Oracle PBCSの料金・評判・口コミについて

更新日:

    Excelでのデータ管理は、管理会計や予算管理において必要不可欠といって良いでしょう。

    一方、Excelによって手作業による莫大な実績データの取り込みが発生するため、大変な手間と時間を消費してしまうことにもなりかねません、

    しかしOracle PBCSを導入することで、Excelによる作業管理会計や予算管理がスムーズかつ簡単に行えます。

    Oracle PBCSとは

    クラウドまたはオンプレミスで利用できるサービスなので、1カ月~での導入が実現できます。

    スモールスタートでの導入が可能なので、導入後に少しずつ拡張していくこともできます。

    Oracle PBCSの特徴や機能

    既存のExcelデータをそのまま活用

    Oracle PBCSでは、Excelから直接ログインして、既存のExcelデータの活用が可能です。

    データの活用はWEB画面で、いつもと変わらないレイアウトで入力作業を行えるので、違和感のない操作が実現されます。

    もちろんExcelに入力したデータはデータベースへ保存できるので、のちに集計することもできます。

    MS Officeとの連携が充実

    WordやPowerPointなどのMS Officeとの連携が可能です。

    ワンクリックするだけで最新データに更新することができ、組織階層や製品階層など、単位ごとのデータ自動集計を可能にします。

    また、情報の入力直後から社内全体で最新データを確認することができるのも特徴的です。

    入力や参照の範囲についてはも権限の設定でしっかりと制御することができます。

    あらゆる拡張機能に対応

    Oracle PBCSはあらゆる拡張機能に対応しているのも魅力的です。

    マスター変更や組織変更など簡単な操作で可能なので、高く評価をされています。

    テスト環境と本番環境が標準装備されており、テスト環境で実施してから、本番環境へ適用させることができるなど、手厚いシステムが用意されています。

    また、モバイル環境にも対応可能なので、外出先からでもレポートの閲覧や共有を行えます。

    もちろん画面はデバイスに最適化されるので、画面が切れる心配もありません。

    Oracle PBCSの強み

    導入により、管理会計や予算管理の工程を大幅に削減できるのが何よりも強みといるでしょう。

    Oracle PBCSの注意点

    導入まで1カ月以上かかることもあるので、すぐに利用したい企業には不向きです。

    余裕を持って導入を検討した方が良いでしょう。

    ERP・自社システム・MS Officeとの連携は可能ですが、社外連携には対応していないので注意が必要です。

    またトレーニングなしでの運用は困難と思われるので、使いこなすにはしっかりと準備をしておきましょう。

    Oracle PBCSの価格·料金プラン

    料金プランは実際にお問い合わせください。

    Oracle PBCSを便利に活用しよう

    これまで、Excelの集計や分析作業に頭を悩ませてきた企業も少なくないことでしょう。

    Oracle PBCSは、それまでかかっていた時間や手間を削減し、そのような悩みからの脱却が実現されます。

    Oracle PBCSは、クラウドまたはオンプレミスでの導入が可能です。

    Excel・Word・PowerPointなどの既存のデータを活用した上で、業務の効率化や予算管理工程の削減を図りたい企業にとってはうってつけと言えるでしょう。

    また、ログインすれば、自分の担当の業務やタスクを一目で確認できるのも大きな魅力です。

    必要な機能を後から追加して拡張できるのも安心して利用できる大事な要素です。

    心当たりのある企業の担当者はぜひ、この機会にOracle PBCSの導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:Oracle PBCS公式サイト

        執筆者  STRATE編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載