LAWGUEの料金·評判·機能について

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
非公開
これは契約管理の製品です。
契約管理の製品をまとめて資料請求

従来であれば、契約書やサービス資料など社内に点在する資料を管理するためには人員を投資する必要がありました。

ですが、人材不足や人件費削減が課題となっている企業においてはそれも難しい話となっています。

今回紹介するLAWGUEは、人員を投資しなくてもAIを活用したクラウド技術で書類、コンテンツの管理を効率化できることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

LAWGUEとは

LAWGUEとは株式会社日本法務システム研究所が運営している文書管理システムです。

契約書や開示文書などさまざまな種類の文書を管理して作成、検索などができるとして業務の効率化ができることから一般企業だけではなく、法律事務所、官公庁、自治体などでも導入されている実績があります。

おすすめの類似契約管理ツール

類似サービス: LegalForce

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。 全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

類似サービス: OPTiM Contract

(4.5)

         
月額費用0円〜無料お試しあり
初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

   

作業時間・コストを大幅に削減

OPTiM Contractはその高い導入効果が魅力的です。 契約書管理を効率化する豊富な機能で、紙やExcelで契約書を管理していた際に比べて、作業時間を90%削減、年間でおよそ350時間の削減効果が期待できます。

契約書管理にかかる手間を効率化

OPTiM Contractは、AIによる管理台帳の自動作成ができるため、これまで手作業で行なっていた台帳記入業務を大きく効率化することが可能となります。 契約書をアップロードするだけで、契約書名や取引先企業名、取引金額などをAIが抽出して自動で管理台帳を作成してくれるため、複雑な操作は必要ありません。

OCRによるテキスト化が可能

OPTiM ContractにはOCRが搭載されており、スキャンした契約書のテキストデータ化が可能です。 OCRは、手動でデータ化する手間を効率化することができる反面、文字の読み取り精度や対応している形式に制限があり、契約書によってはテキストデータ化が難しい場合があります。

類似サービス: Hubble

(4.5)

         
月額費用30,000円〜無料お試しあり
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

この製品は契約書管理の製品です。

契約書管理の製品をまとめて資料請求

LAWGUEの機能·特徴

AIを活用した文書管理が可能に

LAWGUEでは独自AIを活用した文書管理で、これまでの文書管理に発生していた非効率な部分を排除することが可能です。

今まで見つけるのに時間をかけていた文書も簡単に検索することができ、レビュー対象に類似している過去の契約書もAIが自動で検索してくれます。

条項単位での検索、類似·欠落条項も簡単に検索することができます。

ナレッジの蓄積ができる

LAWGUEを活用することで、文書作成やレビューのナレッジを見える化して、ナレッジを蓄積、共有することが可能となります。

社内でバラバラになっていた文書の作成方法やレビュー方法が統一されることで業務の標準化に繋がります。

情報共有の手間を効率化

従来であれば、文書の修正を行った際はメールに添付して情報共有をしたり、Word、ドキュメントファイルにコメントをいれるなどしていたことでしょう。

LAWGUEではドキュメントを編集、修正した際はメンション機能を使ってオンライン上で情報を共有することが可能です。

メールよりも手軽で、添付ファイルをつける手間もかからないため、業務効率化につながるだけでなく、セキュリティ面でも安全性が高まります。

LAWGUEの料金·価格

LAWGUEの料金プランは公式サイト上では公開されておらず、問い合わせが必要となります。

2021年6月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

LAWGUEでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて無料のトライアルを提供しています。

公式サイトから会社名や氏名、メールアドレス、電話番号など基本的な情報を入力してまずは問い合わせをする必要があります。

LAWGUE導入のメリット

文書作成、検索にかかる時間が短縮される

LAWGUEはAIを活用した文書管理を可能とします。

手動で検索するだけでは見つけることができなかった検索契約書との類似条項がある文書を自動で検索してくれるため検索にかけていた時間が大幅に効率化され、より洗練された文書の作成につながります。

文書作成のナレッジを手軽に共有することができるため、誰もが文書作成の標準化が可能になる点もメリットです。

LAWGUEの導入事例·評判

0.5人/月の作業工数を削減

“セミナーで偶然LAWGUEのことを知り、デモを試してみて導入に至りました。操作性に優れており、使いやすい点とレスポンスの早いサポートがいいですね。契約書のドラフティングに関していえば、月ベースで0.5人分くらいは削減できていると感じています。”(株式会社JSOL様)

検索作業が効率化されました

“属人化されがちな法務知財スキルをナレッジベース化したいと思いLAWGUEを導入しました。LAWGUEは過去事例の検索も容易にでき、蓄積したナレッジベースをもとに条文案の検討ができる点が魅力的ですね。検索機能が優れており、案件を横断した検索ができるので、検索作業が非常に効率化されました。”(中国電力株式会社様)

類似サービスとの比較

LAWGUEの類似サービスとしてはLegalForce(リーガルフォース)やflouu(フロー)などが挙げられます。

LegalForceは契約書レビュー支援ソフトとして多くの導入実績があります。

AIが搭載されており、自動のレビューが行える他、契約書のテンプレートも搭載されているため文書作成の効率化も可能とします。

料金は公式サイト上では明記されていないため問い合わせが必要となります。

flouuは文書管理だけでなく、リアルタイムでのコミュニケーションも可能とします。

シンプルでわかりやすい文書作成機能が搭載されており、複数人での同時編集も可能という使い勝手の良さです。

料金は1ユーザーあたり500円(30日)となっています。

この製品に関連する動画を紹介

LAWGUEで文書検索の効率化を

LAWGUEについてご紹介させていただきました。

  • AIを活用した文書管理
  • 利便性の高い検索システム
  • ナレッジ蓄積も可能

上記の点から、文書検索に時間がかかっているという方はもちろん、ナレッジ共有を効率化したい方にもおすすめです。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:LAWGUE公式サイト

これは契約管理の製品です。
契約管理の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【契約管理】

      類似サービス: LegalForce

      (4.5)

               
      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

      LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

      リスクの洗い出しを支援してくれる

      レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

      ほしい「条文」がすぐに見つかる

      LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

      Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

      LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。 全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

      類似サービス: LegalForceキャビネ

      (4.5)

               
      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

      LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書をアップロードするだけで、全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出も可能です。契約書管理台帳が自動で生成されるほか、契約書の全文がテキストデータ化されるため、全文検索や多様な検索が可能となります。

         

      契約書の基本情報を自動で抽出・登録できる

      「LegalForceキャビネ」最大の特徴は、紙の契約書を簡単にテキストデータ化できる点です。 アップロードするだけで、契約書の内容を自動で抽出してくれるので、手入力の手間が省け、入力ミスが削減され、業務効率が格段に向上します。

      契約の更新期限を自動的に教えてくれる

      契約更新期限をリマインドしてくれる機能も大きな特徴です。 AIが、契約の終了/更新に関する期日を自動で計算し、メールでリマインドしてくれるので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防止できます。

      契約書を全文検索できる

      「LegalForceキャビネ」では、全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減し、業務効率も向上することでしょう。

      類似サービス: Hubble

      (4.5)

               
      月額費用30,000円〜無料お試しあり
      初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

      Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

         

      契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

      Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

      契約書関連のコミュニケーションを可視化

      Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

      契約書の差分を把握

      Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

      類似サービス: OPTiM Contract

      (4.5)

               
      月額費用0円〜無料お試しあり
      初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

      OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

         

      作業時間・コストを大幅に削減

      OPTiM Contractはその高い導入効果が魅力的です。 契約書管理を効率化する豊富な機能で、紙やExcelで契約書を管理していた際に比べて、作業時間を90%削減、年間でおよそ350時間の削減効果が期待できます。

      契約書管理にかかる手間を効率化

      OPTiM Contractは、AIによる管理台帳の自動作成ができるため、これまで手作業で行なっていた台帳記入業務を大きく効率化することが可能となります。 契約書をアップロードするだけで、契約書名や取引先企業名、取引金額などをAIが抽出して自動で管理台帳を作成してくれるため、複雑な操作は必要ありません。

      OCRによるテキスト化が可能

      OPTiM ContractにはOCRが搭載されており、スキャンした契約書のテキストデータ化が可能です。 OCRは、手動でデータ化する手間を効率化することができる反面、文字の読み取り精度や対応している形式に制限があり、契約書によってはテキストデータ化が難しい場合があります。

      類似サービス: Pro-Sign賃貸借契約書

      (4.5)

               
      月額費用10,000円〜無料お試しあり
      初期費用100,000円最短導入期間要問い合わせ

      Pro-Sign賃貸借契約書とは、株式会社プロレド・パートナーズが運営している店舗情報の一元管理システムです。 多店舗展開企業において起こりがちな、店舗情報管理における業務のムダを解消することができるサービスで、店舗に纏わる全ての情報の一元管理を実現します。

         

      店舗に纏わる全ての情報を一元管理

      契約関連の情報や付随するデータ類(図面や写真等)はもちろん、契約書に記載の無いような店舗情報についても、Pro-Signを通じて一元管理を図ることが出来ます。

      独自の機能で、過去の契約経緯も簡単に把握可能

      Pro-Signを活用すれば、そういった無駄な時間を一切なくし、ものの数分で状況把握が出来るような独自の機能を備えているため、自社においてもそういった課題が思い当たる場合は、大幅に効率アップを図ることが可能です。

      情報の共有も楽々実現

      Pro-Signでは、必要な方に必要な分だけIDを発行することが可能です。発行ID数によって料金に変動がありませんので、店舗に纏わる情報の共有を行いたい方が多数いる場合でも、全員で情報源を一つに纏めることが可能です。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載