Canbus.の料金・評判・特徴について

更新日:

    Canbus.

    サービス名Canbus.
    初期費用不要
    料金プラン10,000円〜
    無料お試しあり

    Canbus.はクラウドデータベースとして、ユーザー数無制限で利用できます。

    顧客管理・勤怠管理・経理などの業務システムを、専門知識不要、ドラッグ&ドロップで簡単に構築できるのが強みです。

    日々のさまざまな業務の効率アップに貢献し、あらゆるステークホルダーとの情報共有を可能にしてくれるので、事業戦略を行いたい企業はもちろん、日々の業務の効率化を図りたい企業まで幅広く導入できます。

    Canbus.とは

    Canbus.は、追加料金なしで、ユーザー数無制限に利用できるのが強みです。

    専門知識不要で直感的操作が可能で、業務に合わせたシステムを簡単に構築したい企業に最適です。

    Canbus.の特徴や機能

    専門知識不要で使える

    Canbus.の最大の特徴として、専門知識不要で業務システムの構築を行えることが上げられます。

    直感的な操作はもちろん、入力フォームと業務にあわせたデータベースの構築が行えるので、複数データの連携・更新を実現できます。

    集めたデータの集計や分析も簡単に行えるのも嬉しいポイント。

    資料作成の効率化による時間の有効活用を実現できます。

    アカウント無制限

    ユーザー数無制限で利用できるのもCanbus.の魅力です。

    追加料金不要で気軽にメンバーを増やすことができます。

    さまざまなデータの有効活用には多角的視点を集めることは必須ですが、Canbus.のユーザー無制限は非常に大きな特徴です。

    社内の経営状況に関する情報などを共有し、多角的なビジネス戦略を行い、また社外パートナーにも利用してもらうことで、ステークホルダーと有益な情報を共有することができます。

    セキュリティ対策は万全、社外メンバーとの利用も安心

    セキュリティ対策が十分なのも特徴の一つ。ユーザー無制限で利用できるのにも関わらず、情報管理をしっかりと行ってくれます。

    アクセス権管理、システムのセキュリティ対策(IPアドレスによるアクセス制限・SOX対応による不正アクセス履歴の監視、アプリ変更履歴の監視など)をしっかりと行い、安心・安全に利用できるサービスです。

    チャット機能でコミュニケーション推進も

    Canbus.はノーコード・ローコード開発ツールでありながら、チャット機能が搭載されておりコミュニケーションツールとしても使えます。

    テレワークにおける意見交換の支障が出ないように、円滑なコミュニケーションをリアルタイムで行なえるようになります。

    アクセス権に応じたグループで議論・添付ファイルの送信・一般的なチャットツールの機能が網羅されているので便利に利用できます。

    Canbus.の強み

    費用対効果

    月額10,000円(税抜)から3つのプランが用意されており、どのプランも追加料金不要でユーザー数無制限で利用できるのが特徴です。

    UIと操作性

    専門知識不要で、フォームの作成など、直感的操作で行えるのも強みです。

    他言語対応

    英語での表示もできます。

    Canbus.の価格·料金プラン

    月額10,000円(税抜)から利用でき、どのプランもユーザー数無制限で利用可能です。

    ページビュー数や添付ファイル容量により料金は異なります。

    無料体験版も用意されているので、利用してみたい方は問い合わせてみましょう。

    Canbus.の注意点

    プランによりページビュー数制限があるので、規定数を超えると低速モードになってしまいます。

    また、最低利用期間が3ヶ月になっている点も要注意です。

    Canbus.を便利に活用しよう

    以上、Canbus.の特徴・評判・料金を解説しました。

    データ分析を駆使しIT経営を行いたいという企業・データを蓄積しているけれどうまく活用できていない企業・システムの使い勝手に問題を抱えている企業・情報共有がうまくいかないなどの企業などはぜひ導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:Canbus.公式サイト

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載