うなたんのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

うなたんのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

うなたんとは?うなたんのビジネス概要

うなたんは、「うまい鰻を腹いっぱい!」をコンセプトに、美味しい日本の鰻をお手頃価格で提供している飲食店です。

老舗鰻店の1.5倍の量でありながら、価格は半額以下という驚くべき特徴を持っており、この価格を実現できる秘訣としては、シンプルなオペレーションと革新的なハイテク機材の組み合わせにあります。

アルバイトスタッフでも簡単に操作できる機材を導入し、料理のクオリティを保ちながら効率的に作業を進められていることが従来の鰻屋との差別化です。

その品質とコストパフォーマンスの高さから、「うなたん」は全国的に知られる存在となっています。

また、店舗での飲食だけでなく、テイクアウトや法人弁当の販売など、重要に合わせて複数の販売経路を確立しています。

うなたんフランチャイズの収益モデル・年収例

うなたんフランチャイズにおける、とあるフランチャイズ店舗の月間収支モデルは、以下の通りです。

【開店1年目】

  • 売上:約190万円
  • 材料費:約75万円
  • 販管費:約50万円
  • ロイヤリティ:約7万円
  • 営業利益(年間):約58万円

【開店3年目】

  • 売上:約270万円
  • 材料費:約100万円
  • 販管費:約80万円
  • ロイヤリティ:約10万円
  • 営業利益(年間):約80万円

【開店3年目】

  • 売上:約280万円
  • 材料費:約106万円
  • 販管費:約70万円
  • ロイヤリティ:約10万円
  • 営業利益(年間):約94万円

うなたんの市場性

高級料理に位置付けられる鰻ですが、その鰻をリーズナブルな価格で食べられるうなたんの業態は多くの顧客を獲得できる可能性があります。

また、数が減少している国産鰻の仕入れルートを整えるのが困難な状況にあるため、新規参入が難しい業態です。

さらには、日本を訪れる外国人観光客が増えているため、鰻屋が少ないエリアに出店することで、ビジネスを成功させられるでしょう。

うなたんのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

うなたんフランチャイズの開業資金・初期費用

うなたんのフランチャイズに加盟した場合の開業資金は以下のとおりです。

  • 加盟金:150万円
  • 開業支援金90万円
  • 保証金:100万円
  • 高度機材費:150万円
  • 機材備品費:100万円

上記の他に物件内装工事費がかかります。

また、高度機材はリース品を借りることもできるため、初期費用を抑えて開業することも可能です

うなたんのフランチャイズの研修やサポート体制は?

開業前サポート

「うなたん」のフランチャイズ店舗を開業する際、本部から手厚いサポートをしてくれるため、パートナーは安心して事業をスタートさせることができるでしょう。

SNSを活用した集客方法や成功の秘訣となるノウハウ、レシピ、マニュアルの共有を通じて、新規顧客の獲得を支援します。

また、開店に必要な準備物やタスクなどのリストも共有し、スムーズなオープンをサポートします。

さらに、開業に必要な一式を取り揃える優良業者を紹介することも可能です。

パートナーが必要とする通信手段で遠隔サポートを行いますが、必要に応じて本店での研修も実施可能です。

「うなたん」フランチャイズは、一緒に成長し成功を築いていくための確かなパートナーシップを提供します。

開業後サポート

開業後も、「うなたん」のフランチャイズ店舗は本部から継続的なサポートを受けることができます。

まず、集客面では効果的な方法を提案し、実践に向けた支援を行います。また、仕入れ面では鰻やテイクアウト容器、のぼり旗、看板などの必要なアイテムの仕入れをサポートしてくれます。

さらに、鰻炭本店で使用するメニュー表のデータなどを提供し、スムーズな業務運営を継続的にサポートしてくれる点も嬉しいポイントです。

そして、経営面では成功事例の共有や注意情報の共有を通じて、パートナーに合わせた経営アドバイスを提供します。

うなたんのフランチャイズの評判やオーナーの声

うなたんのフランチャイズの評判やオーナーの声は現在収集中です。

うなたんのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

うなたんのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載