anybot(エニーボット)の料金 ·評判·機能について。導入事例も紹介

最終更新日 

せっかくLINEを営業のために活用しようと思ったけれども、忙しくて対応できない方や手がつけられていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に役に立つのがanybot(エニーボット)です。
今回はLINE上にて自動で接客もしてくれるanybotの機能や料金などを紹介していきます。

anybotとは

anybotはエボラニ株式会が運営しているLINE上でのビジネスをサポートしてくれるツールです。
LINEが主催のイベントでもanybotの活用事例が紹介されるほど優れたツールです。

anybotの特徴・機能

ではanybotにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

LINEやMessengerで自動接客

 

anybotにはLINEやMessengerなどのお問い合わせに対して自動で応答して、担当者に結果を自動的に送信する機能があります。
さまざまな問い合わせに対応できるので、わざわざ業務を止めて対応する必要はなくなるのです。
あらかじめさまざまなパターンを考えて、複数の回答候補を出すこともできます。

セグメントの最適化

顧客の興味やタイプに合わせて自動的に顧客をセグメンテーションしてくれる機能もあります。
やっかいなセグメンテーションに時間を割かれず、より顧客に合った提案ができます。

さまざまな連絡方法で一括送信可能

顧客に連絡する際には、LINEはもちろんのこと、MessengerやSMS、メールなどで一括送信が可能となっています。

イベントの予約や管理などの機能が豊富

anybotにはイベントの管理や予約、ECカートや決済まで、さまざまな機能が搭載されています。
そのため、Web接客だけでなく、一貫した対応が可能となります。

anybot導入のメリット

やはり一番のメリットは、LINEやmessengerにおけるやりとりや顧客のセグメンテーションなど、いままでは一つひとつやらなければならないことを自動化できることでしょう。
もちろん人の手でしなければならない部分も多少は出てきますが、それでも以前に比べると大幅な時間短縮ができるのです。
そのため、本業務の手を煩わせることなく集客や分析が可能となります。
また、今までは対応だけで精一杯だったものが、短時間でできるので、その分分析して対策や改善案を考えることも可能です。

anybotの価格・料金プラン

公式サイトに具体的な料金は掲載されていません。
そのため、詳細な料金は要問い合わせです。
お問い合わせもチャットボットになっており、質問に答えていくと最後にメールアドレスを聞かれますので、メールアドレスを伝えると案内メールが届くようになっています。
2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

anybotの注意点

自動接客といえど、はじめは設定することがさまざまあるのとすべての問い合わせを自動化できないことが注意点です。
ただ、設定してしまえば問題ありませんし、ある程度の質問は自動化できます。
そのため、そこまで注意点とはいえず、おすすめのサービスです。

anybotの導入事例・評判

たった半年でユーザー数が10倍に

“導入前は他社の予約サイトやInstagramを使っていて、予約管理やリスト化などを手作業で行っていました。そこで、anybotを導入したところ、イベント数が6倍、利用者数は10倍以上も増えたのに、問い合わせの対応時間は今までの3分の1にまで減らすことができました。本当に助かっています。”(一般社団法人オンライン子育てひろば協会様)

類似サービスとの比較

anybotと類似したサービスでは、Penglueが挙げられます。
こちらのサービスはLINEの公式アカウントを活用したチャットボットサービスです。
サイトを訪問するユーザーが離脱をしようとしたときにLINEへ誘導させるポップアップを表示する機能があり、そこからLINE上でチャットボットが自動で接客するという流れになっています。
プッシュ通知を利用して追客をすることもできるので、少しでも興味を持ったユーザーを離しません。
料金は完全成果報酬型になっていて、初期費用と月額費用は無料です。

Penglue(ペングル)の機能・料金・評判について。LINEでの顧客獲得の最大化を

anybotの導入で作業時間の短縮を

anybotを活用すれば、いままで大変だった予約管理やWeb上での顧客対応の時間が大幅に短縮されます。
予約管理やWeb接客などで業務を圧迫されているというのであれば、ぜひ導入を検討してみてください。

画像·データ出典:anybot公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載