FirstContactの料金·評判·機能について。月額2,980円から利用できる?

最終更新日 

近年は、公式サイトやECサイトなどに寄せられる顧客からの問い合わせに対応するためにチャットボットシステムを導入する企業が多くなりました。
そこで本記事では、AI搭載のFirstContactについて取り上げて、主な機能や特徴、価格についてもご紹介していきます。

FirstContactとは

FirstContactは、株式会社バイタリフィが提供しているAIチャットボットシステムです。
顧客からの問い合わせに自動で回答する機能が搭載されており、ECサイト、カスタマーサポート、プロモーションなど様々な場所で利用されています。

FirstContactの特徴·機能

ではここからFirstContactの特徴や機能について紹介していきます。

AIシステムはIBM Watsonを採用

FirstContactの特徴は、AIチャットボットが自動で会話を行い、顧客対応をしてくれることです。
意図や背景などを組み合わせた会話を得意としているAIシステムの「IBM Watson」を搭載しているため、自然で適切なコミュニケーションを取ることができます。

テキスト以外の対話もできる

FirstContactはテキストでのコミュニケーションのほかにも、画像や選択式の対話も行うことができます。

24時間365日自動で対話

自動で24時間365日対話が可能なので、人件費の削減や業務の効率化が目指せることも、FirstContactの特徴です。

LINEやFacebookと連携できる

FirstContactはカスタマイズも可能で、LINEやFacebook MessengerなどのSNSとも連携することができます。

FirstContactの強み

FirstContactの強みは、希望に応じて有人対応代行サービスも利用できることです。
また、AI検索システムとの連携ができるという強みもあります。
FirstSearchとの連携によって、チャットボットと対話しながら、Webサイト内の資料や商品の検索などが行えるようになります。

FirstContactの価格·料金プラン

FirstContactの料金プランは、スタンダード、プレミアム、プロの3種類があり、初期費用は無料となっています。
月額料金は、スタンダードが2,980円、プレミアムが12,000円、プロが25,000円です。
詳細な料金については、要問い合わせです。
2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

FirstContactの注意点

FirstContactの注意点は、AIチャットボットの利用回数によって月額費用が変わる場合があることです。
機械学習の代行、学習運用サポートなども月額料金には含まれていませんので、料金についてはしっかり確認しておく必要があります。

FirstContactの導入事例·評判

工数の削減につながった

“信頼している方からの紹介でFirstContactを導入した結果、社内のメールや電話の工数を減らすことができました。”(株式会社アールナイン様)

テレワーク環境を整備できた

“値段の安さに驚きましたがFirstContactのおかげでテレワーク環境を整備でき、電話問い合わせ数も減らすことができました。”(日本ハウズイング株式会社様)

類似サービスとの比較

FirstContactと類似したサービスとしては、チャットプラス株式会社が提供してるChatPlusがあります。
ChatPlusは1分でIDを発行することができ、すぐに導入できるという特徴があります。
FirstContactと同様に、FacebookやLINEなどのSNSとも連携も可能です。
ChatPlusには、ビジネスライトプラン、プレミアムプランなど複数の料金プランが用意されており、ミニマムプランであれば月額1,500円で利用できます。
FirstContactの最安プランであるスタンダードの月額料金は2,980円なので、プラン次第ではChatPlusのほうが安く利用できる場合があります。

FirstContactでお問い合わせ業務の効率化を

FirstContactはAIが24時間365日自動で対応してくれます。
FirstContact導入で人材不足の解消や顧客満足度の向上を見込みことができますので、是非この機会に導入を検討してみてください。

画像·データ出典:FirstContact公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載