独自の教育プログラムで人の可能性を引き出す株式会社エナジードとは

更新日:

株式会社エナジードとは?


株式会社エナジードは、中高生向けの次世代型キャリア教育をサポートするコンテンツと、社会人(法人)を対象とした次世代スキル育成プログラムを提供している企業です。

AIやロボットの発達により人が担う役割が大きく変わろうとしている現代に求められる力を身につけることで、一人ひとりが「かっこいい大人」として生き方に誇りを持てる社会の実現を目指しています。

株式会社エナジードの強みや特徴


本記事では、株式会社エナジードの2大事業である教育事業と法人事業に分けて、それぞれ特徴的なサービスをご紹介します。

これからの時代に必要な力を理解し身につける「ENAGEED CORE」

「ENAGEED CORE」は、これからの時代に必要な力をみにつけ、その力を活かす社会についてや自分の可能性の深め方について理解するためのプログラムです。

具体的には、独自の体系化されたプログラムによって以下のような力を身につけていきます。

・次の時代に求められる、人の力
・描いた未来を実現する力
・他者の視界を描く力
・意志を持ち、社会を生きる力
・距離を把握し、挑戦する力
・自分の世界を広げる力
・自分が選んだ道を正解にする力

上記の通り、プログラミングや英語といった特定のスキルではなく、どんなに技術が発展して社会が変わっても陳腐化することのない「人の力」にフォーカスしていることがわかります。

「気づき」や 「学び」を行動につなげる「ENAGEED GEAR」

「ENAGEED GEAR」は、日常的に気づきをストックし、その気づきからどんな行動を起こすかを考え実行に移す仕組みを提供するプログラムです。

プログラムを通して生徒同士の意見共有やアウトプットを重ねることで、自ら考え行動する機会を10代のうちから積み重ねることができます。

社員の能動性を引き出し組織の生産性を最大化する「ENAGEED for Biz」

「ENAGEED for Biz」は、社員一人ひとりの能動性を高めることで、結果として組織の進化や生産性最大化を促すための法人向けサービスです。

受け身の組織の場合、非難はするけど代案が出てこなかったり、指示待ち、他責といった企業風土になってしまい、事業の停滞や企業の成長鈍化を招いてしまいます。

そこで、主体性や実現力を身につけ能動性を引き出すことで、チーム・組織全体の成長を促すことを目的として開発されたプログラムです。

また、一般社員向けに加え、管理職を起点に能動性組織をつくるためのプログラムも用意されています。

まとめ

中高生向けのプログラムは既に600以上の教育機関で導入され、法人向けプログラムも大手企業を筆頭に導入企業が増えています。

どちらも生徒や社員向けだけでなく、先生方や上司を対象としたサポートにも対応しているるので、教育機関の担当者はもちろん、強い組織づくりのためのプログラムをお探しの場合は、株式会社エナジードへ一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載