ブロッサムジュニアのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

ブロッサムジュニアのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

ブロッサムジュニアとは?ブロッサムジュニアのビジネス概要

ブロッサムジュニアは、「みんなちがって、みんないい」を理念に障害を持っている子供が社会的に自立できるように援助する療育サービスです。

1人1人が自信を持って社会に出て生きていけるように支援するやりがいのあるビジネスと言えます。

また、療育を支援するサービスが普及が進んでいないため、事業進出成功の可能性が高いことから更なる注目が期待される業態です。

ブロッサムジュニアフランチャイズの収益モデル・年収例

ブロッサムジュニアフランチャイズにおける、とあるフランチャイズ店舗の月間収支モデルは、以下の通りです。

【稼働率50%の場合】

  • 売上:約360万円
  • 人件費:約142万円
  • 家賃・光熱費:約35万円
  • 諸経費:約10万円
  • ロイヤリティ:約29万円
  • 営業利益(年間):約144万円

【稼働率80%の場合】

  • 売上:約540万円
  • 人件費:約220万円
  • 家賃・光熱費:約35万円
  • 諸経費:約10万円
  • ロイヤリティ:約43万円
  • 営業利益(年間):約232万円

【稼働率100%の場合】

  • 売上:約680万円
  • 人件費:約238万円
  • 家賃・光熱費:約35万円
  • 諸経費:約10万円
  • ロイヤリティ:約54万円
  • 営業利益(年間):約343万円

上記は定員20名、30日稼働した場合の収支モデルのため、生徒数や稼働率によって変動します。

また、既存店舗の収益平均値から算出した収支モデルのため、新規出店時には予想より下回る可能性があります。

ブロッサムジュニアの市場性

療育を必要とする障害を持った子供が全国に約190万人いるのに対して、療育サービスの普及は進んでいないため、事業を進出させて成功させられる可能性が高いです。

また、国の障害者支援予算が5年間で約2.7倍に増えているため、障害を持つ子供を育てている親御さんが療育サービスを利用しやすくなる環境が整いつつあります。

年々予算が厳しくなっている介護ビジネスと比べると将来性があると言えるでしょう。

ブロッサムジュニアのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

ブロッサムジュニアフランチャイズの開業資金・初期費用

ブロッサムジュニアのフランチャイズには2つのプランがあり、加盟した場合の開業資金は以下のとおりです。

Aプラン

  • 加盟金:0円
  • 開業サポート費:50万円
  • 物件取得費費:約150万円
  • 内装設備工事費:約400万円
  • 什器備品費:約100万円
  • その他経費:約50万円
  • ロイヤリティ:8%

Bプラン

  • 加盟金:250万円
  • 開業サポート費:50万円
  • 物件取得費費:約150万円
  • 内装設備工事費:約400万円
  • 什器備品費:約100万円
  • その他経費:約50万円
  • ロイヤリティ:5%

また、国保連からの入金サービスは提供月の2ヶ月後、ご利用者様からの直接入金は1ヶ月後となるため、その間の運転資金が別途必要になります。

ブロッサムジュニアのフランチャイズの研修やサポート体制は?

開業前のサポート

開業の4ヶ月前から研修がスタートし、療育事業についての知識・制度・教室運営・利用者対応のノウハウを学びます。

そして、事業所許可等の事務手続きも本部がサポートしてくれます。

また、近隣トラブルなどが起こらないように、オープン時には本部スタッフも近隣挨拶に同行してくれるため、安心して事業開始まで進められるでしょう。

開業後のサポート

業界のトレンドや行政の移行を本部が常に情報収集し、担当のスーパーバイザーから現場に共有してくれます。

また、制度面と運営面を継続的にサポートしてくれるため、利益が上がる事業運営を実現できます。

資本調達のバックアップ

提携している大手融資コンサル会社が資金調達を全面的にバックアップしてくれます。

また、開業資金だけでなく、軌道に乗るまでの運転資金も借りられるので、事業を安定させることにオーナーは集中できるでしょう。

ブロッサムジュニアのフランチャイズの評判やオーナーの声

個別指導 WAMのフランチャイズに加盟したオーナーの声を紹介します。

“​​以前はラーメン屋で働いていたため、飲食業界以外の知識がありませんでした。そのため、最初からフランチャイズで開業をしようと決めていました。また、仕入れがない事業、世の中に求められている事業かどうかを軸として探していてブロッサムジュニアと出会いました。最終的には「人が関われる仕事であること」「個人へのアプローチが出来る業態であること」が決め手でフランチャイズ加盟を決めました。現在は経営も軌道に乗り、売上が上がったり、スタッフに還元できる賞与や給与の金額が上がるとやりがいを感じています。今後はもう1教室のオープンを目標に経験を積んでいます。”

ブロッサムジュニアのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

ブロッサムジュニアのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載