動画配信システムのおすすめ6選を比較【2022年版】

更新日:

社内での教育や、取引先へのプロモーション素材などで相手へよりダイレクトに情報を伝えるのであれば動画コンテンツの作成がおすすめです。

ですが、専門の製作会社に依頼する場合は費用が高額になりますし自社だけで動画制作するにはノウハウや専用機材が必要となります。

これらの課題を解消して効率的に動画コンテンツの制作を実現するサービスとして動画配信システムが注目されています。

本記事では動画配信システムについて、概要やおすすめのサービス、導入のメリット·デメリットなどを解説しますので参考にしてください。

動画配信システムとは?

動画配信システムとは、主に法人利用を対象とした動画コンテンツの配信サービスです。

利用シーンとしては、従業員に向けて教育用コンテンツの動画を作成したり、取引先に向けて有料コンテンツの販売に活用したりといったケースなどが挙げられます。

YouTubeやニコニコ動画などの動画配信システムと違い、ビジネスで利用するため安全性の高い環境で高品質な動画の配信を行うことができます。

動画配信システムを利用すれば、テキストだけの情報共有より視覚的に情報が伝えられるようになるため業務マニュアルの作成や動画商材の作成効率の向上が可能となります。

使いやすい操作性で、任意のユーザーのみに動画を配信できるサービスが多く柔軟な動画編集やユーザーの視聴傾向の分析などが可能なシステムも登場しています。

動画配信システムが注目されている理由

動画配信というとYouTubeなどの配信サービスを想像する方が多いと思います。

しかし、ビジネスで使用する目的ならば無料のツールではなく有料の法人向けサービスを利用した方が良いでしょう。

法人向けの動画配信システムはセキュリティが強固なため、情報漏洩のリスクが低く、コピーされたり不正な二次利用を防ぐことができます。

作成した動画をウェビナーやeラーニングの教材として利用したりと、企業のニーズに応じた細かい利用に対応したシステムの需要が高まっているため、法人向け動画配信システムが注目されているのです。

おすすめの類似動画配信サービス

誰でも簡単に動画サイトを構築できる: OneStream

(4.5)

月額料金9,800円〜無料お試し30日間無料
初期費用要問い合わせ最低契約期間なし

コーディングなどの専門的な知識がなくても、誰でも簡単に会員動画サイトを構築することができ、最短で即日導入できる手軽さから幅広い業界で導入されています。

直感的な操作で動画配信サイトを構築できる

OneStreamは、専門的な知識は不要で、誰でも動画配信サイトの構築ができるシンプルな操作画面です。 初めて動画配信サイトの構築をするという方でも、無理なく操作できるように利用者目線でUIを設計しているため、安心して利用することができます。

低コストでの導入が可能

動画配信サイトの構築サービスを利用したくても、初期費用や月額費用が高額なことから諦めてしまったという方も少なくはないでしょう。 OneStreamは、初期費用無料、業界最安水準の月額料金で利用できるため、コストを抑えた導入が可能です。会員も無制限に招待することができます。 また、最短で即日導入できるため、導入から運用までがシームレスに実現できる点も優れています。

豊富な機能をオールインワン

OneStreamには、動画管理や会員管理、分析、マーケティング、サイトデザインなどに関する豊富な機能が搭載されています。 これらの機能を一つのツールで利用することができるため、機能ごとに新しいツールを導入する手間やコストが削減できます。 また、同じツールで複数の機能を利用できるため、操作性も統一され、よりスムーズに使いこなせるようになります。

コストパフォーマンス抜群の動画配信プラットフォーム: UIshare(ユーアイシェア)

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

セキュリティ性が高い環境で、動画コンテンツの配信手段と利便性の高い付加機能を提供しているプラットフォームで、全プランにおいて初期費用無料というコストパフォーマンスの良さが評価されています。

多彩な動画コンテンツ配信ができる

UIshareでは、オンデマンド配信はもちろん、ライブ配信や擬似ライブ配信、Webミーティング、動画埋込コード発行などの多彩な動画コンテンツ配信機能を利用することができます。 また、付加機能として、ポータル機能、LMS機能、ユーザー管理機能、動画コンテンツの販売機能なども整備されています。

感覚的なUI/UXで設計

UIshareのユーザーインターフェースは、7万人の会員と1,200を超えるオンラインコースを提供するC2CオンラインコースマッチングサービスのGoGetterz(ゴーゲッターズ)で培った、直感的で使いやすいものを提供しています。 また、ユーザビリティ改善を目的として、ユーザーの利用シーンを随時モニタリング、継続したUI/UX開発も行なっているため、日々使いやすさが向上するサービスです。

手厚いサポート体制

UIshareでは、専門スタッフによる懇切丁寧なオンボードサポートを提供しており、スムーズかつスピード感のあるサービス導入が実現できます。 申し込みと同時に利用が開始できる利便性の高さが魅力的で、導入したその日から全ての機能を試すことが可能です。 運用後のサポート体制も充実しており、直接のサポート以外に、各種マニュアルの用意もあるため、安心して利用することができます。

この製品は動画配信の製品です。

動画配信の製品をまとめて資料請求

動画配信システムの料金タイプ

主要な動画配信システムを比較した場合の初期費用と月額料金の相場を紹介します。

動画配信システムの初期費用の料金相場は、10万円程度となります。

ただし、初期費用が非公開となっているサービスも多いため、あくまで公開しているサービスで比較した場合の料金相場となっています。

月額料金の相場は15,000円〜30,000円程度となっています。

クラウドで利用できるサービスが多いため、比較的安価に利用することができますが、サービスによっては動画コンテンツの配信量に応じて料金が変動する場合もあります。

動画配信システムのタイプ

動画配信システムは大きくわけて以下のものに分類されます。

配信がメインのタイプ

単純に動画を見てもらいたい、自社でセキュリティを維持しながら動画配信がしたいという場合はこちらのタイプがおすすめです。

動画配信がメインというタイプは低コストで視聴環境を構築できる点が特徴的で、拡張性が高いものですと料金が高額になります。

コストだけに注目してサービスを選定すると、配信以外の機能を利用する際に従量課金が発生したり、管理権限が柔軟に設定できないという場合もあるため、導入前に将来的に必要になる機能も含めて、最低限必要な機能は選定した上でサービスの比較検討を行うと良いでしょう。

ポータルサイトの構築ができるタイプ

動画を視聴するための入り口となるWebサイトの構築が可能なタイプで、ポータルサイトを構築することで、コミュニケーションツールとして動画を活用することができるようになります。

機能として、視聴者が動画に対してコメントをしたり、動画視聴後にアンケートを実施したり、複数ユーザーによる動画投稿などもあり、より幅広い動画配信を実現することが可能です。

動画を起点とした双方向でのコミュニケーションが可能となります。

独自の機能を搭載しているタイプ

類似サービスにはない独自の機能を搭載している動画配信システムです。

ユーザーからのニーズを反映して機能追加を行なってくれるシステムもあるため、自社では実現が難しい場合でも相談してみると良いでしょう。

導入から運用までをワンストップで対応してくれたり、撮影や編集をアウトソーシングすることができるサービスもあったりと様々なため、リソースやノウハウが不足している場合でも動画配信を実現することができます。

動画配信システム導入のメリット

動画配信システムを導入することで主に以下のメリットが得られます。

より情報が伝えやすくなる

テキストや画像での情報共有と違い、動画では更に音や映像を情報として追加することができます。

文字だけでは伝えきれない情報をよりダイレクトに届けることができ、視聴者の内容把握具合が向上します。

特に、細かい作業や文字だけでは伝えきれない複雑な情報を伝える際に有効で、視聴者の理解を深めることが可能となります。

複数拠点の情報共有が容易になる

複数に拠点を構える企業でも、拠点ごとに同じ動画を配信できるようになることで情報共有の標準化が可能となります。

マルチデバイスに対応している動画配信サービスを利用すれば、社外にいる人でも動画視聴が可能になる点もメリットです。

自社の商材に関する動画を制作しておけば、商談時に相手へ製品をアピールしやすくなり成約率向上にもつながります。

動画配信システムの配信方法

ダウンロード配信

ダウンロード配信は、動画データを端末側に全てダウンロードした上で再生する配信方式のことを指します。

一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも利用でき、通信制限などの回線速度が遅い状態でもスムーズな再生ができます。

サーバーへの負荷も少なく、低コストで配信ができる点はメリットですが、ライブ配信ができず、コピーされるリスクが高いことはデメリットになります。

ストリーミング配信

ストリーミング配信は、動画ファイルのデータを小さいサイズに分けて、受信した分から再生する配信方式です。

ライブ配信が可能で、コピーされにくい点はメリットですが、配信コストが多くかかることはデメリットでしょう。

また、ストリーミング配信には、視聴者がサーバーにあらかじめ用意されている動画ファイルにアクセスして好きなタイミングで動画を見るオンデマンド配信とリアルタイムに配信された動画を見るライブ配信があります。

オンデマンド配信は動画の撮り直しが可能なため、クオリティを高めることができ、ライブ配信はリアルタイムの情報を共有して双方向のコミュニケーションを取ることができます。

プログレッシブダウンロード配信

プログレッシブダウンロード配信は、動画データをダウンロードしながら再生する技術のことを指し、動画を視聴している端末にデータを一時ファイルとして保存しながら再生することができます。

ストリーミング配信より低コストで動画配信が可能で、スモールスタートにも適しています。

ただし、動画ファイルが端末にダウンロードされるため、コピーのリスクがつきものです。

社内のイントラネットとして利用する場合にはおすすめでしょう。

動画配信システムを選ぶ際のポイント·注意点

製品名参考価格無料トライアル
UIshare
要問い合わせ

7日間無料
OneStream月9,800円~
30日間無料
MOOGA月15,000円~
30日間無料
millvi月5万円~
30日間無料
ULIZA
要問い合わせ

30日間無料
P-stream月9,800円〜
要問い合わせ

動画配信システムを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

料金、価格を確認

動画配信システムの中には無料で利用できるサービスもあるため、料金の比較は重要です。

無料のサービスはコストをかけずに運用することができるというメリットはありますが、有料版と比べて機能が制限されていたりセキュリティレベルが低い可能性があるのでサービス選定には慎重にならなければいけません。

有料の動画配信システムはセキュリティ性が高いのはもちろん、高品質な動画の配信が可能です。

さらに、視聴者の分析や動画に関する情報の一元管理などができ、無料版と比べ利便性が高く機能も充実しています。

提供タイプをチェック

動画配信システムは大きく分けて「クラウド型」と「オンプレミス型」に分類されます。

クラウド型は自社でサーバーを用意する必要がなく、インターネットが整備された環境であれば導入できるためコストを抑えて短期間で導入できるというメリットがあります。

一方で、オンプレミス型は自社に専用サーバーを設けて運用するため、管理がしやすく基幹システムとの連携も容易です。

また、セキュリティ面も強くカスタマイズもしやすいという特徴もあります。

自社にマッチしたタイプを検討した上で導入サービスを選ぶと良いでしょう。

おすすめ動画配信システム6選

UIshare(ユーアイシェア)

特徴

UIshareとは、株式会社ユイコモンズが運営しているクラウド型の動画配信プラットフォームです。

セキュリティ性が高く、利便性の高い付加機能を提供しており、全プランにおいて初期費用無料で利用できるためコストパフォーマンスに優れています。

クラウドで提供されており、導入から運用までが短時間で実現できます。大規模動画プラットフォームの構築を手間なく行いたいという方におすすめなサービスです。

料金

  • 定額プラン:初期費用0円/利用人数無制限
  • 従量課金プラン:初期費用0円/短期利用が可能

※2022年4月現在/詳細は公式サイトを確認

Y.K様

業界:通信業/会社規模:31人~50人

 

手厚いサポートで安心の動画配信プラットフォーム

大容量なのに低価格なので、導入しやすいし満足しています。
詳しくはこちら

S.S様

業種:サービス/会社規模:51人〜100人

 

インターフェイスが素晴らしくわかりやすいです

インターフェースが直感的で、管理側にとってもユーザー側にとっても感覚で操作しやすいです。
顧客向けも社内向けも情報提供のコンテンツ形式がどんどん動画に変わっているので、このような使いやすい配信システムがあると助かります。
詳しくはこちら

OneStream

特徴

OneStreamとは、株式会社ルートチームが運営している動画配信サイト構築プラットフォームです。

専門的な知識がなくても手軽かつ簡単に会員動画サイトを構築することができ、導入も最短即日でできることから幅広い業界から導入されている実績があります。

デモサイトを確認できるため、実際に導入する前にUIを確認することも可能です。

また、初期費用が無料なためコスト面にも優れたサービスと言えるでしょう。

料金

  • 基本プラン:月額9,800円(税別)
  • Proプラン:月額19,800円(税別)
  • Businessプラン:要問い合わせ

※2022年4月現在/詳細は公式サイトを確認

K.M様

業界:IT業/会社規模:31人~50人

 

気軽に始められる動画配信サービス

導入しやすい価格帯で、小規模の企業でも導入しやすいです。
操作が簡単で、動画のアップロードもドラッグアンドドロップでできます。
サポート体制も整っており、丁寧に対応してもらえるので満足しています。
詳しくはこちら

R.F様

業種:インターネット/会社規模:51人〜100人

 

動画コンテンツを使ったマーケティングやeラーニングにおすすめです

機能や使い勝手がよく、動画自体の品質も安定している。
詳しくはこちら

MOOGA(ムーガ)

特徴

MOOGAは、株式会社ワンゴジュウゴが運営する動画配信システムです。

使いやすい操作性と動画に対するセキュリティ性能の高さから多くの企業で導入されている実績があります。

低コストから運用できるため、初めて動画配信システムを導入する方にもおすすめです。

視聴者が見やすい環境で動画を視聴できる環境を自動で調整する機能が搭載されているため、ユーザーからの満足度も高いサービスとなっています。

料金

  • 初期費用:50,000円〜
  • 月額料金:15,000円〜
  • 無料トライアル:30日間無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

millvi(ミルビィ)

特徴

millviは、株式会社エビリーが提供しているストリーミング動画配信システムです。

社内向けはもちろん、セミナーなど幅広いシーンで利用できる動画の配信が可能で、700社以上から導入されています。

コンテンツ管理がしやすく、動画だけでなく画像や音声などの資料も一元管理することができます。

高セキュリティで利用できるため、情報漏洩などの心配もありません。

料金

  • 初期費用:100,000円
  • 月額料金:50,000円〜
  • 無料トライアル:30日間無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

ULIZA(ウリザ)

特徴

ULIZAは、株式会社PLAYが運営する動画配信サービスです。

動画コンテンツに関する機能が豊富にパッケージ化されており、テレビ業界や教育など幅広い業界で導入されています。

動画形式の変換やファイルの保存などが管理画面上から簡単に行うことができ、動画編集の経験がない方でも手軽に扱うことができる操作性です。

動画コンテンツの導入から運用までを任せることができるプロフェッショナルサービスも提供しているため、コンテンツ作成が上手くいかないときには利用してみると良いでしょう。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:30日間無料

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

P-stream

特徴

無広告の動画配信が可能なシンプルなストリーミングサービスがP-streamです。

低価格から利用することができ、動画配信に必要な最小限の機能を搭載しているシンプルなサービスであるため導入のハードルが低いサービスと言えます。

低価格でありながら、CDN配信拠点の中からユーザーに一番近いサーバーからの配信を行うため安定した配信パフォーマンスを実現しています。

料金

  • 初期費用:30,000円(申込先着10社まで無料)
  • 月額料金:9,800円〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

動画配信システムに関して動画で詳しく解説

特徴を理解して動画配信システムを導入しよう

動画配信システムについて、概要やおすすめのシステム、導入のメリットなどを紹介しました。

導入するサービスによってセキュリティ性や機能は様々です。自社で利用する目的にマッチした機能を搭載したサービスを選ぶためにも、本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

30代~50代経営者の25%が動画配信をしていると回答 専用の動画配信システムを使って配信しているのは12%【動画配信に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2022年11月に『動画配信に関するアンケート』を行いました。

調査概要

対象者:全国の30歳〜59歳の男女/経営者・役員

サンプル数:300人

居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県

調査方法:ネットリサーチ

アンケート実施日:2022年11月4日

調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

【質問:自社のサービスや会社のPRのために動画配信を行なっていますか?】

質問に対しての回答選択肢は以下

1.動画配信をしていない
2.YouTubeやTikTok等のSNSで動画配信をしている
3.専用の動画配信システムを使って配信している

 

 

30代~50代の男女を対象とした「自社のサービスや会社のPRのために動画配信を行なっていますか?」というアンケートで最も多かった回答は「動画配信をしていない」で75%でした。

次いで多かったのがYouTubeやTikTok等のSNSで動画配信をしていると回答した方で13%、専用の動画配信システムを使って配信していると回答した方は12%で、全体の4人に1人の方が動画配信を行なっており、1割以上の方が専用の動画配信システムを使って配信していることが分かりました。

 

■ ご取材、データ引用等可能です。
·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
·本発表データの引用
その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SheepDog メディア担当
メールアドレス:media@strate.biz

これは動画配信サービスの製品です。
動画配信サービスの製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【アプリマーケティング】

      誰でも簡単に動画サイトを構築できる: OneStream

      (4.5)

      月額料金9,800円〜無料お試し30日間無料
      初期費用要問い合わせ最低契約期間なし

      コーディングなどの専門的な知識がなくても、誰でも簡単に会員動画サイトを構築することができ、最短で即日導入できる手軽さから幅広い業界で導入されています。

         

      直感的な操作で動画配信サイトを構築できる

      OneStreamは、専門的な知識は不要で、誰でも動画配信サイトの構築ができるシンプルな操作画面です。 初めて動画配信サイトの構築をするという方でも、無理なく操作できるように利用者目線でUIを設計しているため、安心して利用することができます。

      低コストでの導入が可能

      動画配信サイトの構築サービスを利用したくても、初期費用や月額費用が高額なことから諦めてしまったという方も少なくはないでしょう。 OneStreamは、初期費用無料、業界最安水準の月額料金で利用できるため、コストを抑えた導入が可能です。会員も無制限に招待することができます。 また、最短で即日導入できるため、導入から運用までがシームレスに実現できる点も優れています。

      豊富な機能をオールインワン

      OneStreamには、動画管理や会員管理、分析、マーケティング、サイトデザインなどに関する豊富な機能が搭載されています。 これらの機能を一つのツールで利用することができるため、機能ごとに新しいツールを導入する手間やコストが削減できます。 また、同じツールで複数の機能を利用できるため、操作性も統一され、よりスムーズに使いこなせるようになります。

      コストパフォーマンス抜群の動画配信プラットフォーム: UIshare(ユーアイシェア)

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試しあり
      初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

      セキュリティ性が高い環境で、動画コンテンツの配信手段と利便性の高い付加機能を提供しているプラットフォームで、全プランにおいて初期費用無料というコストパフォーマンスの良さが評価されています。

      多彩な動画コンテンツ配信ができる

      UIshareでは、オンデマンド配信はもちろん、ライブ配信や擬似ライブ配信、Webミーティング、動画埋込コード発行などの多彩な動画コンテンツ配信機能を利用することができます。 また、付加機能として、ポータル機能、LMS機能、ユーザー管理機能、動画コンテンツの販売機能なども整備されています。

      感覚的なUI/UXで設計

      UIshareのユーザーインターフェースは、7万人の会員と1,200を超えるオンラインコースを提供するC2CオンラインコースマッチングサービスのGoGetterz(ゴーゲッターズ)で培った、直感的で使いやすいものを提供しています。 また、ユーザビリティ改善を目的として、ユーザーの利用シーンを随時モニタリング、継続したUI/UX開発も行なっているため、日々使いやすさが向上するサービスです。

      手厚いサポート体制

      UIshareでは、専門スタッフによる懇切丁寧なオンボードサポートを提供しており、スムーズかつスピード感のあるサービス導入が実現できます。 申し込みと同時に利用が開始できる利便性の高さが魅力的で、導入したその日から全ての機能を試すことが可能です。 運用後のサポート体制も充実しており、直接のサポート以外に、各種マニュアルの用意もあるため、安心して利用することができます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載