シクミネットの料金·評判·機能について。月額1,000円から使える?

最終更新日 

ECサイトや企業が持つ会員データなどを管理するために、ソフトウェアやアプリケーションを導入する企業が増加しています。
この記事では、会員管理や入金管理のできるクラウドサービスである「シクミネット」について、特徴や機能、強み、価格や料金プラン、口コミや利用企業からの評判、類似サービスとの比較などの観点から分析していきます。

シクミネットとは

シクミネットとは、格安で使える会員管理·入金管理のクラウドサービスです。
会員情報の一括管理·決済と会員情報の連動·イベント運営管理の3つの機能が連動することで、事務作業を効率化させるシステムになっています。また、お得なプランが定額制で月々1,000円から選べて手軽に始められるのも特徴の一つです。

シクミネットの特徴·機能

シクミネットの特徴·機能についてご説明していきます。

会員情報を効率良く一元管理

シクミネットでは、会員の個人情報や入金情報、イベント参加情報などの情報を効率良く一括管理します。シクミネットを通じて会費やイベント参加費を支払えば、そのデータを元に自動で付け合わせ作業を行ってくれるため、手動でのマスタファイルへの反映作業を省くことができます。
また、条件に該当する会員の検索が簡単に抽出できることやさまざまな情報をCSV形式で出力することですぐにリスト化できるなど、さまざまな作業を効率化させることが可能です。

会員マイページ機能

シクミネットでは、会員マイページ機能というシステムがあります。
会員マイページから、スマホでも簡単に会費の支払い、イベントや参加費の申し込み、情報の更新や支払いができるというものです。
支払い方法も、クレジットカード·コンビニ·ペイジーから選べるので、わざわざ銀行や郵便局に出向く必要がありません。申し込みや支払いの情報は、事務局データベースにすぐ反映されるため、管理側もすぐにチェックできるので便利です。
また、会員の登録住所やメールアドレスの変更が必要な場合は、その方のマイページ上で会員自ら変更が可能です。会員専用の掲示板機能もあり、会員だけが閲覧できる情報の公開もできます。

カスタマイズ性

シクミネットではクラウド型としては珍しく、お客様の要望や悩みに合わせたオリジナルのカスタマイズ開発ができるようになっています。会員データ管理システムを導入する際、パッケージ型のサービスではその会社や企業に完全にマッチしたものが探しにくく、逆にオリジナルでシステムを組み立てるとなるとそれも難しい、といった悩みがよく挙げられますがシクミネットではそれらの悩みにも柔軟に対応します。各団体にオリジナルの機能を付けることで、利便性の向上につながるでしょう。

シクミネットの強み

シクミネットの強みとして挙げられるのは、そのセキュリティ性の高さです。
クラウド管理だと個人情報の流出などが不安、と感じるお客様もいますが、シクミネットでは強固で高セキュリティなデータセンターで、すべてのデータの保管と管理をしています。
また、シクミネットの提供会社である「しゅくみねっと株式会社」では、情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格の審査を、5年連続パスしています。シクミネットではこのように、個人情報の取り扱いや保護に対して、アクセス権限の明確化·社内体制整備を徹底しているため、セキュリティを重視しているお客様にもおすすめのクラウドサービスです。

シクミネットの価格·料金プラン

シクミネットの費用は、「OB会 · 同窓会限定プラン」だと初期費用は30,000円からで月額利用料は1,000円から、「ベーシックプラン」だと初期費用は200,000円からで月額利用料は30,000円からになっています。
追加のオプション機能には、メール送信件数増加、団体管理機能、管理項目数増加、事務代行があります。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

シクミネットの注意点

シクミネットの注意点として、一度に発信できる通知先が30件に限定されている点や基本機能で一斉メールオプション機能がない点が指摘されています。メールオプション機能がないと、誰にメール送付したかの記録が残らないため、注意が必要です。
また、シクミネットはパッケージ型のクラウドサービスのため、どうしてもオンプレシステムよりはカスタムなどの自由度は少ないというデメリットがあります。ただ、かなり特殊なシステムが必要でないなら十分対応は可能です。

シクミネットの口コミ·利用企業からの評判

手間が減ってトラブルもなくなりました

“シクミネットを導入することで、CS会員への年会費支払い業務が簡素化され、さまざまなデバイスからのユーザー登録もできるようになりました。会費の違う正会員とジュニア会員が一括で設定できるため、年齢確認の作業もなくなったのです。大会への参加の可否、出場料などの入金作業も365日オンライン決済してもらえるため、お金のトラブルが発生していないのも助かっています。”(公益社団法人 日本ビリヤード協会様)

SNSでの口コミ·評判

 

類似サービスとの比較

価格面での比較として「プリウスプロ」を挙げてみると、プリウスプロでは初期費用が5,000円、月額料金は1,000円からと、シクミネットより割安なのがわかります。
ただ、シクミネットでは開発コストがかからないところや月々の利用料が低コストで始められるのはメリットとして挙げられます。
機能を比較してみると、シクミネットでは会員管理機能が充実しており、プリウスプロにはない「会員向け掲示板機能」などがあるなど、会員管理サービスを作りたい場合にシクミネットは使いやすいでしょう。
また、プリウスプロではサービスを導入する際に30日間の無料体験ができ、その後に正式に契約します。シクミネットにはその無料体験期間がない分、申し込みから利用開始まで、2週間から3週間といった短い期間で導入ができるのです。

シクミネットで会員管理や入金管理を効率良く

シクミネットは会員·入金管理がとても効率良く行える管理システムを作成できるクラウドサービスです。
一から管理システムを作る手間や人件費を省けるので、これからより事業を効率化させ、企業を成長させていきたい場合などに、シクミネットの導入を検討してみてください。

画像·データ出典:シクミネット公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部