デジタルヒューマンの料金・評判・口コミについて

月額費用
11万円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
2週間
導入社数
要お問合せ
これは チャット接客ツール の製品です。
チャット接客ツール の製品をまとめて資料請求

AI化が進む作業の中の一つに受付業務があります。

人に変わって主流となっているのがタッチパネル式の受付です。

人による受付とは違い、人件費をかけずに案内や来客予約などを取ることが可能な一方で、人と話すわけではないので、顧客満足度などの向上が課題と言えます。

そこで今注目を集めているのが「デジタルヒューマン」です。

今回は「UneeQ, Inc.」が展開するデジタルヒューマンのサービスについて特徴や料金、口コミや評判についてわかりやすく解説していきます。

デジタルヒューマンとは?

デジタルヒューマンとは、CG技術を用いて作成された人間らしい表情や動きができる3Dのアバターのことを言います。

ロボットなどとは違い、まるで本物の人間と話している感覚であり、顔の表情や声のトーン、抑揚といった要素が会話に加わることで顧客満足度を上げられるメリットがあります。

まだまだ発展の途中ではありますが、今後のビジネス活用に期待が高まっています。

今回紹介している「UneeQ, Inc.」のデジタルヒューマンの導入に関しては、兵庫県にあるデジタルヒューマン株式会社が国内業務を請け負っています。

おすすめの類似チャットボットサービス

企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot

(4.5)

月額費用100,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用50,000円〜最短導入期間要問い合わせ

実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

類似サービス: Cross Talk

(4.5)

月額費用39,800円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用50,000円最短導入期間要問い合わせ

Cross Talkとは、株式会社フリップデスクが運営しているチャットボットツールです。 自動チャットボットと有人チャットの両方を備えており、データを連携したままスムーズな切り替え移行ができるため、お客様にストレスを感じさせないチャット接客が可能になります。

       

適切なタイミングでチャットボットを表示

Cross Talkは、Flipdeskのターゲティング条件をそのまま使用することができ、ユーザーの行動とそこから推察されるニーズを読み取り、適切なタイミングでチャットボットを表示できます。 「出しっぱなし」や「却って邪魔」といったありがちなチャットの失敗を防ぎ、店頭でお客様と対話するようなコミュニケーションをサイト上に再現して、顧客体験を向上します。

対話形式でユーザーにあったコンテンツを訴求

一問一答型、分岐型のチャットが選択でき、ユーザーの回答に応じて次の質問を出し分けることができます。 疑問や不安があった際、解消せずサイトを離れてしまうユーザーは7割にも及ぶと言われています。 Cross Talkなら、FAQを見ても解決できず離脱してしまいそうなユーザーへ働きかけ、不安や疑問を解消できます。 お問い合わせ対応の効率化だけでなく、CV率の改善にも役立ちます。

有人チャット連携も可能

Cross Talkは、チャットボットから有人チャットへの連携設定が可能です。 そのため、チャットボットだけでは対応できないような場合や、ユーザーが有人対応を希望している場合など、柔軟にオペレーター対応へ変更することができます。

類似サービス: GENIEE CHAT

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用30万円最短導入期間要問い合わせ

GENIEE CHATとは、株式会社ジーニーが運営しているチャット型Web接客プラットフォームです。 GENIEE CHATを導入し、従来の入力フォームをチャット型へ移行することで、顧客体験価値を向上、CVR・LTVの最大化を実現することができます。

       

入力フォームへの経路を最短化してアクセス数を向上

GENIEE CHATは、導入企業のサイト上に任意でチャットバナーを常時表示させることが可能です。 ユーザーが申し込みをしたいと思ったタイミングで、バナーから迷わずに入力フォームへアクセスできるようになるため、アクセス数の向上を実現します。

入力アシストで離脱率を最小限に

入力フォームをチャット型に置き換えることで、対話形式での入力が可能となり、ユーザーにストレスを与えることなく離脱率を低減することが可能となります。 入力アシスト機能や入力補助機能を搭載しているため、入力完了率を向上させることができます。

手厚いサポートで運用工数を削減

GENIEE CHATは、サポート体制が優れているため、「導入したにも関わらず、活用できなかった」ということがありません。 専属のカスタマーサポートが、導入からCVR改善までをサポートしてくれるため、ツールの扱いに不安があるという方でも安心です。

デジタルヒューマンの特徴

「UneeQ, Inc.」が展開するデジタルヒューマンの特徴としてあるのが「スーパーブレイン」です。

既存のチャットボットやボイスボットの蓄積されたデータを、そのまま活用し会話が可能なのでスムーズな対応が可能です。

また、夜間のアクセスなどであっても24時間対応可能であり、問い合わせ件数が増加してきた場合においても、新しい人材を雇用することなく、教育も必要ありません。

導入に関しても、特別な専用端末は必要なく、デスクトップやタブレット、モバイルなどで気軽に会話することができます。

デジタルヒューマンのおすすめポイント・強み

一貫性のある対話でブランドを体現

デジタルヒューマンは、ブランドの魅力や個性、声のトーンや価値観を生き生きと表現し、顧客に記憶に残る体験を提供します。

また、何でも話せるデジタルヒューマンは、必要に応じて適切な対話を行います。人格エンジンは、会話を脱線させることなくブランドイメージに沿って人々を引き込みます。

感情的なエンゲージメントを創出

デジタルヒューマンは、70以上の言語に対応しており、簡単な挨拶だけでなく、身近な表情やボディランゲージを活用して、より楽しい印象を与えます。

自然な会話でマーケティングジャーニーに楽しさ、魅力、ユーモアを加えることができます。

デジタルヒューマンの料金

デジタルヒューマンを導入する場合、まずはフリートライアルの利用が可能であり、制限などはなく2週間無料で体験ができます。

その後の料金プランは以下の通りです。

スターター:220円/セッション(10秒~10分の会話を1セッションとして月間500セッション~)

プロ:150円/セッション(10秒~10分の会話を1セッションとして月間3000セッション~)

エンタープライズ:ボリュームや用途に最適なプランを個々で見積もり(月間10,000セッション~)

デジタルヒューマンの評判・口コミ

デジタルヒューマンの評判や口コミとして多かったのが「とにかく表情などが豊かで本物の人間と話しているみたいで顧客満足度を上げやすい」といった内容でした。

タッチパネルなどとは違い、文字ではなく表情がメインとなるため内容が理解しやすく離脱率なども下げやすいと言えます。

類似サービスとの比較

IVRyは、株式会社IVRyが提供する電話自動応答システムです。

豊富な機能を活用して、電話業務の課題解決と業務効率化を実現します。リソースが限られている企業や電話応対が難しい企業に最適なサービスです。

また、AIによる自動読み上げテキストを柔軟に作成し、企業ごとに最適な顧客対応を実現します。

ekubot VoiceLITEは、株式会社ベルシステム24ホールディングスが提供する外線型のAIボイスボットです。

従来のIVRでは手間のかかるシナリオ編集が簡単に実現でき、最短1日で利用可能です。

プログラミングなどの専門知識は不要で、無料版も提供されているため、機能性や操作性を確認してから導入できます。

この製品に関連する動画を紹介

デジタルヒューマンを利用して受付を効率よく行おう!

今回はデジタルヒューマンについて解説してきました。

タッチパネルとは違い、実際に人と話している感覚で受付を進めることが可能でありながら、人件費はかからないことが特徴です。

また、受付窓口を増設する場合に関しても、新しい人材を雇ったり教育する必要もありません。

受付業務のAI化を検討している方は是非参考にしてみてください。

デジタルヒューマンの評判・口コミ

(3.5)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

デジタルヒューマンの良い評判・口コミ

・本物の人間のように親しみやすく自然な会話でコミュニケーションが取れる。

デジタルヒューマンのその他の評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

デジタルヒューマンを導入した結果に関する評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

    その他の関連する記事

    これは チャット接客ツール の製品です。
    チャット接客ツール の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【チャットボット】

        企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot powered by ChatGPT API.

        (4.5)

                 
        月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

        実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

        自動化で企業DXを促進

        OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

        AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

        OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

        他言語に対応

        OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

        類似サービス: Cross Talk

        (4.5)

        月額費用39,800円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用50,000円最短導入期間要問い合わせ

        Cross Talkとは、株式会社フリップデスクが運営しているチャットボットツールです。 自動チャットボットと有人チャットの両方を備えており、データを連携したままスムーズな切り替え移行ができるため、お客様にストレスを感じさせないチャット接客が可能になります。

        適切なタイミングでチャットボットを表示

        Cross Talkは、Flipdeskのターゲティング条件をそのまま使用することができ、ユーザーの行動とそこから推察されるニーズを読み取り、適切なタイミングでチャットボットを表示できます。 「出しっぱなし」や「却って邪魔」といったありがちなチャットの失敗を防ぎ、店頭でお客様と対話するようなコミュニケーションをサイト上に再現して、顧客体験を向上します。

        対話形式でユーザーにあったコンテンツを訴求

        一問一答型、分岐型のチャットが選択でき、ユーザーの回答に応じて次の質問を出し分けることができます。 疑問や不安があった際、解消せずサイトを離れてしまうユーザーは7割にも及ぶと言われています。 Cross Talkなら、FAQを見ても解決できず離脱してしまいそうなユーザーへ働きかけ、不安や疑問を解消できます。 お問い合わせ対応の効率化だけでなく、CV率の改善にも役立ちます。

        有人チャット連携も可能

        Cross Talkは、チャットボットから有人チャットへの連携設定が可能です。 そのため、チャットボットだけでは対応できないような場合や、ユーザーが有人対応を希望している場合など、柔軟にオペレーター対応へ変更することができます。

        類似サービス: helpmeee!KEIKO

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        helpmeee!KEIKOとは、バリュエンステクノロジーズ株式会社が運営している社内問い合わせ対応の効率化ソリューションです。 チャットボットによる問い合わせへの自動回答やチケット起票、有人チャットへの切り替えが可能で、バックオフィスのDX化に大きく貢献します。

        1つの画面で問い合わせ対応を完結

        従来であれば、問い合わせ管理を効率化しようとしても、1次対応をチャットボットに任せて有人対応はメールソフトを使うなど、複数のツールを組み合わせる必要がありました。 helpmeee!KEIKOであれば、チャットボットによる自動応答から管理画面上での有人対応、管理画面での専門家への相談など、問い合わせ対応をhelpmeee!KEIKO上で完結することができます。

        起票・ステータス管理も可能

        helpmeee!KEIKOでは、全ての問い合わせに対してチケットを自動で作成して管理することが可能です。 問い合わせの対応ステータスを自動で更新してくれるため、対応済みの問い合わせに二重で対応してしまうようなミスを防止できます。

        直感的に操作できるUI

        helpmeee!KEIKOは、マニュアルを読まなくても利用できるほど直感的に操作できるUIで設計されています。 対応者側は、KEIKOの管理画面上でKEIKOと質問者のやりとりを引き継ぐ形で有人対応ができるため、内容をスムーズに把握して対応することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載