AI開発に役立つプラットフォームとは?

更新日:

近年、AI(人工知能)技術の進歩により、企業や開発者がさまざまな分野で効率的な業務を実現できるようになっています。AIプラットフォームは、このような最先端技術を活用し、ビジネスやサービスの向上を目指すために重要な役割を果たしているのです。この記事では、AIプラットフォームとは何か、その種類や特徴について詳しく解説します。また、PaaS系総合型と特化型AIプラットフォームについても具体的に取り上げ、各々の利点や事例を紹介していきます。

AIプラットフォームとは

AIプラットフォームとは、機械学習やディープラーニングといったAI技術を利用するための統合環境であり、企業や開発者がこの高度な技術を活用してアプリケーションやサービスを迅速に構築・運用できるようサポートしてくれます。AIプラットフォームには、データの収集・管理・分析や、学習モデルの構築・運用・最適化といった一連のプロセスを行うためのツールや機能が用意されており、開発者はこれらを組み合わせることで効率的にAIシステムの開発が可能となるでしょう。また、クラウドベースのAIプラットフォームも多く存在し、インフラストラクチャの設定や運用負荷を軽減しつつ、迅速かつコスト効率的なAI開発ができるというメリットがあります。

AIプラットフォームの種類

AIプラットフォームは大きく分けて、PaaS系総合型AIプラットフォームと特化型AIプラットフォームの2つに分類されます。それぞれのタイプには独自の特徴や利用シーンがあり、企業や開発者は自らのニーズに応じて適切なプラットフォームを選択することが肝要です。

PaaS系総合型AIプラットフォーム

PaaS系総合型AIプラットフォームは、AIの開発・運用に必要なさまざまなツールやサービスを一括して提供するクラウドベースのプラットフォームです。これにより、開発者は自分たちのアイデアやビジネスニーズに応じて、必要なものだけを選択・活用することができます。例えば、Google Cloud AIやMicrosoft Azure AIなどがこのタイプのプラットフォームに当たります。総合型AIプラットフォームの特徴は、自由度が高く、機械学習や画像解析、音声認識といった幅広い機能を組み合わせてAIシステムを開発できる点です。

特化型AIプラットフォーム

特化型AIプラットフォームは、ある特定の業種や分野に特化したAIサービスや機能を提供するプラットフォームです。これにより、その分野の専門知識や業界特有の事情に合わせた最適なAIシステムの構築が可能となります。例えば、医療やマーケティング、製造業など、あらゆる業種に特化したAIプラットフォームが登場しており、各企業や開発者は自らの業務に最も適したプラットフォームを利用して、効果的なAIシステムを構築・運用できるようになっています。

AIプラットフォームの基本機能

AIプラットフォームは、様々な企業や個人が効率的に機械学習やデータ分析を行うために開発されたサービスです。基本機能としては、データ収集、データ処理、モデル構築、再学習があります。これらの機能を通じて、技術者やビジネスマンは、データを最適に活用し、自動化や精度向上などの目的を達成することが可能となります。

データ収集

データ収集は、AIプラットフォームの最初のステップであり、必要な情報を収集してデータセットを構築する作業です。これにより、モデルが学習すべきデータを得ることができ、後続の処理に役立ちます。現在、さまざまなデータ収集ツールが提供されており、効率的に情報を収集することができます。また、適切なデータ収集方法を選択することにより、コスト削減や時間短縮が実現可能です。

データ処理

データ処理は、収集したデータをクリーニングや整形などの作業で前処理し、機械学習のモデルが理解しやすい形式に変換するプロセスです。この段階では、欠損値の補完や外れ値の検出、カテゴリ変数のエンコーディングなど、多くの処理が行われます。正確なデータ処理が行われることにより、モデルの学習精度や予測性能が向上します。

モデル構築

モデル構築は、前処理されたデータを用いて、機械学習モデルを設計し学習させる工程です。AIプラットフォームでは、多くの学習アルゴリズムが提供されており、ユーザーは簡単にモデルを構築できます。また、一部のプラットフォームでは、自動機械学習(AutoML)という機能が提供され、最適なモデルを自動的に選択し学習させることが可能です。

再学習

再学習は、新たなデータが入手された際に、既存のモデルを更新し、より予測性能を向上させるプロセスです。この工程では、新しいデータを用いてモデルのパラメータを最適化し、古いデータに過剰に適合しないように調整が行われます。AIプラットフォームを活用することで、効率的に再学習を行い、モデルの性能を維持・向上させることができます。

AIプラットフォームのメリットデメリット

ここからはAIプラットフォームのメリットデメリットについて解説します。

メリット

AIプラットフォームのメリットには、効率の向上や精度の向上が挙げられます。また、様々なツールやサービスが提供されており、企業が容易にAI技術の導入が可能です。データ分析や処理、機械学習モデルの構築も簡単に行えます。

デメリット

AIプラットフォームにはデメリットも存在します。データ管理やセキュリティ面の課題、コスト面の懸念、技術の習得が必要であることが挙げられます。しかし、適切な対策を行うことで、これらの問題を克服し、効率的なビジネス活用が可能となるでしょう。

代表的なAIプラットフォーム

ここからは代表的なAIプラットフォームをご紹介します。各プラットフォームの特徴や用途についても解説いたします。

1.顧客対応向け talkappi

観光分野に特化したAIプラットフォームtalkappiは、観光業における顧客管理に特化したサービスです。多チャネルでの連携機能を搭載しており、導入実績も多数あるハイレベルなサービスについてご紹介いたします。

2.映像解析向け SCORER

映像解析に特化したAIプラットフォームとして、株式会社フューチャースタンダードが提供するSCORERがあります。映像解析を用いた様々なビジネスシーンに対応できることが特徴で、幅広いジャンルの映像データから情報を抽出することが可能です。
SCORERでは、学習済みの高精度なAIモデルを活用することができます。これにより、短時間で効率的に映像解析が行え、企業における業務やプロジェクトの進行をスムーズにすることが期待できるでしょう。
また、SCORERはクラウドサービスとして提供されており、簡単に導入・利用することが可能です。導入コストや運用負担の軽減にも繋がります。さらに、サポート体制も整っており、各企業が効果的に映像解析を取り入れるためのサポートも充実しています。

3.経理向けRobota

経理業務に特化したAIプラットフォームとして、ファーストアカウンティング株式会社が提供するRobotaが注目を集めています。紙の証憑をデジタル化し、経理業務の効率化と生産性向上が期待できるサービスです。
Robotaの独自のAI技術により、紙証憑のデータを正確にデジタル化することが可能で、経理業務におけるデータ処理の手間やコストが削減されます。企業における経理業務の効率化を実現し、スタッフの負担軽減や業務品質の向上に貢献します。
また、Robotaはクラウドベースのサービスであるため、導入や運用が容易で、経理業務におけるセキュリティ対策も万全です。これにより、安心して経理業務の効率化を図ることができます。

【まとめ】AI開発のプラットフォームを理解しよう

AI開発のプラットフォームは、さまざまな業務を効率化し、ビジネスの成長に貢献します。映像解析向けのSCORERや経理向けのRobotaなど、それぞれの業務に特化したプラットフォームを活用することで、企業の働き方改革や業績向上に繋がるでしょう。AI開発プラットフォームを理解し、最適なサービスを選択して、効果的な業務改善を実現しましょう。

AI開発の製品比較

矢崎の画像アノテーションサービス

矢崎の画像アノテーションサービス

月額費用要問い合わせ

矢崎の画像アノテーションサービスとは、矢崎総業株式会社が運営しているアノテーションサービスです。創業80年のグローバルカンパニーである矢崎総業は、自動車部品の製造業で培った品質管理のノウハウとAI開発の知見を活かし、AI開発における高品質なアノテーションサービスを提供しています。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

AI開発の製品比較

矢崎の画像アノテーションサービス

矢崎の画像アノテーションサービス

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

矢崎の画像アノテーションサービスとは、矢崎総業株式会社が運営しているアノテーションサービスです。創業80年のグローバルカンパニーである矢崎総業は、自動車部品の製造業で培った品質管理のノウハウとAI開発の知見を活かし、AI開発における高品質なアノテーションサービスを提供しています。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは AI開発の製品です。
    AI開発の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【AI開発】

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載