EJOICA(イージョイカ)の料金・評判について

更新日:

    電子マネーは年々発展しており、首都圏ではほとんどの店で利用可能です。電子マネーは支払いだけではなく、デジタルギフトとしても人気です。

    そんなときに利用したいのが、法人ギフトの「EJOICA」になります。この記事ではEJOICAの特徴や導入するメリットを紹介します。

    EJOICAの特徴・機能

    充実した交換商品

    1つ目の特徴が充実した交換商品です。

    交換商品の内容は、Amazonギフト券、nanaco、WAONポイント、dポイントなど充実しています。合計で18種類もありますので、相手にぴったりのものを選べます。

    ターゲットに合わせてカスタマイズ

    2つ目の特徴がターゲットに合わせてカスタマイズ可能です。

    全選択だけではなく、ターゲットに合わせてカスタマイズが可能なので、よりニーズに合ったものを選択できるのです。オリジナルギフトを渡したいなという方も安心して利用できます。

    充実した機能

    3つ目の特徴が充実した機能です。

    在庫を持たずにリアルタイムで受け取りたい方、メール配信までワンストップで依頼したい、電子マネーギフトをカタチとして贈りたい、合計3つの機能で物足りないということはないでしょう。

    EJOICAのメリット

    EJOICA導入メリットは以下の2つです。

    工程が少なくなる
    コスト削減が期待できる

    交換商品はすべてユーザーが選び交換します。それによりリクエストを受け取ったり、在庫管理を行なったりなどの必要がなくなり、工程が少なくなります。

    従来の主流であったプリペイドカードは発送稼働、郵送コスト、到着までの時間などがありました。しかし電子マネーではこれらがなく、コスト削減へとつながります。

    EJOICAの注意点

    EJOICAの注文はID単位で管理されます。しかし500ID以下は事務手数料がかかりますので、予算より多い金額になってしまう可能性があります。

    注文後の返品・返金はできないのでよく確認しましょう。

    EJOICAの価格・料金プラン

    500ID未満の場合事務処理手数料が3,000円かかります。500ID以上であれば事務手数料はかかりません。

    2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    EJOICAの導入事例・評判

    EJOICAセレクトギフトの交換先の豊富さが魅力的です。特にキャンペーンの対象年齢層がよく利用する電子マネーが、EJOICAの交換先に入っていました。そのため採用しました。
    サントリーマーケティング&コマース 株式会社

    当選者の方が豊富な種類の電子マネーから自由に選択できるので利用しやすいです。世相を反映した賞品として話題性もあるので、それが導入の決め手になりました。
    日本郵便株式会社

    EJOICAと類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    デジコデジコ発行総額+発行手数料最短2日で納品、1円から交換可能
    QUOカードPay発行総額、利用料金×6%の発行手数料アプリ不要で使える
    gifteeプランによって異なる500種類以上のラインナップ

    デジコは初期費用0円で導入でき、月額費用も利用のない月0円で無駄なコストが発生しません。最短2日で納品でき1円から交換可能ですので、スピード感を重要視している企業にいいでしょう。

    デジタルギフトQUOカードPayはアプリ不要で使えるので無駄な容量を使いません。また、全国の身近なお店で使えるのでもらって嬉しいものになるでしょう。

    gifteeは500種類以上のラインナップと豊富で、ハーゲンダッツやからあげクン、スターバックス、カード、ポイントにも対応しています。

    EJOICAで電子マネーを送ろう

    EJOICAは電子マネーのラインナップが豊富で、注文から利用までも簡単に行えます。対象となる電子マネーを重要視している場合はEJOICAを導入するといいでしょう。ぜひ導入を検討してみてください。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載