営業代行とは?おすすめの営業代行会社5選や選定のポイント、導入のメリット·デメリットを紹介

最終更新日 

企業の成長にとって営業は欠かすことができませんが、スタートアップ段階など営業にあてる人材が確保できない、人材育成が不十分な場合には営業代行を利用すると良いでしょう。

ですが、営業代行といってもどんな会社に依頼すれば良いかわからない、選ぶ際に注意した方がいい点を事前に知りたいという方もいると思います。

本記事では、営業代行の意味や営業代行会社を利用するメリット·デメリット、おすすめの営業代行会社などを紹介しますので参考にしてください。

営業代行とは?

営業代行とは、読んで字のごとく営業を代行してくれるサービスのことを指します。

ただし、単純に飛び込み営業やテレアポを行うのではなく、サービスによっては営業ノウハウのレクチャーや営業マネジメントといった多岐にわたる業務をサポートしてくれます。依頼する代行会社によって得意とする業務は様々です。

営業代行会社に依頼できる主な業務としては、新規顧客の開拓やテレマーケティング、DM·広告作成、マーケティング、営業コンサルティングなどが挙げられます。

営業代行会社との契約は、主に成果報酬に月額の固定費が発生するタイプと、成果に関わらず固定の費用が発生するタイプに分かれるのが一般的です。

営業代行を依頼する際は予算ももちろんですが、契約形態も重視してサービスを選ぶと良いでしょう。

営業代行を利用するメリット

短期間で即戦力の人材を確保して営業ができる

営業代行会社を利用する最大のメリットは採用や育成などの手間をかけずに即戦力の人材を活用できる点にあります。

営業にかける人材がいない場合、採用活動を行い人員を増やさなければいけませんし、研修や教育などの育成を行うにもコストがかかります。

育てた人材が現場で経験を積み、結果を出すようになるにはさらに時間がかかってしまうでしょう。

こういった手間やコストが営業代行を用いることで解消できます。契約をして詳細を打ち合わせすればすぐに営業活動がスタートされます。

人材育成にも活用できる

営業代行会社に所属している人材は、様々な業界での営業を経験しており豊富なノウハウやスキルを所持しています。

そういった人材と共に営業をすることで、まだ育っていない自社の営業部門のスキルアップを図ることが可能となります。

新規の営業先を開拓できる

営業代行会社に所属している営業マンは過去の営業経験で開拓した豊富な人脈を持っているケースがあり、営業代行を活用することで今まで自社の営業だけでは開拓することができなかった新規の見込み顧客へのアプローチが可能となります。

営業代行を利用するデメリット

成果によって支払うコストが高額になるケースがある

サービスによっては高い営業効果が見込める営業代行ですが、例えば成果報酬型のサービスを利用している場合に大きな成果を営業マンがあげた際には高額の費用が発生します。

自社で営業を行う場合や、月額固定型のサービスを利用した場合と比べて思わぬ支出が発生する可能性があるので注意が必要です。

おすすめの営業代行会社5選

ネオキャリア

特徴

コールセンターや採用代行、人材派遣会社向けの業務代行を行なっています。

これまでに3,000社以上との豊富な代行実績があり、スタッフへの個人情報に関する取り扱いなど徹底した教育を行っているため、代行を依頼したことによる情報漏洩の心配はありません。

料金

要相談

※2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

セレブリックス

特徴

インサイドセールス支援としては業界トップクラスの実績があり、総合的な対応が可能です。

テレアポ代行やアポイント獲得、商談機会の創出など幅広い支援を可能とし、営業コンサルティングサービスも行なっています。

料金

要問い合わせ

※2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

SORAプロジェクト

特徴

テレアポ代行からマーケティング、インサイドセールスまで幅広い営業代行に対応しているSORAプロジェクト。

営業代行サービスとして11年間の運営実績があり、ベテランの人材が多数在籍しているため、導入企業にあった営業スキームの組み立てが可能です。

料金

要問い合わせ

※2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

ウィルオブ·ワーク

特徴

豊富な分野のアウトソーシングを行っているウィルオブ·ワークは営業や販売の領域において20年以上の実績があります。

対応可能な業務は、販売、営業、コールセンター、事務、介護など幅広く、全国エリアで対応が可能なためスキルの高い人材をすぐに活用することができます。

料金

要相談

※2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

アイランドブレイン

特徴

2,000社以上の導入実績があり、新規顧客開拓のプロが多数在籍しています。

新規アプローチを代行してもらい、肝心の商談部分は自社で行うといった柔軟な利用方法が可能で、サービス変更やエリア追加にも対応可能です。

料金

16,500円/件(成果報酬型)

※2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

営業代行会社を選ぶ際のポイント

代行可能な業務を確認する

営業代行会社を選ぶ際にまず確認するべきことは、どんな業務のアウトソーシングが可能かという点です。

自社で依頼したい業務に対応しているかは当然ですが、依頼する代行会社によって実績や得意な分野は様々なため、事前によく調べておきましょう。

料金体系をチェック

営業代行会社の多くは、成果報酬型、月額固定型、またはこれらを組み合わせた複合型の料金体系を採用しています。

自社が営業代行にどのくらい予算を割けるかを想定した上で、マッチした料金体系のサービスを選ぶようにしましょう。

セキュリティ体制を確認

自社の機密情報を取り扱うことになるため、営業代行を行うスタッフのセキュリティポリシーは確認しておく必要があるでしょう。

営業代行サービスとしての運用実績が豊富であれば、セキュリティ対策に関しても十分な教育が行き届いていると考えられるため、導入実績を参考にするのも有効です。

営業代行は代行会社への依頼がおすすめ

自社に営業のノウハウがない、営業にかける人材が不足している、新人教育にかけるノウハウや時間がないといった場合には、かけられる予算にもよりますが営業代行会社を利用すると良いでしょう。

本記事で紹介した代行会社や選定のポイントを参考にしつつ、自社にマッチした営業代行会社を探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載