スマホ決済サービスとは?種類やメリット、おすすめのスマホ決済サービス5選

最終更新日 

国のキャッシュレス・ポイント還元事業、コロナ禍などの影響で、キャッシュレス決済を利用する人が増えてきました。
キャッシュレス決済はクレジットカード、交通系ICカードなど、いろいろな方法があります。
中でも、最近利用者が急増しているのがスマホ決済です。
スマホ決済のテレビコマーシャルを見たことがあるという方も多いことでしょう。
今回は、今人気のスマホ決済サービスについて取り上げて、特徴、種類、注意点などを解説していきます。

スマホ決済サービスとは?

最初に、スマホ決済がどんなサービスなのかについて見ていきましょう。
スマホ決済は、その名前の通りスマートフォンを使った決済方法のことです。
レジでスマートフォンをかざすだけや専用の機械でバーコードを読み取るだけで、支払いが完結するシステムとなっています。

スマホ決済のメリット

スマホ決済には、以下のようなメリットがあります。

  • お財布不要で支払いができる
  • 銀行やATMで現金を引き出す手間がかからない
  • 現金を使うよりもお支払いがスピーディーになる
  • お支払いに応じたポイント還元やキャッシュバックが受けられる
  • 同じスマホ決済サービスを使っていれば送金も可能
  • スマートフォンの指紋認証や顔認証などの機能を使って安全に決済できる

スマホ決済のデメリット

スマホ決済のデメリットについては、以下の通りです。

  • アプリのインストールなど初期設定の手間がかかる
  • Wi-Fiなどの通信環境が必要
  • スマートフォンの電池が切れや故障時には利用できない
  • セキュリティが甘いサービスは不正利用のリスクがある

スマホ決済サービスの種類について

スマホ決済は、大きく分けると、「非接触型IC決済」と「QRコード決済」、「キャリア決済」の3種類があります。
それぞれの特徴については、以下の通りです。

非接触型IC決済

非接触IC決済は、Bluetooth、Felica、NFCなど、スマートフォンに搭載されている無線通信技術を活用した決済方法です。
お持ちのスマートフォンを専用機械にかざすだけで、すぐに支払いができるのが特徴です。
有名な非接触型IC決済としては、Apple社のApple Pay、 Google社のGoogle Payなどがあります。

QRコード決済

QRコード決済は、QRコードやバーコードを使った決済方法です。
ユーザーのスマートフォンに表示されたQRコードを店側の機械で読み取ってもらうか、お店側が用意したQRコードをユーザーのスマートフォンで読み取ることで、支払いが行えます。
有名なQRコード決済としては、楽天Pay、メルペイなどがあります。
中国企業が出資して誕生したPayPayも有名です。

キャリア決済

キャリア決済は、毎月の携帯電話料金と合算して支払いができる決済方法です。
ドコモ、ソフトバンク、auなどの通信会社と契約している方であれば、暗証番号やパスワードを入力するだけで利用できます。

支払いのタイミングは3種類

スマホ決済の支払いのタイミングは、「前払い」、「即時払い」、「後払い」の3種類があります。

前払い

前払いは、事前にチャージを行うことで、その金額内での支払いが可能となります。
口座から入金するほかに、交通系ICカードや電子マネーへチャージした金額を支払いに利用することも可能です。

即時払い

即時払いは、お支払いと同時に預金口座から引き落とされる仕組みです。
リアルタイムで決済が完了するため、使いすぎを防止できるというメリットがあります。

後払い

後払いは、毎月決められた日にまとめて代金が引き落とされる仕組みです。
クレジットカード請求、銀行口座からの引き落とし、携帯電話料金と合算などの方法があります。

利用すべきスマホ決済サービスのおすすめ5選比較

次に、おすすめのスマホ決済サービスをランキング順でご紹介いたします。

1.楽天Pay

楽天Payは、楽天ペイメント株式会社が提供している決済サービスです。
QRコードやバーコード払い、セルフ払い、Suica払いなどさまざまな決済が利用できます。
利用する度に楽天ポイントが貯まっていくことから楽天カードや楽天市場を利用される方たちの間で人気となっています。

画像·データ出典:楽天Pay公式サイト

2.メルペイ

メルペイは、フリマアプリで有名な「メルカリ」の関連企業である株式会社メルペイが運営するスマホ決済サービスです。
メルペイコードを使った決済のほかに、iD決済も利用できます。
メルカリでの売上金やポイント残高で支払いができるのがメルペイの特徴です。
銀行口座からのチャージ、メルペイスマート払いによる後払い決済もできます。

画像·データ出典:メルペイ公式サイト

3.楽天Edy

楽天Edyは、楽天Edy株式会社が運営している電子マネーサービスです。
楽天Edyにはカードのほかに、専用アプリが用意されており、スマートフォンを使って支払いやチャージが行えます。
楽天Payと同じように、支払いによって楽天ポイントを貯めることも可能です。

画像·データ出典:楽天Edy公式サイト

4.LINE Pay

LINE Payは、LINE Pay株式会社が運営するスマホ決済サービスです。
スマートフォンに表示されたコードをお店側の機械で読み取るか、店頭のコードを自分のスマートフォンで読み取ることで決済が行えます。
LINE Payユーザー同士で、送金することも可能です。

画像·データ出典:LINE Pay公式サイト

5.AirPAY

AirPAYは、株式会社リクルートライフスタイルが提供しているキャッシュレス決済サービスです。
クレジットカード、交通系ICカード、QRコード決済などさまざまな決済方法が利用できるのが特徴です。
dポイント、Tポイント、Pontaカードなどのポイントサービスにも対応しています。
国内大手のリクルートグループが運営しているサービスであるため安心して導入できます。

AirPAY(エアペイ)の料金·評判·機能について。決済手数料3.24%から利用できる?

画像·データ出典:AirPAY公式サイト

スマホ決済サービスの導入方法

お店にスマホ決済サービスを導入するためには、各事業者へ連絡して加盟店申請を行わなくてはなりません。
申請方法は、インターネット、メール、お電話などがあり、各事業者によって異なります。
まずは、契約したい事業者の公式ホームページへアクセスして情報を調べてみてください。
申し込み手続きを行い、事業者の審査を通過すると、スマホ決済サービスが利用できるようになります。
一社ずつ契約していく手間を省きたいという方は、Airペイ、TakeMe Pay、STORES 決済(旧:Coiney)などの一括で複数のスマホ決済が利用可能となるサービスも検討してみると良いでしょう。

スマホ決済サービスを利用する注意点とは?

最後に、スマホ決済サービスの注意点について見ていきましょう。

手数料がどのくらいかかるのか確認しておく

スマホ決済サービスを導入する際には、振込手数料、利用料などがかかる場合があります。
手数料が高くなると、利益が減ってしまうため注意が必要です。
スキャナー、タブレットなど専用端末の導入コストについても、しっかり調べておきましょう。

セキュリティ対策

スマホ決済を利用する際には、フィッシング詐欺、不正利用などのリスクにも備えなくてはなりません。
万一被害に遭うと、カード番号などの個人情報が漏えいする場合や口座のお金が抜き取られてしまう可能性があるのです。
セキュリティ対策がしっかり行われているサービスかどうかよく見極めることが大切です。

メリットを理解してスマホ決済を導入しよう

今回は、スマホ決済についてご紹介しました。
スマホ決済は、現金を一切持たずにスマートフォン1台で支払いができるのが魅力です。
各社からさまざまなサービスが提供されていますので、手数料やセキュリティ面などもよく比較検討したうえで選んでみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載