CV(コンバージョン)とは?意味や種類、最適化の方法について

更新日:

    CV(コンバージョン)の意味はご存知でしょうか?

    Webサイトを運営している方であれば一度は耳にしたことがあるかと思います。

    この記事では、CVの意味や種類、最適化の方法について説明します。

    CV(コンバージョン)とは?

    コンバージョン(conversion)の略称がCVと呼ばれます。

    直訳すると、『変換、転換、変化』を表す言葉です。

    Webマーケティングにおいては「成果」という意味でよく使用され、設定された目標に対してどのような成果があるかを指します。

    使い方としては、費用対効果を分析する際に重要視されます。

    CVの成す意味

    コンバージョンが示す『成果』とはどういうものなのでしょうか。

    具体例としては、

    ・Webサイトへの訪問者数の増加
    ・見込み客から訪問客への変化
    ・訪問客から見込み客への変化

    などのポイントが挙げられます。

    WEBサイト運営にCVが重要な理由

    Webサイトを運営する場合、必ずCVを設定しておきましょう。

    その理由としては、目標を設定することでWebサイトに訪問してくる顧客へのアクションが変わってくるからです。

    顧客のニーズに合わせたWebサイト運営はとても重要なのです。

    Webサイト毎のCV設定例

    さまざまなWebサイトがあり、それぞれの目標があります。

    一例を紹介すると、

    ・ECサイト:商品の購入
    ・コミュニティサイト:会員登録(入会)
    ・採用ページ:採用の応募
    ・イベントページ:イベントへの申込み

    などが挙げられます。

    CVR(コンバージョン率)とは?

    では、CVR(コンバージョン率)とはどういった意味なのでしょうか。

    CVRとは、訪問者の数に対してどのくらいの成果が出ているか示す値であり、マーケティングをするうえで重要です。

    コンバージョン率が低いWebサイトは、『サイト構成が悪い』『コンテンツに問題がある』『UIが悪い』などの改善課題がある場合が多いので、見直しが必要になります。

    消費者心理に寄り添ったサイト構成にすることで、CV率が向上することが多く見受けられます。

    利用者の行動心理に基づいてWebサイトを構築しましょう。

    CVRの算出方法

    CVRはCV数÷訪問者数で算出できます。

    例えば、ECサイトで訪問者数が100人いてその中の10人が商品を購入したとします。
    そうすると、 CVR=10÷100=10% となります。

    CV(コンバージョン)の種類について

    CVの種類は目的に応じてさまざまな種類があります。

    大きく分けて、5種類あるのでこちらで確認していきましょう。

    直接コンバージョン

    直接コンバージョンとは、広告などをクリックしてWebサイトに訪問してきた顧客がサイトを離脱することなく、成果に結びつくことです。成果(コンバージョン)としては、『商品の購入』『資料請求』『申込み』などがあります。

    間接コンバージョン(アシストコンバージョン)

    間接コンバージョンとは、一度広告をクリックしてサイトに流入するも離脱し、その後、再度Webサイトへ流入してコンバージョンする場合をいいます。

    Googleアナリティクスではアシストコンバージョンといいます。

    ユニークコンバージョンと総コンバージョン

    ユニークコンバージョンとはユーザー単位のコンバージョンであり、総コンバージョンとはCVに至る回数です。

    例を挙げると、同じ人が5回商品を購入した場合、ユニークコンバージョンは1回、総コンバージョンは5回となります。

    クリックスルーコンバージョン

    クリックスルーコンバージョンとは、広告をクリックしたユーザーがWebサイトにアクセスし、直接または間接的にコンバージョンすることです。

    一度広告をクリックしたあと、一定期間はクリックスルーコンバージョンにカウントされます。

    ビュースルーコンバージョン

    ビュースルーコンバージョンとは、広告が表示されたもののクリックせず、Webサイトにアクセスしなかった場合でも、別の自然検索などを経由してWebサイトにアクセスし、コンバージョンに至ることを指します。

    つまり「広告が目に入ったことでコンバージョンに達した」と判断されます。

    まとめ

    コンバージョンは、Webサイトを運営していく上でとても重要な指標になります。

    コンバージョンとコンバージョン率を分析し、顧客のニーズに合わせたWebサイトの構築をすることが売上などの目標に繋がります。

    何を目標にするかによって意味合いも変わってきます。

    コンバージョンを理解し、Webサイトの目的に沿ったコンバージョンを設定しましょう。

    コンバージョン率を上げたい場合は、サイトの構成やユーザーの心理に寄り添ったWebサイトに変えることが重要です。

    マーケティングを効率的に軌道にのせるには、コンバージョン率を上げることがとても重要になってきます。

        執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載