月額1,500円からの料金で、とてもリーズナブル。他社のチャットボットツールは、初期費用に10万円~30万円、月額3万円~10万円が相場です。業界最安値の価格帯なので「自社にとって必要な機能を満たしている」企業であれば、高い費用対効果を期待できます。

料金プランについて

ChatPlusには以下の5つのプランが用意されています。

  • ミニマムプラン(月額1,500円~)
  • ビジネスライトプラン(月額9,800円~)
  • ビジネスプラン(月額15,800円~)
  • プレミアムプラン(月額28,800円~)
  • AIチャットボット(月額150,000円~)

なお、初期設定費用はかかりません。10日間の無料トライアルも利用可能です。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

口コミ・利用企業の評判

キンコーズ・ジャパン株式会社

当社ではお問合せ下さった方の「問い合わせ方法」を分析しています。これまでは、電話・メールの2択でしたがチャットが加わったことで、大きな変化が見られています。特に電話の件数が顕著で、月1,500件から1,200件に減少しています。ChatPlusが300件も吸収してくれた計算になります。

株式会社ヒューマンテクノロジーズ

ChatPlusを運用してい、クリック一つで分かるような問い合わせは、チャットで解決される方が増えています。業務効率が進んだことで、顧客獲得のために必要なオペレーションを強化する時間を増やすことができ、売上アップにつながっています。

類似サービスとの違いは?

ChatPlusは「組織の業務効率化」をサポートすることを目的として開発されています。

チャットボットソフトは、業務効率化以外にもマーケティングやコマース(取引)に特化したサービスがあります。これらのサービスとの違いを明確にするために、ChatPlusでは実装されていない「マーケティング」と「チャットコマース」に特徴があるサービスを2つご紹介します。

SYNALIO(シナリオ)

株式会社ギブリーが運営する「SYNALIO(シナリオ)」では、サイトやLINEに設置したチャットボットのやり取りから、チャットの離脱率やアクセスした企業の分析まで様々な分析が可能です。PDCAを回しながらチャットボットサービスを運用することで、リード(見込み客)の獲得向上を目指していけます。

Zeals(ジールス)

チャットコマースとは「チャットを使った取引」を意味します。株式会社Zealsが運営する「Zeals」はチャットコマース機能に特化していて、リードの獲得からコンバージョンまでの全ての工程を自動化することができます。

ChatPlusがコスパに優れるケースとは?

「インサイドセールスにチャットボットサービスを活用してリードを増やしたい」場合は、SYNALIOやZealsを選択した方が目的を達成しやすくなります。

反対にチャットボットサービスの導入目的が「業務効率化」であれば、ChatPlusは優れたコストパフォーマンスを発揮します。

例えばSYNALIOは、初期費用30万円、月額10万円かかります。チャットボットソフトの月額料金は、3万円~10万円とサービスによって幅がありますが、ChatPlusの月額1,500円からの価格帯は群を抜いて安い料金です。

低価格だからと言って機能が不足している訳ではありません。チャット機能は充実していますので、「問い合わせ対応をチャットに置き換えたい」と考えている企業にとっては、ChatPlusを活用することで高いコスパを期待できます。

画像出典:ChatPlus公式サイト/株式会社ヒューマンテクノロジーズ公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 hearthworld