【2021年版】おすすめ予算管理システム5選|意味や導入のメリット、選定のポイントなどを解説

最終更新日 

設定した予算に対して実際にどれくらい費用を使ったのか、アナログな管理では分析することや正確なデータの比較が難しいという声を聞きます。

効率的に予算管理を行う場合は予算管理システムの導入がおすすめです。

本記事では予算管理システムの概要やおすすめの予算管理システム、導入するメリットなどを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

予算管理システムとは?

そもそも予算管理とは、企業で設定した予算を適切に使うために管理を行うことを指します。

基本的には四半期ごとに管理を行い、予算の作成や進捗管理、分析などを行います。

そして、予算管理システムとは作成した予算と実績との比較分析が可能になるシステムです。

企業として成長するためには利益を継続的に出し続けることが求められますが、そのためには四半期ごとなど定期的に予算と実先の比較分析を行うことが欠かせません。

予算管理というとエクセルで行うのが一般的でしたが、分析する項目が多くなるほどに集計や分析にかかる時間が増加し、手間がかかってしまうことから効率的な予算管理の方法が望まれました。

予算管理システムは効率的にデータ収集が可能で、データ入力の自動化などで工数の削減も実現できます。操作性にも優れており、普段から使っていたエクセルと同じような操作性のシステムも多く登場しています。

オンプレミス型だけでなくクラウド型のシステムも登場しており、中小企業でも導入しやすくなっています。

おすすめ予算管理システム5選

Workday Adaptive Planning

特徴

Workday Adaptive Planningは、Workday社によって開発されたシステムです。日本ではOrangeOne株式会社によって販売されています。

ボトムアップやトップダウンの予算編成をクラウド上で整理することができ、クラウド型のサービスであるため時間や場所を選ばずデータの確認が可能です。

予算管理ツールとして世界的に高い評価を獲得しており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

料金

  • 基本料:1,600,000円〜
  • 管理者ライセンス:170,000円〜
  • 利用者ライセンス:89,000円〜
  • 閲覧者ライセンス:56,000円〜

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Sactona(サクトナ)

特徴

Sactonaは、予算編成や予算管理を高度かつ効率化するためのグループ経営管理システムです。

エクセルライクな操作性のため、普段からオフィスソフトを利用している人であれば問題なく操作することができます。

データベースの容量を柔軟に変更することができ、スモールスタートからシステムを利用することが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Manageboard(マネージボード)

特徴

Manageboardは、株式会社ナレッジラボが提供しているクラウド型の予算管理システムです。

部門単位など柔軟な設定で予算管理が可能で、会計データを勘定科目ごとに分析することができます。

AIチェック機能が搭載されており、事前に設定しておくことで確認作業の自動化が可能になるため、作業工数の削減ができる点も特徴的です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:50,000円
  • 無料トライアル:30日間無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

DIGGLE(ディグル)

特徴

DIGGLEとはDIGGLE株式会社が運営している予実管理ソフトです。

エクセルでの予算管理を効率化できることで、空いた時間をコア業務に注力して業績アップにつなげることができます。

事業部を横断した余実管理が可能で、正確な業績予測ができるようになります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

bixid(ビサイド)

特徴

bixidは経営管理のサポートソフトです。

使いやすい操作性で、一般企業だけでなく会計事務所での導入実績もあります。

会計データをアップロードすることで前月比などの比較内容が可視化できるようになり、既存のシステムからのデータ移行も容易に実現します。

また、無料のプランも用意されているため、スタートアップ段階の企業でも利用しやすいシステムとなっています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:600円〜
  • 無料トライアル:30日間無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

予算管理システム導入のメリット

予算管理システムを導入することで主に以下のメリットが得られます。

予算管理における業務効率化ができる

今までのエクセルでの予算管理から切り替えることで情報収集やデータの管理が効率化されます。

部門を横断した予算管理が可能となり、手動でのデータ統合も不要となります。

データの自動集計、自動入力が行われるため入力ミスや確認ミスが軽減される点もメリットと言えるでしょう。

属人化の解消につながる

エクセルでの予算管理は、担当者だけが内容を把握していて情報共有が十分にできない、いつでもリアルタイムの進捗を確認できない、複雑な関数や分析方法を扱うことができないことが問題でした。

予算管理システムは、直感的な操作で利用でき簡単に分析も可能です。

予算管理における属人化を防ぎ組織として予算管理に取り組むことができるというメリットが生まれます。

経営判断のスピードアップ

エクセルでの予算管理はデータの集計、分析に時間がかかるためリアルタイムの経営判断がしにくいというデメリットがありました。

いつでもリアルタイムの進捗状況を把握することができれば、その場にあった的確な対応が可能となるため、万が一のトラブルにも迅速な対処ができます。

また、入力作業の自動化による工数削減やミスの削減ができるため、リアルタイムに最新のデータを確認して経営判断の加速が可能となります。

予算管理システムを選ぶ際のポイント·注意点

予算管理システムを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

エクセルからのデータ移行が可能か

エクセルでの予算管理からシステムへの移行を行うばあい、エクセルデータを取り込んだりそのままエクセルの活用ができるものを選ぶことで、過去のデータとの比較も容易になるため、確認しておくようにしましょう。

また、エクセルライクな使い勝手で利用できるシステムであれば新しいシステムでもスムーズに操作することができるでしょう。

システムを使うメンバー全員が無理なく直感的操作で扱えるシステムを選ぶことが重要です。

外部システムとの連携は可能か

予算管理システムは会計システムやその他の外部システムとの連携によってより利便性を高めることが可能です。

導入しようとしている予算管理システムが会計システムや原価計算システム、給与計算システムなど予算策定に重要なシステムとの連携ができるか確認しておきましょう。

効率的な予算管理にはシステムの導入がおすすめ

予算管理システムについて、概要やおすすめのシステム、導入のメリットなどを紹介しました。

エクセルでの予算管理をより効率的に行い、確認ミス·入力ミスなどを軽減するためにも予算管理システムの導入をおすすめします。

本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載