販売管理システムとは?できることやおすすめの販売管理システム5選を紹介

最終更新日 

販売管理というと、漠然とした意味はわかるけれど一体どんなことをする業務なのかわからないという方も多いと思います。

本記事では、販売管理システムでできることや、おすすめの販売管理システム、導入のメリットなどを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

販売管理システムとは

販売管理システムとは、受注から商品の納品までのお金やモノの流れを管理するためのシステムになります。

販売管理は、どんな商品を誰にどれくらい販売したのかを管理します。

例えば、商品に関していえば受注や出荷、発注や仕入れなどの管理に関する業務がありますし、お金の管理では見積もりや請求、売り上げ、入金·支払いなどの業務があります。

これらの業務を紙や目視のアナログな方法で管理すると、業務フロー全体を把握するのが難しく書類の作成ミスや在庫確認ミスによる商品不足や在庫過多などのミスが起きる原因となりかねません。

販売管理システムを導入することで、業務の全体像を把握して販売データの管理が効率化され、売り上げや購買データの有効的な活用が可能となります。

販売管理システムでできること

販売管理システムの概要を説明したところで、導入することでどんなことを実現できるのかを解説します。

販売管理システムに搭載されている機能も合わせて解説していきます。

販売管理機能

販売管理システムのメインとなる機能で、見積もりや受注管理、請求管理などの機能を含みます。

見積もりや受注管理などフェーズごとに再入力、照合しなければいけなかった手間が、販売管理システムを導入することで、一貫性を持って運用できるようになるため、修正や確認にかけていた手間を効率化することが可能となります。

在庫管理機能

商品を扱う場合に欠かすことができないのが在庫管理ですが、販売管理システムにはこの在庫管理を効率化する機能が搭載されています。

商品を売っている業種の場合、常に適切な在庫数を維持している状態が望まれます。そのためにもいつでもリアルタイムな在庫状況の確認が必要となりますが、目視での確認ではミスが発生する可能性もあります。

販売管理システムでは、出荷管理や在庫管理のための機能が備わっており、受注内容に基づいて正確な出荷指示、在庫状況の確認などが簡単に実現できるだけでなく過去履歴の検索も可能です。

また、システムによっては棚卸の管理機能も搭載されており、CSV形式などでシステムへデータを取り込むことで棚卸の状況をいつでも確認、管理できるようになります。

購買管理機能

購買管理機能は主に商品の仕入れに関係してきます。

従来は受注から在庫管理、仕入れの流れで行っていた購買管理が販売管理システムの導入によって販売状況に応じたスピーディーな対応が可能となります。

見積もりや発注、支払いのための機能も搭載されており、手入力する手間や入力ミスの減少も実現できます。

おすすめの販売管理システム5選

アラジンオフィス

特徴

アラジンオフィスは株式会社アイルが提供する販売管理・在庫管理パッケージシステムです。

導入実績は5,000社以上を突破しており、ユーザーリピート率98.2%と確かな導入効果が期待できます。

販売管理に必要なシステムがコンパクトにまとめられており、ユーザーごとに最適なカスタマイズが可能な柔軟性も魅力的です。

豊富な導入実績に基づいた手厚いサポートを受けられるため、販売管理システムを利用したことがないという方でも安心して導入することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

楽楽販売(働くDB)

特徴

楽楽販売(働くDB)は、販売管理業務の標準化と効率化を実現するクラウド型の販売管理システムです。

受発注から請求、進捗工程の管理まで業務全体のフローを企業ごとにカスタマイズすることができます。

対応履歴や進捗状況がクラウドで共有できるため、いつでもリアルタイムな情報を確認でき、伝達ミスや確認ミスの防止につながります。

料金

  • 初期費用:150,000円
  • 月額料金:60,000円〜

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

楽商

特徴

楽商は、50年以上の運営実績がある販売管理システムです、

基本の機能は充分に搭載されていながら、導入企業それぞれのニーズにあわせたカスタマイズも可能としています。

クラウドで利用できるため、いつでもリアルタイムな情報共有が可能で、一貫したシングルサポートを提供しているため初めて利用する方でも安心です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

EXPLANNER/Z

特徴

EXPLANNER/Zは、45年間の運営で30,000本以上の導入実績がある日本電気株式会社が運営している生産管理システムです。

生産管理における課題解決に必要な機能を組み合わせて企業ごとに最適な運用スタイルを構築することができます。

セキュリティ対策も万全に行われているため、情報漏洩などの心配もありません。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

flam(フラム)

特徴

flamはクラウド販売管理システムで、業務効率化を実現することができます。

使い勝手が良い機能が豊富に搭載されており、PCの操作が苦手という方でも使いこなせるシステムとなっています。

低コストから利用できるため、費用を抑えて販売管理を効率化したいという方におすすめなシステムです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:9,300円

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

販売管理システムの導入メリット

業務や情報共有の効率化が可能になる

販売管理システムの導入メリットとしては、業務効率化や情報共有の効率化が挙げられます。

従来の販売管理では、商品の情報や点数、請求額などの情報を紙や目視で管理して電話やメール、Excelなどで共有しなければいけませんでした。

販売管理システムを導入することで多くの業務が自動化でき、作業工数の削減が可能となります。

一度商品情報を登録しておけばワンクリックで検索することができますし、登録した情報はシステムを通じて簡単に共有することが可能なため確認にかける手間も効率化されます。

確認ミスや伝達ミスを減らすことができる

従来の販売管理は人為的な確認方法が多く、数え間違いや記載ミスなどによるヒューマンエラーがつきものでした。

記載されている在庫数とあわなかったり、請求漏れが発生してしまったりといったトラブルが発生し、企業としての信頼を落とすことにもなりかねません。

販売管理システムは、業務の自動化や情報共有の効率化によってミスを減らすことが可能です。

受注のタイミングで関連部門に自動でメールを送り、情報共有漏れを防いだり、自動入力によって記入ミスなどを減らすことができるため、担当者による確認作業の手間を軽減することができます。

分析機能でデータに基づいた経営戦略の組み立てが可能に

販売管理システムには分析機能が搭載されており、蓄積されたデータを効率的に分析することが可能となります。

データの分析によって、受注が増える時期が把握できるようになれば、その時期に合わせて適切な在庫を予め確保しておくなど経営戦略も立てやすくなるというメリットが生まれます。

蓄積された購買データは、顧客の氏名や性別、住所など詳細な属性が登録されているため、セグメント化して条件にあったターゲットへマーケティングを行うことも可能です。

販売管理の効率化にはシステムの導入がおすすめ

商品の受注から納品まで販売の流れを効率的に管理するためには販売管理システムを導入すると良いでしょう。

それぞれのサービスに機能や料金など違いがありますので、本記事で紹介したおすすめサービスを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載