オープンソースLMSをベースにしたクラウド型eラーニングシステム、「moca」を展開する株式会社タイムインターメディアとは?

最終更新日 

株式会社タイムインターメディアと

株式会社タイムインターメディアは20年以上に渡り、650社以上のWebシステム開発を手掛けてきた老舗のシステム開発会社です。

中小〜大規模に至るまで様々なシステムの構築実績を持ち、システムインテグレーション、学校教育DXをはじめとした各分野のDX/ICT化や、ブロックチェーンソリューション・AI・進化計算の研究開発に至るまで、様々なサービスにおいて、抜群の技術力と豊富なノウハウで高く評価をされている企業です。

株式会社タイムインターメディアの特徴と強み

今回は株式会社タイムインターメディアが開発したeラーニング製品の「moca(モカ)」をご紹介いたします。

「moca(モカ)」は、世界中でもっとも利用されているオープンソースLMS(学習管理システム)をベースとした、クラウド型のeラーニングシステムです。

課題やテストの配布や提出、教師・生徒間でのコミュニケーション、出欠管理、そしてアンケート投票など様々な機能をクラウド上で実施可能です。
PCから、タブレットから、スマホから、場所や時間、端末を選ばず、多様な学習形態に対応します。

特徴1. たくさんの機能を、たくさんの方へ!
ファイルの配布や動画、課題や小テスト、利用者へのアナウンスなど、豊富な機能を様々なシーンでご利用いただけます!

・教育関係…リモート授業、宿題の管理、学生と教師のコミュニケーション機能、Q&A、動画やスライドなどの補助教材の共有
・一般企業…新人研修や資格取得のためのコンテンツ配布、業務品質維持のための定期的な学習支援など

特徴2. 家でも職場でも、PCからタブレットからスマホから
組織内での利用はもちろん、自宅や職場・外出先など、インターネットやwi-fiがつながればどこでも利用できることから、多様な学習環境・形態に対応。

セキュリティ性と可用性を両方持ち合わせており、学校側からは特定のセグメントを経由した場合のみに特定のアクセス(教員や管理者など)を許可したり、セキュリティポリシーや環境に応じてカスタマイズ・拡張することが可能です。

特徴3. 他にもいろいろmocaならではのメリット

1. オープンソースなのでライセンス費が不要、プラグイン追加に関するコストを削減できます。
2. 美しさと変更の容易さを兼ねそろえたテーマが標準装備されており、最適なデザインに変更できます。
3. 初期の登録、画面設定、他のシステム連携、運用レクチャーや、運用保守など、サポート体制も万全です。※オプションにて対応
4. 近年では欠かせないzoomやteamsなどのWeb会議ツールとの連携機能、遠隔授業向けのホワイトボードやチャット機能、顔認証でのログイン機能なども搭載されています。

この記事で興味を持たれた方はぜひ、株式会社タイムインターメディアに問い合わせてみてください。

今回特集した企業:株式会社タイムインターメディア(https://www.timedia.co.jp/)

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載