お酒の美術館のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

お酒の美術館のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

お酒の美術館とは?

お酒の美術館は、ブランデーやウイスキーなどの希少性の高いお酒を豊富に取り揃えているスタンディングバーです。独自の仕入れシステムにより、リーズナブルな価格でお酒が提供されています。

また、フランチャイズも展開しており、特別な技術も必要とされません。基本的にはワンオペレーションでの営業が可能となっているため、10坪以下の店舗による人件費を抑えた運用ができます。

お酒の美術館フランチャイズの収益モデル・年収例

フランチャイズの収益モデルは、独自の仕入れシステムでFLコストを45%以下に抑え、営業利益率30%を実現しています。したがって、高い収益性を持ったフランチャイズといえるでしょう。

具体的な年収例については、以下の2つのケースがあります。

店長を雇用してオーナーがマネジメント業務を行う場合(5坪・店長1名、アルバイト2名)

  • 月間売上:180万円
  • 月間支出:123万円
  • 月間営業利益:57万円

オーナーが店長として働く場合(5坪・アルバイト2名)

  • 月間売上:180万円
  • 月間支出:93万円月間
  • 営業利益:87万円

お酒の美術館の市場性

お酒の美術館は、全国に80店舗以上を展開しており、その中にはコンビニ内部に併設する珍しいケースもあり、新しいバーの形として注目を集めています。また、2023年には100店舗達成を計画するほどの勢いをみせており、今後の展開にも目が離せません。

コンビニ以外にも人通りの多い駅構内などでの出店も見込めるため、フランチャイズ展開も広まっていくことが期待されます。

お酒の美術館のフランチャイズの開業資金や初期費用は?

お酒の美術館フランチャイズの開業資金・初期費用

フランチャイズでの開業には、希望した場所に出店する「通常プラン」と、店舗をレンタルして行う「店舗レンタルプラン」があります。

通常プランでは、初期費用が996万円〜で本部に支払いするロイヤリティは月10万円が必要です。店舗レンタルプランでは初期費用が446万円〜で、本部支払いのロイヤリティが月10万円と、店舗使用料で月10〜13万円を支払わなければなりません。

レンタルする場合は将来的に店舗買取もできるため、どちらのプランを利用するか展望も含めて検討しましょう。

お酒の美術館のフランチャイズの研修やサポート体制は?

研修でバーやお酒の知識が身につけられる

お酒の美術館のフランチャイズは、バー運営をしたことがない方でも開業ができるように研修を実施しています。店舗の運営方法はもちろんのこと、お酒の知識なども身につけられるため、どんな業種からでも開業を目指せます。

研修の詳しい内容については、資料請求や問い合わせでの確認が必要です。

融資に必要な事業計画書作成のサポート

開業するための資金に不安が残る場合は、金融機関の融資が受けられるよう事業計画書作成のサポートも行われています。オーナーごとでどれだけの融資が必要になるかが異なるため、サポートを受ける場合は現在の状況を本部に知ってもらうことが大切です。

開業サポートで開業前の準備を万全にできる

開業サポートでは、本部からスタッフが派遣され、店舗の選定や設備の導入、内装工事の手配やスタッフの募集などをサポートしてくれます。さらに、店舗運営を体験するOJTも実施されるため、知識やスキルを身につけることも可能です。

また、開業後のフォローアップも用意されているため、開業後にメニューや運営の改善などに悩んだ時は本部に相談するようにしましょう。

お酒の美術館のフランチャイズの評判やオーナーの声

未経験でも安心して開業ができる

お酒を扱う仕事に従事したことがなかったため不安を抱えていましたが、研修制度やフランチャイズとしてのノウハウが整っていたため、未経験でも安心して開業することができました。

利益率の高さと採用のしやすさが魅力!

元々小売業をしていましたが、お酒の美術館が扱うお酒は原価が安いため、一杯を提供するだけで元が取れるボトルもあります。さらに、ワンオペ運営が可能なため人員の採用がしやすいのも魅力です。

お酒の美術館のフランチャイズの失敗談や廃業率は?

お酒の美術館のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載