OfficeBot(オフィスボット)の料金·評判·口コミについて。月10万円から利用できる?

OfficeBot(オフィスボット)

サービス名OfficeBot(オフィスボット)
ジャンルチャットボット
初期費用50,000円〜
月額費用100,000円〜
無料お試し要お問合せ
導入会社要お問合せ

企業ホームページやLINE上でチャットボットを目にする機会が増えてきました。

チャットボットは、問い合わせ業務や社内FAQに活用することにより、売上アップや業務効率化が期待できることで注目されていますが、開発コストや導入後の社内トレーニングなど、ハードルが高く手軽に導入できないという意見もあります。

OfficeBotは、最短1ヶ月で企業DXを実現するバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムとして注目されています。

管理部門·間接部門の方々向けに開発されたAIチャットボット「OfficeBot」の料金や機能、どのような点が優れているのかなどを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

OfficeBotとは

  • バックオフィス特化型のAIチャットボットシステムとして好評
  • カスタマーサポート・バックオフィス・セールス・リレーション・プレゼンスなどの自動化を実現
  • 日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語など多言語に対応
  • AIチャットボットが質問を自動で拡張予測し、顧客の自己解決力の改善が可能

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。

チャットボットによって生産性の向上や育成効率アップ、売上アップが実現できるだけでなく、社内DXにも貢献するサービスとして注目されています。

実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

OfficeBotを含むおすすめのチャットボット比較

チャットボットについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

OfficeBotの特に優れている点

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、その範囲は多岐にわたります。

  • カスタマーサポート
  • バックオフィス
  • セールス
  • リレーション
  • プレゼンス

上記の業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。

特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、社員からの質問を自動で拡張予測することが可能です。

チャットボットサービスの中でもAI搭載型のものは増えてきましたが、それでも本格的な運用が可能となるまでにシナリオを作成したり、判定基準の定義· 登録、質問をデータベースに溜めて学習させる期間が必要というケースが少なくありませんでした。

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。

これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

そのため、導入後の運用もとてもカンタンで、担当者は片手間で管理することができ、従来の問い合わせ対応チャットボットと比べ、担当者の作業負担は90%減、導入1ヶ月目から問い合わせ数の削減などの効果が期待できます。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。

特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

海外に拠点がある、外国人の顧客が多いという企業でも普段通りにFAQを作成するだけで、チャットボットによる自動対応を実現することができるようになります。

OfficeBotの主要な機能・特徴

有人対応

万が一、チャットボットで自動対応ができなかった場合でも、オペレーターによる有人対応への切り替えができます。

チャットシステムとの連携

OfficeBotは、SlackやLINE、Microsoft Teams、WowTalkなど普段から使用しているチャットシステムとの連携が可能です。

テキストマイニング、レポート機能

どのような問い合わせが多いのか、答えることができなかった質問は何かといったデータを、テキストマイニングによって分析し、レポート機能によって視覚化することができます。

セキュリティ機能

OfficeBotには、SSO(シングルサインオン)機能が搭載されているため、Office365やGoogle Workspaceなど普段から使っているサービスのパスワードでログインすることが可能です。

OfficeBotの料金·価格

OfficeBotでは、2つの料金プランを提供しています。

  • スタンダードプラン:初期費用50,000円/月額費用100,000円
  • プレミアムプラン:初期費用350,000円/月額費用150,000円

料金プランごとの機能など詳細については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

※価格情報は2021年9月時点のもの

OfficeBotのサポート体制

Officebotを提供しているネオスは、これまでさまざまな業界でのDXサポート経験があるため、初めてチャットボットを導入する企業でも安心して導入を進めることが可能です。

  • OfficeBotに登録するQAデータの監修やシナリオ改善の提案が可能
  • OfficeBotの利用状況·ログを分析して導入効果の測定
  • 操作方法やチャットボット運用のコツ、ノウハウのトレーニングを提供
  • 導入企業のニーズに沿った評価基準設定のサポートが可能

上記のようなサポートをカスタマーサクセスチームが提供してくれるため、OfficeBotの導入効果を最大まで引き上げることが可能となります。

OfficeBotの導入事例·評判

80%以上の担当者が自己解決でき業務効率向上を実現

“商品ラインナップが多様化することで、営業担当が開発部門へ電話で問い合わせる機会が増え、これを解決するためにOfficeBotを導入しました。取引先からの問い合わせに対して、まずOfficeBotに聞くことで自己解決につながったという社員が増え、80%以上の営業担当者が回答スピードの向上を実感しています。”(株式会社稲葉製作所様)

拠点からの問い合わせ90%削減を実現

“事業拡大に伴い、店舗から本社への問い合わせが急増し、営業時間外など対応しにくい場合に対応するために、OfficeBotのチャットボットを導入しました。導入効果としては、本社に問い合わせる前にOfficeBotで自己解決できるため、販促関連の問い合わせの90%削減、情報システム関連の問い合わせ50%削減を実現できました。”(島村楽器株式会社様)

OfficeBotのシステム連携

OfficeBotを運営しているネオスは、幅広い企業のシステム開発を受託した経験があり、多くのノウハウを所有しています。

このノウハウを活かし、既存のサービスや業務システムごとに応じたカスタマイズで導入企業にあったチャットボットをワンストップで開発することが可能となっています。

主な実施例としては、以下の通りです。

  • 電話帳との連携:SMARTアドレス帳と連携して社員の電話番号やメールアドレスをOfficeBotが回答
  • 予約システムとの連携:飲食店の予約システムとの連携で近くのお店の予約が可能に
  • スケジューラー等との連携:オフィス内の社員の居場所を探して回答
  • 勤怠システムとの連携:外出先からでも手軽に勤怠操作を実現
  • メールとの連携:メールの受信内容に応じてOfficeBotが通知

OfficeBotの詳細について

導入後短期間で効果を発揮し、企業DXを実現するOfficeBotは、業界を問わず幅広い企業にマッチするAIチャットボットサービスと言えるでしょう。

導入前·導入後のサポートも手厚く、導入効果を高める分析、改善が期待できるため、初めてAIチャットボットサービスを導入するという方にもおすすめです。

より詳細な機能や導入事例などは、下記から資料ダウンロードをお願いします。

OfficeBotの口コミ・評判

業種:インターネット/会社規模:11~30人

満足度

導入スピードが早い

良いところ、使いやすい点等

事前準備にかかる手間が少なく導入から効果がでるまでの期間が早かった

改善してほしいところ、不便に感じた点等

特になし

導入して解決できた課題や得られた成果等

少ない工数で導入でき、対応品質の標準化が実現できた

無料

OfficeBot
資料ダウンロードはこちら

 
     

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載