明光義塾のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

明光義塾のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

明光義塾とは?明光義塾のビジネス概要

明光義塾は1960年の創業以来一貫して「個別指導」にこだわり、現在は教室数・生徒数ともにNo.1の実績を誇ります。

個別指導のパイオニアと言える明光義塾では、「個別指導による自立学習を通じて創造力豊かで自立心に富んだ21世紀社会の人材を育成する」という理念のもと、生徒が主体的に学習に取り組めるように、学習の大切さと勉強の仕方を指導してきます。

また、生徒の学習の進度や性格もしっかり把握して、一人一人にぴったりの授業を展開していくことが特徴です。

明光義塾フランチャイズの収益モデル・年収例

明光義塾フランチャイズにおける、とあるフランチャイズ店舗の年間収支モデルは、以下の通りです。

【生徒数40名の場合】

  • 売上:約1728万円
  • 人件費:約500万円
  • 賃料:約268万円
  • 広告費:約170万円
  • 光熱費:約32万円
  • ロイヤリティ:約156万円
  • その他経費:約136万円
  • 営業利益(年間):約466万円

【生徒数60名の場合】

  • 売上:約2592万円
  • 人件費:約744万円
  • 賃料:約348万円
  • 広告費:約288万円
  • 光熱費:約48万円
  • ロイヤリティ:約264万円
  • その他経費:約204万円
  • 営業利益(年間):約696万円

明光義塾のロイヤリティ体系は3つあるため、詳しい算出方法については問い合わせて確認してください。

明光義塾の市場性

少子高齢化の問題に直面している日本では、年々出生率が低下し、子供の人数が減っていくことが予想されます。

そして、子供をターゲットとする塾業界では、生徒の取り合いが起こるでしょう。

しかし、少子化の影響で以前よりも一人一人の子供が大切に育てられるようになり、一人あたりの教育費は増加しています。

そのため、費用は高額になるが、質の高い指導を受けられる可能性の高い個別学習塾の需要は今後増していくでしょう。

明光義塾のフランチャイズの開業資金や初期費用は?

明光義塾フランチャイズの開業資金・初期費用

明光義塾のフランチャイズに加盟した場合の開業資金は以下のとおりです。

  • 研修費:150万円
  • 初期サポート費:150万円
  • 什器:約185万円
  • 講師採用費:約10万円

上記の他に、内外装工事費用と物件契約費用が経費としてかかるため、500万~600万円を開業資金として準備しておく必要があるでしょう。

明光義塾のフランチャイズの研修やサポート体制は?

加盟・開校前の無料コンサルティング

明光義塾では、フランチャイズ加盟・開塾前に、本部スタッフが市場調査や物件調査を行います。

そして、その結果をもとに、そのエリアで学習塾ビジネスが成り立つか検討します。

また、オーナーに対して個別相談や教室見学、融資の相談などのコンサルティングを無料で行っているため、安心して塾運営を始められることが魅力です。

本部やスーパーバイザーによるフォローアップ

明光義塾では、フランチャイズオーナーとしての知識を培うための研修が充実しています。

また、開塾後には本部からスーパーバイザーが派遣され、訪問指導を行います。

教務や生徒の進路指導、広告など、塾経営に必要なノウハウも本部からアドバイスしてくれるため、ビジネスが成功する可能性が高まるでしょう。

オープン前に塾運営の知識を身につける11日間の研修

オープン前にはオーナーを対象とした塾運営の知識を身につける11日間の研修を行います。

この研修ではオーナーとしての心得や講師の採用・教育・管理などのノウハウを学ぶことができます。

また、入会面談のロールプレイングを実施し、生徒に入塾してもらうための営業スキルを身につけられるでしょう。

明光義塾のフランチャイズの評判やオーナーの声

地域に貢献できる学習塾を目指す

“人に喜ばれる仕事がしたいという想いから、明光義塾のフランチャイズ加盟を決断しました。関係するすべての人の成長にかかわれることがやりがいで、「明光に通わせて良かった」、「明光で働いて良かった」と言ってもらえるときが一番嬉しいです。ゆくゆくは40教室に拡大し、社員が成長していくにあたって、今よりも活躍するステージを用意したいと考えています。そして私も含めて、社員スタッフ全員が地域に貢献していきたいと考えています。”

「親身な担当者」が塾運営の支えに

“一から自分で企業しようかとも考えていましたが、家族がいるので失敗はできない。そう考えて、失敗のリスクが少ない明光義塾のフランチャイズを選びました。本部の担当者が親身に対応してくれるため、今振り返ってみても、明光義塾に決めて良かったと思っています。教室運営をしていくうちに、自分の開業した『この地域の教育レベルを上げたい』という気持ちが益々強くなっています。教室の魅力を常に発信し続け、地域に根ざし着実に進んで行ければと考えています。”

明光義塾のフランチャイズの失敗談や廃業率は?

明光義塾のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載