販売管理システムのおすすめ5選を比較【2022年版】

更新日:

販売管理というと、漠然とした意味はわかるけれど一体どんなことをする業務なのかわからないという方も多いと思います。

本記事では、販売管理システムでできることや、おすすめの販売管理システム、導入のメリットなどを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

販売管理システムとは

販売管理システムとは、受注から商品の納品までのお金やモノの流れを管理するためのシステムになります。

販売管理は、どんな商品を誰にどれくらい販売したのかを管理します。

例えば、商品に関していえば受注や出荷、発注や仕入れなどの管理に関する業務がありますし、お金の管理では見積もりや請求、売り上げ、入金·支払いなどの業務があります。

これらの業務を紙や目視のアナログな方法で管理すると、業務フロー全体を把握するのが難しく書類の作成ミスや在庫確認ミスによる商品不足や在庫過多などのミスが起きる原因となりかねません。

販売管理システムを導入することで、業務の全体像を把握して販売データの管理が効率化され、売り上げや購買データの有効的な活用が可能となります。

おすすめの類似販売管理ツール

類似サービス: アラジンオフィス

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

アラジンオフィスとは、株式会社アイルが開発・提供している販売管理・在庫管理パッケージシステムです。 5,000社以上のユーザー様に販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、販売管理・在庫管理システムとなっています。

完成度の高いパッケージ

アラジンオフィスは、多くの導入実績を元に、ユーザーの声を1つのパッケージに集約しました。 販売管理に必要な豊富な機能が標準搭載されているため、ノンカスタマイズでも十分な運用が可能です。

あらゆる業種・業態に対応

アラジンオフィスは、さまざまな業種・業態に対応した販売・在庫管理パッケージシステムです。

豊富な外部システム連携

ハンディターミナルやWMS、会計システム、RFID、店舗管理システム、営業支援ツール、複数ネットショップ一元管理システムなど、さまざまなシステム連携が可能なため、販売管理・在庫管理だけでなく更なる業務効率化を実現できるでしょう。

類似サービス: アラジンEC

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

アラジンECとは、株式会社アイルが運営している「業務効率化」と「営業販促」を目的としたBtoB EC・Web受発注システムです。 得意先からの電話やFAX注文をWeb注文に変えることで、聞き取りや読み間違いの削減や、得意先がPC・スマートフォンやタブレットから商品の確認が可能になることで、在庫や納期の問い合わせ対応を削減いたします。

   

他社にはない圧倒的なノウハウが詰まっている

5,000社以上のBtoBノウハウが詰め込まれており、BtoB企業が欲しかった機能が豊富に搭載されています。 基幹システムを約30年間自社開発・サポートしてきた実績を活かして、導入前はもちろん、導入後も企業の課題解消に尽力します。

シンプルさと利便性の追求

アラジンECは、直感的に操作できるシンプルさと利便性を追求した画面設計になっています。 わかりやすい画面で操作できるため、初めて利用するという方でも、操作に迷うことなく利用することが可能です。

あらゆる業種・業態に対応

基本機能だけでは対応することができない業界独自のニーズに対しても、カスタマイズ機能を加えることで、柔軟にカバーが可能です。

類似サービス: CO-NECT

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間申込日の当日

CO-NECTとは、CO-NECT株式会社(旧株式会社ハイドアウトクラブ)が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースが採用されているため、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルいらずに扱うことができ、カスタマーサポートも優れているため、安心して導入することができます。

受注業務のデジタル化で業務時間の削減が可能

従来のFAXや電話での受注業務では、文字が読み取れないことから確認のために電話をしたり、聞き間違いよる発注ミスなどが起きてしまうケースも少なくはありませんでした。

取引先への負担なく導入できる

CO-NECTは、取引先(発注側)は無料で利用することができます。 新しいシステムを導入する際は、取引先にも同様のシステムを使ってもらうことが多く、料金や操作面などで負担がかかってしまう場合もあります。

充実したレポート機能で受注状況の分析が可能

CO-NECTには、販売管理や分析に関する機能が豊富に搭載されているため、受注状況を効率的に把握することが可能です。 CO-NECT以外の受注情報も一元管理できるため、受注状況の把握がしやすく、出荷指示もCO-NECT上から行うことができます。

この製品は販売管理ツールの製品です。

販売管理ツールの製品をまとめて資料請求

販売管理システムの料金

販売管理システムの導入費用相場としては、すでに販売されているツールを導入する場合は月額10万円前後の費用が発生します。

初期費用がかかる場合や、初期設定をお願いする場合は別途費用が発生するケースもあります。

さらに、導入したツールを自社で使いやすいようにカスタマイズする場合は100万円以上が相場となります。

また、完全にゼロから自社向けにスクラッチ開発する場合は500万円以上が相場です。

販売管理の目的と導入すべき理由

販売管理を行う目的としては以下の3点が挙げられます。

業務管理の強化

販売管理を行うことで、受注や納品、在庫数などの情報を可視化して管理することが可能となり、納期の遅れや業務のミスを防止することが可能となります。

さらに、販売管理を行えば業務における問題点を洗い出すことができるため、業務改善につながります。

収益を上げる

販売管理を行うことで、お金の流れを管理することができるため、顧客ごとにどれだけ売り上げをだしているのかを可視化して業績の分析や改善につなげることが可能となります。

また、どのように物が流れていくのかが理解できるようになるため、無駄な在庫を減らして適正な在庫管理ができるようになる点も特徴的です。

顧客満足度の向上

業務改善が実現できれば業務スピードを向上して顧客とより強い信頼関係を築くことが可能となります。

さらに、販売管理を行うことで業務のミスが減るため、結果として顧客満足度の向上につながります。

販売管理システムでできること

販売管理システムの概要を説明したところで、導入することでどんなことを実現できるのかを解説します。

販売管理システムに搭載されている機能も合わせて解説していきます。

販売管理機能

販売管理システムのメインとなる機能で、見積もりや受注管理、請求管理などの機能を含みます。

見積もりや受注管理などフェーズごとに再入力、照合しなければいけなかった手間が、販売管理システムを導入することで、一貫性を持って運用できるようになるため、修正や確認にかけていた手間を効率化することが可能となります。

在庫管理機能

商品を扱う場合に欠かすことができないのが在庫管理ですが、販売管理システムにはこの在庫管理を効率化する機能が搭載されています。

商品を売っている業種の場合、常に適切な在庫数を維持している状態が望まれます。そのためにもいつでもリアルタイムな在庫状況の確認が必要となりますが、目視での確認ではミスが発生する可能性もあります。

販売管理システムでは、出荷管理や在庫管理のための機能が備わっており、受注内容に基づいて正確な出荷指示、在庫状況の確認などが簡単に実現できるだけでなく過去履歴の検索も可能です。

また、システムによっては棚卸の管理機能も搭載されており、CSV形式などでシステムへデータを取り込むことで棚卸の状況をいつでも確認、管理できるようになります。

購買管理機能

購買管理機能は主に商品の仕入れに関係してきます。

従来は受注から在庫管理、仕入れの流れで行っていた購買管理が販売管理システムの導入によって販売状況に応じたスピーディーな対応が可能となります。

見積もりや発注、支払いのための機能も搭載されており、手入力する手間や入力ミスの減少も実現できます。

販売管理システムの導入メリット

業務や情報共有の効率化が可能になる

販売管理システムの導入メリットとしては、業務効率化や情報共有の効率化が挙げられます。

従来の販売管理では、商品の情報や点数、請求額などの情報を紙や目視で管理して電話やメール、Excelなどで共有しなければいけませんでした。

販売管理システムを導入することで多くの業務が自動化でき、作業工数の削減が可能となります。

一度商品情報を登録しておけばワンクリックで検索することができますし、登録した情報はシステムを通じて簡単に共有することが可能なため確認にかける手間も効率化されます。

確認ミスや伝達ミスを減らすことができる

従来の販売管理は人為的な確認方法が多く、数え間違いや記載ミスなどによるヒューマンエラーがつきものでした。

記載されている在庫数とあわなかったり、請求漏れが発生してしまったりといったトラブルが発生し、企業としての信頼を落とすことにもなりかねません。

販売管理システムは、業務の自動化や情報共有の効率化によってミスを減らすことが可能です。

受注のタイミングで関連部門に自動でメールを送り、情報共有漏れを防いだり、自動入力によって記入ミスなどを減らすことができるため、担当者による確認作業の手間を軽減することができます。

分析機能でデータに基づいた経営戦略の組み立てが可能に

販売管理システムには分析機能が搭載されており、蓄積されたデータを効率的に分析することが可能となります。

データの分析によって、受注が増える時期が把握できるようになれば、その時期に合わせて適切な在庫を予め確保しておくなど経営戦略も立てやすくなるというメリットが生まれます。

蓄積された購買データは、顧客の氏名や性別、住所など詳細な属性が登録されているため、セグメント化して条件にあったターゲットへマーケティングを行うことも可能です。

販売管理の流れと管理すべき業務について

販売管理の流れとしては以下の通りです。

受注管理

受注管理は顧客への提案から受注の締結までを管理する業務です。

具体的には、新規顧客に提案するための見積書を作成し、顧客との取引が決定したら受注業務を行います。

取引先からの注文依頼を受領して内容に基づいた受注伝票を作成します。

出荷管理

出荷管理は、取引先への商品発送から納品までを管理します。

売り上げ計上は出荷または納品のタイミングで行うことが一般的です。取引先から希望納期を伝えられた場合は遅延することなく出荷を行いましょう。

出荷作業は、営業担当が出荷指示書などを作成して出荷担当者に指示を出します。ただし、出荷担当者と営業担当者が同一の場合は不要です。

納期が指定されている場合は、希望納期に間に合うように出荷準備を行いましょう。

その後、商品を取引先へ納品しますが、納品方法は一般的に配送業者にお願いして郵送してもらうケースが多いです。

商品を受け取ってもらったら受領書にサインをもらい、発送者側は配送業者からの報告などで納品の確認を行います。

請求管理

売り上げに対して請求を行います。請求業務が適切に行われていないと、収益が確保できないため非常に重要な業務です。

売り上げ代金の請求方法には、取引の都度請求書を送る方法か、一ヶ月などの一定期間ごとに取引の売り上げ代金をまとめて請求する方法があります。

取引先によって取引条件や請求の締め日が異なる可能性があるため、請求書に詳細な内容を記載するのを忘れないようにしましょう。

得意先は受け取った請求書の内容に沿って入金を行いますが、現金で支払う場合や銀行振り込み、手形など方法はいくつかあります。

入金がされた後は入金金額と売り上げ金額に誤差がないかを確認して、問題なければ入金伝票を作成して仕訳を行います。

仕入れ管理

商品の販売を行うために仕入れをします。

まずは購買部門に対して発注依頼をし、購買部門では複数業者に対して見積もり依頼を出した上でコストや納期が条件に合う仕入れ先を決めます。リピートで発注をしている仕入れ先がある場合はこの工程は飛ばされることもあります。

仕入れ先を決めたら発注を行い、注文書を送付しますが、昨今はシステムでまとめて発注を行うことも可能です。

発注した商品が届いたら入荷処理・検品を行います。商品数や商品状態に問題があった場合は返品処理を行いましょう。

その後、発注した商品に対する支払いをしますが、こちらも取引の都度行うか、一定期間ごとにまとめて請求されたものを支払う方法かが多く取り入れられています。

在庫管理

在庫管理は、必要な量の商品を必要な場所へ保管し、必要なときにいつでも出荷できるように管理することから仕入れや売り上げにも直結する業務です。

在庫のズレをなくすためにもいつでもリアルタイムの在庫を把握できるシステムを導入しておくと良いでしょう。

複数の倉庫がある場合は倉庫ごとや全体での出入庫管理も必要です。

エクセルや紙の在庫管理表を用いて管理している場合、記入漏れや入力ミスなどによって在庫のズレが発生する場合があるため、定期的に棚卸をして在庫確認をしましょう。

販売管理システムを選定する際のポイント

製品名参考価格無料トライアル
アラジンオフィス
要問い合わせ

要問い合わせ
アラジンEC
要問い合わせ

要問い合わせ
楽楽販売(働くDB)月6万円~
要問い合わせ
EXPLANNER/Z
要問い合わせ

要問い合わせ
flam(フラム)月9,300円~
要問い合わせ

自社の業種や業態にマッチしているか

販売管理システムには、業種や業界に特化しているものや幅広い業界で利用できる汎用型の製品もあります。

業界・業種特有の機能が搭載されているため、より詳細な販売管理が実現できます。

自社向けにカスタマイズしなくても、業界特有の機能が利用できる点がメリットです。

汎用型は、在庫管理や購買管理、請求管理などの基本機能から自社にマッチしたものを選んでカスタマイズできたり、POSシステムやCRMとの連携が可能で、機能数を抑えればコストを抑えた運用が可能となります。

導入後のサポートがあるか

これまでに販売管理システムを利用していれば、なんとなく操作方法もわかるでしょうが、初めて販売管理システムを利用する場合は導入後に疑問点が数多くでてくることもあります。

そういった場合に、どのようなサポート手段をベンダー側が提供しているのかが重要になります。

電話・メール・チャットなど、どんな問い合わせ方法に対応しているのか、24時間問い合わせすることができるのか、サポート可能な時間帯や休日にも対応しているのかといった点に注目して事前に確認しましょう。

自社にあった導入タイプを決める

販売管理システムを導入する際は、事前に導入タイプを決めておくことでコストや導入時期を絞りやすくなります。

販売管理システムは、パッケージ型かスクラッチ型かに分けられます。さらに、パッケージ型をカスタマイズしたセミオーダー型もあります。

パッケージ型はなるべく短期で導入したい方、特殊な業務を扱っていない方におすすめです。

スクラッチ型と比べて初期導入費用が安価な点が特徴的で、カスタマイズの自由度はスクラッチ型の方が優れています。

スクラッチ型は導入までにある程度の時間を要しますが、柔軟なカスタマイズができるため、自社の業務が特殊な場合におすすめです。

自社の業務フローをベースにしているため導入後の負荷が軽い点も特徴的です。

パッケージ型をカスタマイズしたセミオーダー型は、業界の基準の業務フローに合わせつつも自社独自の業務フローを保つことができる点が特徴的で、スクラッチ型より初期費用が安価な点が優れています。

しかし、パッケージ型と比べると初期費用は高く、導入までに時間もかかります。

販売管理をする上での注意点とは

販売管理を行う上では専用システムの導入がおすすめです。

ただし、販売管理システムは導入するタイプによっては自社の業種にマッチしない可能性もあります。

例えば、食品業界では賞味期限の管理が必須となるため、これを管理できる販売管理システムが必要となります。

そのため、導入する販売管理システムが汎用的に使えるものなのか、自社業界での導入実績が豊富かをチェックしましょう。

さらに、システムによっては会計システムやPOSシステムとの連携ができるものもあるため、自社でどんなことを実現したいのかを明確にした上で比較検討することが望まれます。

おすすめの販売管理システム5選

アラジンオフィス

特徴

アラジンオフィスは株式会社アイルが提供する販売管理・在庫管理パッケージシステムです。

導入実績は5,000社以上を突破しており、ユーザーリピート率98.4%(2022年7月末時点)と確かな導入効果が期待できます。

販売管理に必要なシステムがコンパクトにまとめられており、ユーザーごとに最適なカスタマイズが可能な柔軟性も魅力的です。

豊富な導入実績に基づいた手厚いサポートを受けられるため、販売管理システムを利用したことがないという方でも安心して導入することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2022年9月現在/詳細は公式サイトを確認

D.M様

業界:製造業/会社規模:31人~50人

 

在庫状況を一目で確認できる販売管理ソフト

パソコンの専門的な知識がそれほどなくても使いやすいところがありがたいです。
詳しくはこちら

楽楽販売(働くDB)

特徴

楽楽販売(働くDB)は、販売管理業務の標準化と効率化を実現するクラウド型の販売管理システムです。

受発注から請求、進捗工程の管理まで業務全体のフローを企業ごとにカスタマイズすることができます。

対応履歴や進捗状況がクラウドで共有できるため、いつでもリアルタイムな情報を確認でき、伝達ミスや確認ミスの防止につながります。

料金

  • 初期費用:150,000円
  • 月額料金:60,000円〜

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

楽商

特徴

楽商は、50年以上の運営実績がある販売管理システムです、

基本の機能は充分に搭載されていながら、導入企業それぞれのニーズにあわせたカスタマイズも可能としています。

クラウドで利用できるため、いつでもリアルタイムな情報共有が可能で、一貫したシングルサポートを提供しているため初めて利用する方でも安心です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

EXPLANNER/Z

特徴

EXPLANNER/Zは、45年間の運営で30,000本以上の導入実績がある日本電気株式会社が運営している生産管理システムです。

生産管理における課題解決に必要な機能を組み合わせて企業ごとに最適な運用スタイルを構築することができます。

セキュリティ対策も万全に行われているため、情報漏洩などの心配もありません。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

flam(フラム)

特徴

flamはクラウド販売管理システムで、業務効率化を実現することができます。

使い勝手が良い機能が豊富に搭載されており、PCの操作が苦手という方でも使いこなせるシステムとなっています。

低コストから利用できるため、費用を抑えて販売管理を効率化したいという方におすすめなシステムです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:9,300円

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

販売管理の効率化にはシステムの導入がおすすめ

商品の受注から納品まで販売の流れを効率的に管理するためには販売管理システムを導入すると良いでしょう。

それぞれのサービスに機能や料金など違いがありますので、本記事で紹介したおすすめサービスを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

30代~50代の小売業経営者の74%が自社が販売する商品を管理していると回答 専用の販売管理ツールで管理しているのは40%【販売管理に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2022年11月に『販売管理に関するアンケート』を行いました。

調査概要

対象者:全国の30歳〜59歳の男女/経営者・役員/商社・卸売り・小売業

サンプル数:300人

居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県

調査方法:ネットリサーチ

アンケート実施日:2022年11月4日

調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

【質問:自社が販売する商品の管理方法は何ですか?】

質問に対しての回答選択肢は以下

1.シフト管理をしていない
2.ノート等の紙で管理している
3.エクセル等のPCツールで管理している
4.専用のシフト管理ツールを導入して、管理している

 

 

30代~50代の男女を対象とした「自社が販売する商品の管理方法は何ですか?」というアンケートで最も多かった回答は「専用の販売管理ツールを導入して、管理している」で40%でした。

次いで多かったのがエクセル等のPCツールで管理している」と回答した方で27%特に管理していないと回答した方が26%ノート等の紙で管理していると回答した方は7%で、全体の7割以上の方が自社が販売する商品を管理しており、4割の方が専用の販売管理ツールで管理していることが分かりました。

 

■ ご取材、データ引用等可能です。
·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
·本発表データの引用
その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SheepDog メディア担当
メールアドレス:media@strate.biz

これは販売管理の製品です。
販売管理の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【販売管理】

      類似サービス: アラジンオフィス

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

      アラジンオフィスとは、株式会社アイルが開発・提供している販売管理・在庫管理パッケージシステムです。 5,000社以上のユーザー様に販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、販売管理・在庫管理システムとなっています。

         

      完成度の高いパッケージ

      アラジンオフィスは、多くの導入実績を元に、ユーザーの声を1つのパッケージに集約しました。 販売管理に必要な豊富な機能が標準搭載されているため、ノンカスタマイズでも十分な運用が可能です。

      あらゆる業種・業態に対応

      アラジンオフィスは、さまざまな業種・業態に対応した販売・在庫管理パッケージシステムです。

      豊富な外部システム連携

      ハンディターミナルやWMS、会計システム、RFID、店舗管理システム、営業支援ツール、複数ネットショップ一元管理システムなど、さまざまなシステム連携が可能なため、販売管理・在庫管理だけでなく更なる業務効率化を実現できるでしょう。

      類似サービス: アラジンEC

      (4.5)

               
      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      アラジンECとは、株式会社アイルが運営している「業務効率化」と「営業販促」を目的としたBtoB EC・Web受発注システムです。 得意先からの電話やFAX注文をWeb注文に変えることで、聞き取りや読み間違いの削減や、得意先がPC・スマートフォンやタブレットから商品の確認が可能になることで、在庫や納期の問い合わせ対応を削減いたします。

         

      他社にはない圧倒的なノウハウが詰まっている

      5,000社以上のBtoBノウハウが詰め込まれており、BtoB企業が欲しかった機能が豊富に搭載されています。 基幹システムを約30年間自社開発・サポートしてきた実績を活かして、導入前はもちろん、導入後も企業の課題解消に尽力します。

      シンプルさと利便性の追求

      アラジンECは、直感的に操作できるシンプルさと利便性を追求した画面設計になっています。 わかりやすい画面で操作できるため、初めて利用するという方でも、操作に迷うことなく利用することが可能です。

      あらゆる業種・業態に対応

      基本機能だけでは対応することができない業界独自のニーズに対しても、カスタマイズ機能を加えることで、柔軟にカバーが可能です。

      類似サービス: CO-NECT

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用0円最短導入期間申込日の当日

      CO-NECTとは、CO-NECT株式会社(旧株式会社ハイドアウトクラブ)が運営している受発注システムです。 直感的なインターフェースが採用されているため、初めて受発注システムを利用する方でも、マニュアルいらずに扱うことができ、カスタマーサポートも優れているため、安心して導入することができます。

      受注業務のデジタル化で業務時間の削減が可能

      従来のFAXや電話での受注業務では、文字が読み取れないことから確認のために電話をしたり、聞き間違いよる発注ミスなどが起きてしまうケースも少なくはありませんでした。

      取引先への負担なく導入できる

      CO-NECTは、取引先(発注側)は無料で利用することができます。 新しいシステムを導入する際は、取引先にも同様のシステムを使ってもらうことが多く、料金や操作面などで負担がかかってしまう場合もあります。

      充実したレポート機能で受注状況の分析が可能

      CO-NECTには、販売管理や分析に関する機能が豊富に搭載されているため、受注状況を効率的に把握することが可能です。 CO-NECT以外の受注情報も一元管理できるため、受注状況の把握がしやすく、出荷指示もCO-NECT上から行うことができます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載