ぶたもんのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

ぶたもんのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

ぶたもんとは?ぶたもんのビジネス概要

ぶたもんは、関東地方で人気の「やきとん」専門フランチャイズです。9年間の運営で直営5店舗を展開し、その成功モデルを全国に広めることを目指しています。

フランチャイズ加盟者には、独自の仕入れルートや運営ノウハウ、マーケティングサポートを提供しています。小規模からでも高収益を目指せるビジネスモデルで、飲食業界での起業を検討する人々にとって魅力的な選択肢です。

ぶたもんフランチャイズの収益モデル・年収例

(都心型)

  • 売上(月間):1,841千円(1年目平均)
  • 目安運営費合計:985千円(内訳)
  • 食材費:629千円
  • 人件費:400千円
  • 家賃:198千円
  • 水光熱費:62千円
  • ロイヤリティ:110千円
  • その他販管費:85千円(内装費償却、加盟金償却、厨房リース、その他)
  • 目安営業利益(年間):2,724千円

(住宅街型)

  • 売上(月間):1,625千円(1年目平均)
  • 目安運営費合計:952千円(内訳)
  • 食材費:569千円
  • 人件費:400千円
  • 家賃:165千円
  • 水光熱費:62千円
  • ロイヤリティ:110千円
  • その他販管費:75千円(内装費償却、加盟金償却、厨房リース、その他)
  • 目安営業利益(年間):1,248千円

※単位:千円(1,000円)

ぶたもんの市場性

ぶたもんの目標の1つは、関東で人気の「やきとん」を全国に普及させることです。独特な食文化は、特に関西を含む他地域ではまだ新しく、競合が少ないため、市場に大きな成長の余地があります。

ぶたもんの取り組みにより、「やきとん」の知名度と人気が全国的に拡大することで、ブランド価値の向上と事業の拡張が期待されています。

ぶたもんのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

ぶたもんフランチャイズの開業資金・初期費用

ぶたもんフランチャイズの開業に必要な資金と初期費用は以下の通りです:

  • 加盟金:165万円
  • 敷金:約115.5万円
  • テナント契約初期費用:約16.5万円
  • 内装工事費:約550万円

この初期投資の総額は約1000万円程度になります。加えて、運営をスムーズに行うために以下の運転資金が必要です:

  • 厨房リース代:約5.8万円
  • 広告宣伝費:約2.5万円
  • ロイヤリティ:約11万円

これらの投資をもとに、ぶたもんは小規模ながらも高回転を目指すビジネスモデルを提案しており、都心型店舗と住宅街型店舗で異なる収益性が期待できます。

ぶたもんのフランチャイズの研修やサポート体制は?

総合的な研修と開業サポート

ぶたもんフランチャイズでは、加盟者が安心して事業をスタートできるよう、包括的な研修と開業サポートを提供しています。加盟者は合計1ヶ月の研修期間を経て、飲食店運営に必要な全ての基本スキルを身につけることが可能です。

特に、大阪にある直営3店舗で行われる15日間の現場研修では、開店準備から仕込み、接客、調理、閉店作業までの一連の流れを実践的に学べます。オープン前後には、本部のプロフェッショナルが現地で直接サポートを行い、開業時に発生する予期せぬ問題に迅速に対応できる体制を整えています。

開業後の持続的なサポート体制

ぶたもんフランチャイズのオーナーは、オープン後も本部からの継続的なサポートを受けることが可能です。このサポートには、スーパーバイザーによる月1回のオンラインミーティングや、グループチャットでの即時対応が含まれます。

新メニューの共有や仕入れ、仕込みに関する相談が可能であり、オーナーが直面する様々な課題に対して迅速にアドバイスを得ることが可能です。また、SNS投稿に関するアドバイスを通じたマーケティング支援もあり、加盟店の成長とブランドの拡大を目指します。

ぶたもんでは、開業前の充実した研修プログラムと開業後の持続的なサポートにより、業界未経験者でも成功への道を歩み始めることができます。

ぶたもんのフランチャイズの評判やオーナーの声

オーナーの声①

大阪京橋にあるぶたもんのフランチャイズ店舗は、わずか10坪のスペースで月収150万円という印象的な成績を達成しています。この成果は、効率的な店舗運営と本部からの継続的なサポートにより実現しました。

この事例は、ぶたもんが提供するビジネスモデルが、副業からフルタイムまでの幅広い事業形態に適応可能であることを示しています。

オーナーの声②

ぶたもんの代表である大森は、様々なフランチャイズに加盟し、その中で経験した成功と失敗をもとに、オーナーが運営しやすく収益性の高いビジネスモデルを構築しました。特に「やきとん」を核とした小規模でも高回転率を実現する事業戦略は、ぶたもんフランチャイズの成功の鍵です。

大森の経験は、新たなオーナーが同様の成功を収めるための貴重な教訓となっています。

ぶたもんのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

ぶたもんのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載