ビカンテックのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

ビカンテックのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

ビカンテックとは?

ビカンテックは、特殊な洗剤を使用して汚れやカビを除去するクリーニングサービスを提供しています。この手法は、素材を傷つけずに、壁や床、木材などの内部に洗剤を浸透させます。この技術、ビカン工法と呼ばれるものは、ハウスクリーニングやリフォーム業者にとって魅力的な新規事業であり、初心者でも簡単に始められる特徴があります。さらに、公共施設や店舗など広範囲の営業先に対応可能で、リフォームよりも迅速かつ経済的なサービスを提供しています。ビカンテックは加盟店を募集しており、ビジネスの機会を拡大しています。

ビカンテックフランチャイズの収益モデル・年収例

例1:

収益モデル(開業3ヶ月目の収益例)

売り上げ高

個人住宅メインの場合/受注7件

  • 月商95万円
  • 経費20万円
  • 粗利75万円

大型物件を含む場合/受注8件

  • 月商350万円
  • 経費100万円
  • 粗利250万円
  • 本部へのロイヤリティ:なし
  • 代理店/月会費1.1万円(税込)
  • 特約店/月会費5,500円(税込)

例2:

一人で開業可能

1件で30万円超えの利益も可能(粗利70%超え)

個人住宅メインで受注5件の場合

  • 月商65万円
  • 経費14万円
  • 粗利51万円

大型物件を含む受注5件した場合

  • 月商220万円
  • 経費62万円
  • 粗利158万円

ビカンテックの市場性

ビカンテックは、市場競争力を高めるために革新的な技術や製品を提供しています。製品は高度な機能性や信頼性を備え、顧客ニーズに対応しています。また、市場の動向を常に把握し、迅速に変化に適応する柔軟性を持っています。さらに、持続可能性や環境への配慮も重視し、その取り組みは顧客や投資家からの支持を集めています。これらの要素が相まって、ビカンテックは市場での地位を強化し、成長を維持しています。

ビカンテックのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

ビカンテックフランチャイズの開業資金・初期費用

  • 契約タイプ:代理店
  • 契約期間:1年間(以降、自動更新)
  • 応募エリア:全国
  • 必要な開業資金:60.5万~115.5万円(税込)

開業資金(内訳)
【代理店】
加盟金:110万円(税込)

【特約店】
加盟金:55万円(税込)

いずれの契約でも、研修費として5.5万円(税込)頂戴いたします
自己資金との差分については融資等で資金調達していただきます。

ビカンテックのフランチャイズの研修やサポート体制は?

ビジネススキルの提供

開業に向けた強力なサポートを提供しています。事前研修では、ビカンテックの商品特性や施工方法、営業のノウハウなど、ビジネスに不可欠な知識やスキルを詳しくかつわかりやすく提供します。これにより、開業前に必要なスキルや情報を習得し、スムーズにビジネスをスタートできます。

開業後もアドバイスを受けられる

開業後も安心して事業を展開できるよう、定期的なフォローアップを行っています。施工に関する疑問や不明点、収益向上に関する方法など、どんな質問でも気軽にお尋ねください。経験豊富なチームがお客様の悩みや相談に適切なアドバイスを提供し、ビジネスの成功に向けてサポートいたします。

ビカンテックのフランチャイズの評判やオーナーの声

革新的な技術がハウスクリーニング業界を変える

私はハウスクリーニングや内装リフォームの経営者です。デモを行うと、高い確率で契約が成立します。これまで多くの洗浄剤を見てきましたが、ビカン工法の効果は初めてでした。本部の方にデモを行っていただいた際、驚くほどの汚れの落ち方に笑ってしまいました。ただ汚れを落とすだけでなく、そのスピードも画期的です。そして素材を傷めないので、ビジネス上大きな利点となると感じました。研修では洗剤の特性や施工方法を学びますが、難しいことはありません。ハウスクリーニングやリフォーム業者はもちろん、他の業種の方でも簡単に習得できると思います。実際の営業でもデモを見せると、お客様が驚かれて即決することもあります。あるマンションで洗浄を行ったところ、外壁全体のリフォームまで依頼されたこともあります。衛生面を重視する医療機関からの依頼も増え、ビカンテックの加盟店になったことで事業が確実に拡大しています。

クリーニング経験がなくても大丈夫

テレビのアンテナ工事・保守業を営む経営者です。コンクリートの汚れが落ちた時の衝撃は今でも忘れられません。他では落とせない汚れが落ちることでビジネスチャンスが広がります。
これまで長くアンテナ工事をしてきましたが、一つの事業に依存するのは不安で、新規事業を模索していました。ビカンテックに興味を持ったのは、不動産事業をしており、管理物件の汚れに悩んでいたからです。ビカンテックの特殊溶剤の効果を試し、加盟後すぐに驚きました。洗剤の使い方は簡単で、クリーニング経験がなくてもすぐに始められます。現在は営業に力を入れており、落ちないと諦めていた汚れにも効果を示せます。
知り合いの病院の院長も驚くほどの効果を目の当たりにし、幅広い素材に対応するビカンテックの洗剤は他に類を見ません。多くのビジネスチャンスがあり、今後本業と並行して展開していきたいと考えています。本部の丁寧なサポートに助けられながら、ビカンテック事業の成長を目指しています。

ビカンテックのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

ビカンテックのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載