anybot(エニーボット)の料金·評判·口コミ·機能について

anybot(エニーボット)

サービス名anybot(エニーボット)
ジャンルチャットボット
初期費用要問い合わせ
月額費用要問い合わせ
無料お試し要問い合わせ
導入会社要お問合せ

せっかくLINEを営業のために活用しようと思ったけれども、忙しくて対応できない方や手がつけられていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方に役に立つのがanybot(エニーボット)です。
今回はLINE上にて自動で接客もしてくれるanybotの機能や料金などを紹介していきます。

anybot(エニーボット)とは

  • プログラミング不要で、自社に合ったデータ活用を短期間・低コストで実現できる自動接客ツール
  • LINEやMessengerと連携して自動接客が可能
  • 高度なCRM(顧客関係管理)機能で自動的にユーザーデータを保存
  • 本業務の手を止めることなく集客や分析が行える
anybotは、エボラニ株式会社が運営するプログラミング不要のツールです。オムニチャネル*による自動接客と、自社に合ったデータ活用を短期間・低コストで実現します。自動接客だけでなく、データを活用したCRM(顧客関係管理)としての機能も有しており、直接ビジネスにインパクトする予約やEC、その他集計分析機能も搭載されているため、PDCAを回しながら、より良い顧客体験を提供することができるようになります。
※オムニチャネル:オンライン/オフライン問わず、あらゆるメディアを駆使して顧客との接点を作る試みのこと

anybotの特徴・機能

ではanybotにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

LINEやMessengerで自動接客

 

anybotにはLINEやMessengerなどのお問い合わせに対して自動で応答して、担当者に結果を自動的に送信する機能があります。
さまざまな問い合わせに対応できるので、わざわざ業務を止めて対応する必要はなくなるのです。
あらかじめさまざまなパターンを考えて、複数の回答候補を出すこともできます。

セグメントの最適化

顧客の興味やタイプに合わせて自動的に顧客をセグメンテーションしてくれる機能もあります。
やっかいなセグメンテーションに時間を割かれず、より顧客に合った提案ができます。

さまざまな連絡方法で一括送信可能

顧客に連絡する際には、LINEはもちろんのこと、MessengerやSMS、メールなどで一括送信が可能となっています。

イベントの予約や管理などの機能が豊富

anybotにはイベントの管理や予約、ECカートや決済まで、さまざまな機能が搭載されています。
そのため、Web接客だけでなく、一貫した対応が可能となります。

CRM

・保存された内容を予め設定したルールで自動セグメント化(手動も可能)
・回答別のデータ自動保存
・ユーザーごとに条件式によるコンテンツ出し分け
・セグメントユーザへの定期配信

電話自動応答

・営業時間外の自動対応、SMS経由でLINEへ自動誘導
・CRM連携:お客様からの入電、管理画面でセットされたガイダンスの読み上げ、お客様の操作にしたがってSMS(ショートメッセージ)を送信し、anybotでの接客という一連の流れを実行

来店予約

・業態別の簡単予約
・空き時間選択式の予約
・自動リマインド

anybot(エニーボット)の特に優れている点

開発不要で自社に合ったチャットボット/データ活用を実現

anybotのチャットボットは、開発不要で自社に合った内容を構築することができます。高度なカスタマイズ機能も搭載されており、WebのUIやチャット用のアイコンを自由自在にカスタマイズすることができます。
公開方法も1行のコードを貼り付けるだけと非常に手軽に、自社の問い合わせ対応にチャットボットを導入することができます。

高度なCRM(顧客関係管理)機能

anybotは、顧客管理機能にも優れており、ユーザーが選択した内容やアップロードしたファイルを自動的にユーザーデータとして保存することが可能です。
従来のCRMと比べてデータの保存やセグメンテーションが自動化されるため、より少ない労力で顧客一人ひとりに寄り添った顧客関係管理が実現できるようになります。

優れた集計分析機能

多くの導線やKPIなどの情報を自動で集計して分析、可視化することが可能です。
業務別·アンケート別の集計のほか、ユーザーの操作やキーワード別の分析がスマートフォンからでも簡単に確認できるため、より効率化された改善、PDCAサイクルの実行を可能とします。

直感的UIでミニアプリが簡単に作成可能

anybotは、直感的なUIでミニアプリ(※)を作成できる点にも優れています。
さらに高度な機能を持ったミニアプリの開発が可能という点も特徴的です。
柔軟なAPI連携が可能で、CSS/JavaScriptによるカスタマイズもできます。
GTM(Google Tag Manager)の広告タグが挿入可能であったり、自社のニーズにあった利便性の高いミニアプリを作成することが可能になります。
※ミニアプリとは「アプリ上で動作する別のアプリ」のこと。LINEなどのアプリ上に追加し、ダウンロード不要で様々な機能が搭載可能に。

anybot導入のメリット

やはり一番のメリットは、LINEやmessengerにおけるやりとりや顧客のセグメンテーションなど、いままでは一つひとつやらなければならないことを自動化できることでしょう。
もちろん人の手でしなければならない部分も多少は出てきますが、それでも以前に比べると大幅な時間短縮ができるのです。
そのため、本業務の手を煩わせることなく集客や分析が可能となります。
また、今までは対応だけで精一杯だったものが、短時間でできるので、その分分析して対策や改善案を考えることも可能です。

anybotの価格・料金プラン

公式サイトに具体的な料金は掲載されていません。
そのため、詳細な料金は要問い合わせです。
お問い合わせもチャットボットになっており、質問に答えていくと最後にメールアドレスを聞かれますので、メールアドレスを伝えると案内メールが届くようになっています。
2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

anybotの注意点

自動接客といえど、はじめは設定することがさまざまあるのとすべての問い合わせを自動化できないことが注意点です。
ただ、設定してしまえば問題ありませんし、ある程度の質問は自動化できます。
そのため、そこまで注意点とはいえず、おすすめのサービスです。

anybotの導入事例・評判

業務フローの自動化で売り上げ3.6倍を実現

“以前はお客様の温度感が高い間に商談まで進めるプロセスに時間がかかっていることが課題でした。無駄を無くし生産性を上げるためにはどうしたらいいかと考えていた時にanybotを紹介して頂きました。anybotを導入してからはチャットボットによる自動化で商談予約の効率化を実現し、売り上げ3.6倍を達成しています。”(株式会社&US様)

導入半年でユーザー数が10倍に

“anybot導入前は予約管理を常に手動で行っていたため、残業も多く管理の手間が大きかったです。anybot導入後は月2回管理画面からイベント案内を送信するだけなので非常に楽になりましたね。開催イベント数は6倍、サービス利用者は10倍以上になりました。”(一般社団法人オンライン子育てひろば協会様)

anybot(エニーボット)の活用事例

家電メーカーの場合

・店員の代わりにビデオ、ミニゲームで解説
・ミニアプリによって取り扱い説明書をゲーム感覚で楽しく読めるように
・FAQ/問い合わせ対応…等

ディーラーの場合

・電話での問い合わせをLINEへ誘導
・サイト内のポップアップで離脱防止
・コンシェルジュやオンライン商談でナーチャリング…等

アパレルの場合

・anybot Appで接客
・LINEでユーザーとチャット
・店員の販売実績の管理…等

ホームセンター/スーパーの場合

・デジタル会員証、POS連携、ポイントカードなどでのDX化
・アンケートによるリピート率改善
・購買データとアンケート結果を組み合わせたセグメント配信…等

類似サービスとの比較

anybotと類似したサービスでは、Penglueが挙げられます。
こちらのサービスはLINEの公式アカウントを活用したチャットボットサービスです。
サイトを訪問するユーザーが離脱をしようとしたときにLINEへ誘導させるポップアップを表示する機能があり、そこからLINE上でチャットボットが自動で接客するという流れになっています。
プッシュ通知を利用して追客をすることもできるので、少しでも興味を持ったユーザーを離しません。
料金は完全成果報酬型になっていて、初期費用と月額費用は無料です。

anybotを含むおすすめのチャットボット比較

チャットボットについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

anybotの導入で作業時間の短縮を

anybotを活用すれば、いままで大変だった予約管理やWeb上での顧客対応の時間が大幅に短縮されます。
予約管理やWeb接客などで業務を圧迫されているというのであれば、ぜひ導入を検討してみてください。

画像·データ出典:anybot公式サイト

anybotの口コミ・評判

業種:IT業/会社規模:50〜100名

満足度

ノーコードでチャットボットの構築ができます

良いところ、使いやすい点等

開発力がない場合でもチャットボットを設置できるのが便利でした。また、顧客管理機能もついているので、他のチャットボットサービスよりも利便性が高いと感じました。

改善してほしいところ、不便に感じた点等

特にありません。

導入して解決できた課題や得られた成果等

チャットボット開発の知識がなくても、ノーコードで構築できるため利便性が高いです。また、CRM機能が搭載されているので顧客情報の収集、管理の手間が効率化できました。

業種:IT業/会社規模:50〜100名

満足度

ミニアプリの作成に活用しています

良いところ、使いやすい点等

直感的操作でミニアプリの開発が可能で重宝しています。API連携も柔軟にできて運用の幅が広いのも便利です。

改善してほしいところ、不便に感じた点等

設定がやや難しい点

導入して解決できた課題や得られた成果等

LINEに追加するミニアプリの開発ができた。分析機能、集計機能にも優れているので使いこなすことができれば強力なシステムと言えると思います。

無料

anybot
資料ダウンロードはこちら

 
     

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載